ダイエットで胸を減らさないポイントは? – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

在庫状況はこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

ダイエットで胸を減らさないポイントは?

ダイエットをして体重を減らすことができたり、ウエストや脚を細くすることに成功しても、胸まで落としてしまったらせっかくのダイエットも台無しですよね・・・。よく、「ダイエットをすると胸から落ちてしまう」という声を聞きますが、胸をキープしたまま痩せることは不可能なのでしょうか??「痩せたい!!」とは言っても、私たち女性が目指しているのは、胸もしっかりとあるメリハリボディですよね!!今回は、ダイエットをしても胸を減らさないポイントをご紹介いたします。ダイエット中の方は、要チェックです!!

ダイエットで胸を減らさないポイント


ダイエットの方法として、まず思い浮かぶのが食事制限や運動ですよね。しかし、むやみに食事の量を減らしたり激しい運動をしてしまっては、胸のお肉から減っていってしまう原因になります。最初に、ダイエットで胸を減らさないポイントを確認しておきましょう。

胸の90%は脂肪残りは乳腺

そもそも、胸は90%が脂肪でできて残りは乳腺なのです。ダイエットとは食事制限や運動などで脂肪を燃焼することですよね。なので、ダイエットをすることで多少胸のボリュームが落ちてしまうのは仕方がないことかもしれません。また、胸の脂肪は心臓に近いことから他の部分の脂肪に比べて温かく、柔らかいのが特徴です。温かくて柔らかい脂肪は燃焼しやすいので、ダイエットをすると胸のサイズがダウンしやすいというわけです。

食事の量は急に減らさない

ダイエットを始めると決めた時、真っ先に行うのが食事制限かと思いますが、食事の量を急に減らしてしまうと、必要な量のたんぱく質や脂質を摂取できなくなり、女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。女性ホルモンの分泌量が減ってしまうということは、胸が小さくなってしまう一因に。そして、極端に食事の量を減らしてしまうと、胸を支えている大胸筋の量も減ってしまうので、胸が小さくなったと感じてしまうのです。

胸を揺らす運動は控える

ダイエットに運動を取り入れる事はとてもいいことなのですが、ランニングなどの運動で胸が揺れてしまう点に注意しましょう。胸は揺らされ続けることで脂肪が燃焼しやすくなり、どんどん小さくなってしまいます。また、胸が揺らされることで胸を内側から支えているクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてダメージを受けてしまうことも。クーパー靭帯は一度伸びたり切れたりしてしまうと、もう二度と元には戻りません。激しい運動はなるべく控えたり、ランニングなどの運動をする際は、胸の揺れを最小限に抑えるためにスポーツブラを着けましょう。

無理なダイエットでストレスをためない

極端な食事制限や無理のある運動を続けていると、ストレスが溜まってきてしまいますよね。とまって無理なダイエットでストレスが溜まると生理がとまってしまったり、乳腺が発達しづらくなるため、胸が小さくなるだけでなく身体にも負担がかかってしまいます・・・。ストレスを溜めない程度に無理をしないことがダイエット成功のポイントです。

マッサージで乳腺を刺激する

胸の脂肪を落とさずにダイエットするには、乳腺を発達させることが重要です。そもそも乳腺とは、乳房に張りめぐらされている組織で、母乳を作る大切な器官なのです。その大切な乳腺を守るために、乳腺の周りには脂肪がついています。なので、乳腺を発達させればその周りの脂肪も増えるという事!!乳腺を発達させるには、マッサージで刺激するのが効果的です。
<乳腺マッサージの方法>
1.左胸の上部に、右手をやさしく当てて、左手で下部を支えます。
2.右手は左脇へやさしくさすり、左手は胸の谷間に向かってやさしくさすります。
3.往復して、行ったり来たりさすります。この時、2の方向を特に意識してさすりましょう。

食事で必要な栄養素を抜かない


ダイエットで胸をキープさせるには、女性ホルモンの分泌量を減らさないことが大切です。そのためには食事で必要な栄養素は抜かないこと!!食事に関するチェックポイントをまとめました。

必要不可欠なたんぱく質

女性ホルモンの分泌に欠かせないのが、たんぱく質です。たんぱく質の中でも特に大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをするため積極的に摂るように心がけましょう。納豆や豆乳、豆腐などに多く含まれています。このイソフラボンは、ダイエット中でも1日75ℊ程度摂取するのが理想です。75ℊとは、ちょうど納豆一パックに含まれる量なので、毎日の食生活に無理なく取り入れられそうですね!!

代謝アップには適量の脂肪

肥満の原因である脂質は、ダイエット中はつい避けてしまいがちな栄養素ですが、実は代謝アップには適量の脂肪が必要なのです。体脂肪を減らすには、この「代謝」が鍵となります。代謝がアップすれば、痩せた後も太りにくい体質に。代謝アップに必要な脂肪は、量を決めて摂りすぎないように気をつけましょう。

ビタミンたっぷりな野菜

ダイエットに不可欠な野菜はビタミンが豊富で脂肪の燃焼を助けてくれる効果も!!また、食物繊維も豊富なので、腸内の老廃物や血中のコレステロールを排出する効果もアリです。食前や食事の最初にたっぷりの野菜を摂ることで、その後の食事の量を自然に減らすことができると言われています。推奨されている量はボウルに1杯ほどで、ノンオイルドレッシングなどカロリーの低いドレッシングをかけて、よく噛んで食べるようにしましょう。ちなみに、生野菜であればしっかりとかむ事で満腹中枢が刺激されやすくなり、温野菜であれば体を温めて血流を良くしてくれる効果があります。

体のエネルギー源である炭水化物

「炭水化物抜きダイエット」が一時期流行っていたこともありますが、胸をキープしてダイエットを成功させたいならある程度の炭水化物を摂取することが必要なのです。体のエネルギー源である炭水化物は、不足すると胸の脂肪が燃焼しやすくなってしまいます・・・。どうしても炭水化物が気になるなら、活動的な朝と昼はしっかりと食べて、夜の炭水化物を控えめにすることをおすすめします。

まとめ:バストアップも諦めずに栄養は摂りつつダイエットしよう


今回は、ダイエットで胸を減らさないポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか??ダイエットをすると胸のお肉から減ってしまうのは、無理な食事制限による栄養不足や激しい運動による揺れが大きな原因です。無理なダイエットは胸から減ってしまうだけでなく、身体にも負担がかかってしまうので、ほどほどの力加減で続けるのがダイエット成功への近道です。必要な栄養素はきちんと摂りつつ、バストアップも諦めずにダイエットを成功させましょう!!

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる