ブラ返品・交換送料0円!詳しくはこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

木曜日の小箱 Vol.7「ショーツラインがひびかない下着の選び方」

Angellirコラム「木曜日の小箱」Vol.7

ランジェリーメーカーのAngellirが毎週木曜日にお届けする
下着にまつわるコラムです。
必要な時にそっと取り出して使える知識をご紹介します。

みなさん、こんばんは。木曜日の夜、いかがお過ごしですか?
この連載は「木曜日の小箱」と題して、下着にまつわるコラムをお届けします。
気になったときにそっと取り出して使える知識を毎週ご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。


 

第七回は「ショーツラインのひびかない下着の選び方」について。
みなさんも一度はボトムスにショーツラインがひびいて失敗したという経験をしたことがあるんのではないでしょうか。
ボトムスの形や素材によっては、ショーツラインがひびいてしまい、ファッションを自由に楽しめないことも…。
今回は、ショーツラインがひびきにくい下着の種類をご紹介します!

ショーツラインがひびくって?

ショーツラインがひびいている状態とは、下着のラインが透ける、目立って浮いてしまうこと。
特に薄い生地のボトムスや、タイトスカート、スラックスやデニムなどで起きてしまいます。
下着のラインが透けることで、おしりの形を強調してしまい、お肉が目立つことも。
ベージュ等の下着で色が透けるのは防げますが、意外とラインは隠せないのです。

おすすめのショーツタイプ

⑴ボクサータイプ


おしりと太ももの境目より下まで布があるボクサータイプの下着なら、下着の線がひびきにくい。
また、おしりから太ももの横当たりまで覆ってくれるのではみ肉も防止。

Angellirのキュッとふんわりショーツは、ヒップラインの沿って配置されたパワーネットが
太ももに流れがちなヒップラインを支えて持ち上げるので美尻に♥
嬉しい着圧設計で、ゆがんだ骨盤やお肉、垂れたヒップを同時に補正してくれます。
ウエスト、骨盤、ヒップの各部位に応じて着圧の強さを調整しているので、
良好な効果と履き心地が得られます。

⑵Tバック

ひびかないショーツの代表といえば、Tバック。
おしりと太ももの境目に布がないので、ショーツラインが目立つことはありません。
セクシーな下着というイメージが強いTバックですが、実はもともと下着のラインがひびかないようにするために作られたアイテム。
細身のボトムスなどにオススメです。

Angellirの日中使い用の360°デイリーブラのセットにはAngellir初のTショーツがラインナップ。
レースのデザインがかわいいと大好評です。

⑶ガードル、スパッツ

膝上までしっかりガードしてくれるガードルやスパッツも、ショーツラインが目立ちにくいです。
おへそ上まで布面積があるのものは、おなかのお肉をおさえてすっきり魅せてくれます。
タイトスカートなどトップスをインするコーディネートの時に、特におすすめです。

ひびかない下着の特集いかがでしたか?
下着を賢く選んで、おしゃれも楽に、きれいに、楽しみましょう!

Angellirは体温が2℃あがるようなときめきを、これからもお届けいたします。
来週もお楽しみに♥

ご利用ガイドトップ

一覧を見る
たいせつにしますプライバシー