ダイエットしながら胸を大きくする方法とは? – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

在庫状況はこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

ダイエットしながら胸を大きくする方法とは?

ダイエットだけだとバストダウンしてしまうので、同時に胸を大きくするためにバストマッサージやバストアップするための栄養素を積極的に摂取したりなど、ダイエットと同時にバストアップに必要なことをしていくのが、ダイエットしながら胸を大きくする方法です。
薄着の季節になると気になってくるのが、寒い時期に蓄積されたお腹や二の腕などの余分な脂肪ではないでしょうか?
寒い時期は洋服でごまかせていても、暑い夏はそうはいきませんよね。
さらに、プールや海などへお出かけの予定があるとダイエットにも気合いが入ります。
しかし、ダイエットを経験した方なら身に覚えがあるかもしれませんが、身体が痩せてくるにしたがってバストのボリューム感もダウンしてきてしまうものです。
できることなら、バストの大きさはそのままキープして、余分な脂肪だけ落としたいですよね!今回は、ダイエットを成功させながら胸を大きくする方法をご紹介いたします。
ダイエット中、またはダイエットしようと思っている方は要チェックです!

今よりもバストアップをしたいと考えている女性は62.9%

バストに悩む女性 バストのサイズや形など、バストに関するお悩みは人それぞれですが、「今よりもバストアップしたい」と言う女性は62.9%もいるそうです。
しかし、バストはそのほとんどが脂肪なので、バストアップするには脂肪を増やすことが必要ということになります。
だからと言って、太りたくないのは全ての女性に共通して言えることですよね!
「ダイエットしてスリムな体形になりたいけど、バストは減らしたくない」「バストアップしたいけど、太りたくはない」
と悩ましいのが女心ですね・・・。

ダイエットをしながら胸を大きくする為のコツ

ダイエットをしながら胸を大きくすることを成功させるのは、決して不可能ではありません。
ポイントを押さえれば、バストアップと同時にシェイプアップすることもできるのです!
メリハリのあるカラダをゲットするダイエットのコツは、以下の通りです。

栄養をしっかりと摂取してダイエット

「ダイエットすると、胸から痩せてしまう・・・」という方って多いですよね。
胸から痩せてしまうのは、食事を抜いたり極端に量を減らしていることが原因です
食事を抜いたり、○○だけダイエットのように極端な食事制限をしていると、当然必要な栄養分が不足してしまいます。
そうすると、バストの大きさを維持するための栄養も不足してしまうため、バストのボリュームがダウンしてしまうのです。
バストをキープして痩せたいなら、三食しっかりとバランスの取れた食事を摂るようにしましょう!

積極的に取り入れたい栄養素

ダイエットの邪魔にもならず、胸を大きくするための栄養素や食べ物を知っておきましょう。
まずは、大豆イソフラボン。ご存知の方は多いと思いますが女性ホルモンとよく似た働きをします。食べ物としては豆腐や納豆、豆乳などがあります。
そして、たんぱく質。バストの土台となるのは大胸筋です。筋肉を作るためにもたんぱく質は必須。
また、胸が下がらないように支えてくれるのがクーパー靭帯ですが、それはコラーゲンでできています。その両方の栄養素が一度に取れるのが、鶏肉です。鶏肉の中でも低カロリーでたんぱく質が豊富なのが、ささみ。
ささみはダイエットの強い味方といえます。
あとはボロン。ボロンも女性ホルモンと似た働きをしてくれます。
ボロンが豊富な食べ物はキャベツです。ボロンは加熱しても栄養素が壊れないので、生のキャベツが苦手な方も加熱して食べれば栄養素を摂取できます。キャベツも低カロリーなので、気兼ねなく食べられるのが嬉しいですね!

バストに負担が大きいダイエットを避ける

「ダイエットしよう!」と決意してランニングやなわとびなど普段は「キツイ」と感じる運動を始める方もいるのではないでしょうか?
ストレスの発散にもなりますし、運動としては良いのですが、
激しい運動はバストにとってはマイナスの効果になってしまうことも・・・。
激しい運動をする時、バストの揺れが気になることはありませんか?
バストが揺れてしまうと、バストを内側から支えているクーパー靭帯に負担がかかり、切れたり伸びたりしてしまいます。
そうすると、バストの型崩れにつながってしまいます。
また、バストの脂肪は元々柔らかく他の部分の脂肪に比べて温度が高いのが特徴です。
柔らかくて温かい脂肪はセルライト化してしまいがちな太ももなどの脂肪とは違って落ちやすいので、ダイエットしようとすると胸からお肉がダウンしてしまうケースが多いのです。

ストレッチなどで血の巡りをよくさせる

ストレッチなどを行って胸周りの血の巡りを良くしておくことも大切です。
血の巡りが良いと、食事から摂った栄養素がきちんとバストまで届くようになり、結果的にバストのボリュームがダウンすることを防ぐことができます。
また、ダイエットを行うと脂肪だけではなく筋肉まで落ちてしまうことが多くあります。
なので、意識的に胸周りのストレッチを行って筋力もキープしておくことも必要なのです。
特に、バストの土台である大胸筋は重要な筋肉ですが日常生活でこの筋肉を使うことはほとんどありません。
腕をまわして肩~胸周りをほぐしたり、腕立て伏せや両手を胸の前で合わせる「バストアップのポーズ」など、意識して胸の筋肉を鍛えましょう。

バストアップマッサージをする

バストアップマッサージもダイエットしながら胸を大きくするのに有効な方法です。お風呂上りや寝る前に取り入れてみましょう。

■バストアップマッサージの方法
①両胸を持って外側に30回まわします。
②同じように胸を持って内側に30回まわします。
③肘を張るように胸をサイドから押します。その時同時におなかに力を入れて思い切りひっこめます。
④二の腕を揉みほぐし柔らかくしてから胸に向かって流します。

マッサージは毎日続けることで効果が表れます。しっかり毎日続けましょう!

ダイエットしながら胸を大きくする!おすすめのトレーニング

トレーニングする女性たち 「身体についた余分な脂肪は落としても、バストは大きく!」が叶うトレーニングをご紹介します!自宅で簡単にできるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

簡単に胸周りを鍛えるエクササイズ

①胸の前で手のひらを合わせます。
②そのまま手のひら同士を強く押し合い10秒間キープします。

これを1セットとして20回ほど繰り返します。1日に2セットが目安です。

肩甲骨をゆるめて開かせるエクササイズ

①足をのばしたまま床にすわり、片手を真後ろに置く。この時、指先は外側に向けます。
②次に、体をひねりながら体を沈め、もう片方の手も床につけます。
③これを一日左右3回行いましょう。

背中からバストを引き上げるエクササイズ

①よつんばいになり、お尻を高い位置に保ちます。
②そのまま胸を床に近づけて体を沈めていきます。
③1回20秒キープしましょう。

まとめ

海辺で水着姿の女性 今回は、胸を大きくしながらダイエットを成功させる方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ダイエットで体重は落とせても、バストまでボリュームダウンしてしまっては、ダイエットが成功したとは言えませんよね・・・。
すっきりスリムな体形でも、しっかりとバストがあるというメリハリボディーが、本当の美しい体形です。
バストを大きくしながらダイエットを成功させるポイントを押さえれば、今までのダイエットのように「胸から落ちて残念」なんてことを防ぐことは可能です。
どんなファッションも綺麗に着こなせるメリハリボディを手に入れましょう!

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる