美しいバストの条件!バージスラインって知っていますか?! – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

LINE会員登録で300円OFFクーポンをプレゼント

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

美しいバストの条件!バージスラインって知っていますか?!

みなさん、理想のバストとはどんなバストですか?ふんわりとボリュームのあるバストや、ツンと上向きの形のきれいなバストを思い浮かべる人が多いかと思いますが、そのような理想的なバストに欠かせないポイントが「バージスライン」です。小さくて悩んでいるバストも、バージスラインをくっきり出すことができればもしかしたらサイズがアップするかも?!今回は、「そもそも、バージスラインって何?」「バージスラインをくっきりさせるにはどうしたらいいの?」という疑問にお答えいたします!!

バージスラインとは?


バージスラインとは具体的にどこらへんのことを指すのでしょうか?
まずは、バージスラインについて解説いたします。

バージスラインの場所は?

バージスラインとは、バストの輪郭線のことを言います。
正面からバストを見てみると、脇からバストの下の膨らみにかけてラインがあるかと思いますが、
それがバージスラインです。
このバージスラインがくっきりとできているのが「美乳」の条件なのです。

バージスラインって美しいバストになんの関係があるの?

バージスラインが狭くて、くっきりとしているバストは、
それだけハリがあるという証拠!!
逆に、バージスラインがあいまいなバストはバストの脂肪が下がってしまい、
いわゆる「垂れ乳」であると言えます。
なぜバージスラインが薄くなってしまうかというと、
元々バストに合った脂肪が、脇や背中などのバスト周辺へ流れてしまうからなのです。

バージスラインを狭くするにはどうすればいいの??

バストの脂肪が脇や背中へ流れてしまうと、
バージスラインはどうしても横に広がってぼんやりしがちです。
バージスラインを狭くくっきりさせるには、
バストの土台である大胸筋を鍛えて強くする必要があります。
大胸筋は脚や腕の筋肉と違って、意識しないと鍛えるのはなかなか難しいものですので、
筋肉の衰えを防ぐためにも筋トレして鍛えることをおすすめします。

バストに関わる筋肉とは…?


美しいバストをキープするためには、バストに関わる筋肉を鍛えて強化する必要があります。
バストに大きく関わっている筋肉は、
バストの土台である大胸筋とやバストを引き上げてくれている小胸筋があります。
それぞれ役割が異なるので、どちらも適度に筋トレで鍛えましょう。

ここで簡単なバストアップ筋トレをご紹介

自宅で簡単にできるバストアップに効果的な筋トレをご紹介します。
■大胸筋を鍛える筋トレ:腕立て伏せ
1.大胸筋になるべく負荷がかかるように、腕の幅は肩よりも少し広めに開きます。
2.目線は少し先を見るように意識して、10回~15回を目標に行いましょう。
3.筋トレに慣れるまでは、膝を床について行ってもOKです。
■小胸筋を鍛える筋トレ:リバースプッシュアップ
1.椅子の前に立ち、椅子の座面に肘を伸ばした状態で手を肩幅に開いて置きます。
2.肘をゆっくり90度に曲げて、ゆっくりもとに戻すのを5回~10回行ってください。
3.手首や方に負担がかかる場合があるので、無理のない程度で行いましょう。

美しいバージスラインを作る近道は?

美しいバストラインを作るには、筋トレ以外にもいくつか方法があります。
筋トレと併せて取り入れるとより効果的です!!

正しいサイズのブラジャーを選ぶ事

今使用しているブラジャーはきちんと身体にフィットしていますか?
正しいサイズのブラジャーを着けることは、基本中の基本です。
カップに隙間があったり、アンダーがきつかったりする場合は、
サイズや形が合っていない証拠です。
また、バージスラインとワイヤーの位置が合っているかもチェックしてみてください。
まずは、自分の正しいサイズをメジャーで測って知っておくことが大切です。

マッサージをする

美しいバストに育てるためには、マッサージも効果的です。
バストをマッサージする際は肌の滑りをよくするために
クリームやオイルを塗ってから行いましょう。
バストアップ効果のある専用のクリームを使用すれば、
効果が倍増すること間違いなしです!
バストを内側から支えているクーパー靭帯にダメージを与えないように、
マッサージは優しいタッチで行ってくださいね。
入浴中やお風呂上りなど、身体が温まっている状態で行うのがおすすめ!

正しい姿勢を心掛ける

デスクワークや、スマホを使用することで、つい姿勢が悪くなってしまいがちですよね。
姿勢が悪くなるとバスト周辺の血行やリンパの流れが悪くなってしまい、
バストへ十分な栄養素やホルモンが届かなくなってしまいます。
また、姿勢が悪いと背中の筋肉が弱ってしまうため、
バストが垂れてしまう原因にも・・・。
普段から正しい姿勢を心がけて、胸を開くように心がけましょう!!

ナイトブラを着けてバージスラインを常に補正する

日中はブラジャーを着けてバージスラインをキープしていても、
夜寝ている間にノーブラの状態だとバストの脂肪は脇や背中へどんどん流れ、
バージスラインが薄くなってしまう結果に。
寝ている間もナイトブラを着けて、バージスラインを常にキープすることで、
よりくっきりと綺麗なバストラインを作ることができるのです。

まとめ


美乳に欠かせないバージスラインについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか??
筋トレやマッサージなど、毎日のバストケアをコツコツと続けることで、
横に広がってしまってぼんやりしたバージスラインを、
くっきりと幅の狭いバージスラインに変えることができるのです(*^^*)
くっきりと美しいバージスラインが手に入れば、水着だって自信を持って可愛く着こなせますよね!
美しいバージスラインを、正しいバストケアで作りましょう!!

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる