肌の黒ずみは刺激や摩擦から来るものだけではない?他の原因って? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

肌の黒ずみは刺激や摩擦から来るものだけではない?他の原因って?

肌の黒ずみは乾燥や刺激、摩擦や紫外線などが大きな原因です。
解消方法は原因になることを控えたり、保湿や美白などでケアしていくことです。
ムダ毛処理を自分で行う人も多いですが、やり方を間違えてしまうと肌を刺激したり、傷つけてしまうことになりますので注意しましょう。

1.肌の奥にある黒ずみを解消させるためには毛穴を開くケアが必要?

女性の肌というのは胸やスタイルと同様で、周りの人と比べてしまうこともあります。
肌の黒ずみやくすみというのは、女性を老けさせてしまいますので、ケアがとても大切です。
肌の黒ずみを解消させるためには、まずは古い角質を溜めないように注意しましょう。

・肌の奥に潜んでいる毛穴の黒ずみは角栓の詰まり

肌の奥に潜んでいる毛穴の黒ずみは、角栓の詰まりからくることが多いです。
角栓は顔の皮脂と角質が混ざって、どんどん毛穴に溜まってしまう状態のことです。
これらをいちご鼻とも呼ばれていて、化粧を行うことが多い女性や、皮脂の分泌量が多い男性によく見られます。
皮脂と角質は誰もが持ち合わせているものなのですが、このように肌の奥に黒ずみが目立ってしまう人もいます。
ということは、誰もが肌の奥に黒ずみが溜まってしまう可能性を、秘めているということになります。
この肌の奥に溜まってしまった黒ずみを解消させるためには、どうしたら良いのでしょうか?

・毛穴の黒ずみを解消したいからといってゴシゴシ洗わない

肌の毛穴に詰まっている黒ずみは、解消したいからといってゴシゴシ擦ってはいけません。
毛穴の奥に溜まっている黒ずみは、ゴシゴシ洗ったからといって簡単に取れるものではありません。
通常のクレンジング剤や洗顔料では、余分な皮脂を落とすことはできても、古い角質まで落とす能力はないのです。
クレンジングや洗顔料で肌を洗う前に、毛穴を開いてから洗顔を行うのが効果的です。
毛穴が閉じている状態でクレンジングや洗顔を行っても、全く効果を感じられませんので、黒ずみが気になる人は必ず毛穴を開いてから洗顔をするようにしましょう。
毛穴を開かせるためには蒸しタオルを使ったり、蒸気で肌を温めることで毛穴が開いていきます。
市販で販売されている毛穴パックは、いちご鼻になった際に使うことが多いのですが、頻繁に使用する人もいます。
毛穴パックは肌に刺激を与えますので、肌が敏感になってしまったり、肌が赤くなってしまうこともありますので注意しましょう。
肌の奥に溜まっている黒ずみを解消させるためには、まず毛穴を開かせることが重要になります。
洗顔を行うときはゴシゴシ洗わず優しく洗い上げ、洗い流すときは熱いお湯や冷たい水を使用するようにしましょう。
熱いお湯や冷たい水を使用してしまうと、肌に負担をかけてしまったり、せっかく開いた毛穴がふさがってしまうこともあります。
洗い流すときは、ぬるま湯で優しく肌をなでるように洗い流していきましょう。

2.洗顔やピーリングで肌の黒ずみをケアしたらクリームで保湿


肌の奥に潜んでいる黒ずみは、肌の老化以外にも疲れているような表情に見えてしまうこともあります。
肌の色がくすんで見えてしまうことにより、元気がないように見えてしまいます。
クリームでケアを行う場合は、まず何から行っていけば良いのでしょうか?

・クリームでケアする前に重曹ピーリングをしよう

ピーリングというのは、今できている肌の黒ずみを除去できる方法のことです。
ピーリングで肌の黒ずみを解消していくやり方はエステでも行われる方法で、自宅でも簡単に行うことができます。
肌の奥に潜んでいる黒ずみは、ターンオーバーによって自然に改善されていくものなのですが、ターンオーバーが来るのを待てない、ターンオーバーが正常ではない場合はポーリングが効果的です。
肌の黒ずみに対して事前にケアを行わず、クリームだけでケアをしようと考えている人もいますが、それでは効果を得られません。
重曹を使用したピーリング剤を作り、肌を集中的にケアしていくことで黒ずみを改善できるようになります。
重曹ピーリングは毎日ケアすると肌に良くありませんので、週に1回程度のペースで行うようにしましょう。
重曹ピーリングの作り方は、重曹と水を同量混ぜ合わせるだけですので、とても簡単に作れます。

・肌の黒ずみをケアしたら保湿しよう

最近では、洗顔料であっても肌の黒ずみ用に作られているものもあります。
洗顔やピーリングを行った後というのは肌が水分を欲している状態となるため、保湿成分が高いクリームでケアしてあげましょう。
特に洗顔やピーリングで肌の黒ずみをケアした後は肌が乾燥しやすいので、洗顔やピーリングを行った後は肌が乾燥する前にクリームで保湿を行うようにしましょう。
肌に黒ずみができやすい人は、乾燥しやすい肌だという証拠です。
ですので、肌の黒ずみケアを行った後は、必ずクリームで保湿を行うことを忘れないようにしましょう。
保湿ができるクリームだけでケアをしても良いのですが、美白成分も入っているクリームであれば、尚更肌の黒ずみに効果的に働いてくれます。
せっかく肌の保護するクリームでケアをするのであれば、より効果を上げるために美白成分配合のクリームをできるだけ使用するのがポイントになります。
洗顔やピーリングを行った後は、クリームで保湿や美白のケアをすることが重要になります。
洗顔を行った後は肌が乾燥しやすくなるため、乾燥してからクリームをつけても意味がありません。
必ず、乾燥する前にクリームをつけられるようにしましょう。

3.肌の黒ずみを治すには女性ホルモンのバランスを整えることで改善できることもある?

肌の黒ずみはどんどん蓄積されていくもので、どこかのタイミングで治す努力が必要になります。
黒ずみを治すことで、肌の黒ずみに対するコンプレックスも少なくなっていくのではないかと考えられます。
肌の黒ずみを改善させるためには、どんな方法を行っていけば良いのでしょうか?

・一般的には保湿や美白が重要だと思われている

肌の黒ずみというのは、一般的に保湿や美白が重要になると考えられています。
保湿や美白を行うことはとても重要になるため、肌の黒ずみにはとても欠かせないケアであると思います。
しかし、いくら保湿や美白を行っていたとしても原因が別のところにある場合は、保湿や美白を行うだけでは肌の黒ずみは治すことができません。
肌の刺激や摩擦から黒ずみが発生している場合は、肌が乾燥しやすくなっていることで刺激を受けやすくなりますので、保湿や美白を行うことが優先となります。
もし、肌に黒ずみができた原因が女性ホルモンの関係だとしたら、保湿や美白を行うだけでは肌の黒ずみを治すことができません。
女性ホルモンが原因で肌に黒ずみが発生している場合は、どのような方法で治すことができるのでしょうか?

・ケアの仕方は保湿や美白だけではない

肌が黒ずんでくる部位は人によってさまざまですが、デリケートゾーンやワキ、肘や膝などの部分に黒ずみが発生する傾向があります。
体中の肌に黒ずみが目立ってきている場合は、女性ホルモンが原因で黒ずみが発生しているといえるでしょう。
女性ホルモンの種類は2つに分かれていて、エストロゲンとプロゲステロンがあります。
これらは、一般的にもいわれることが多い女性ホルモンの種類です。
この2種類のホルモンの分泌が上手くできなくなることによって、女性の中のホルモンバランスが崩れていきます。
ホルモンバランスが崩れることによってプロゲステロンが減少してしまうと、体内でメラニンを作り出すメラノサイトを刺激してしまうようになります。
肌に刺激や摩擦を与えていなくても、黒ずみが発生してしまう仕組みになっています。
ですので、黒ずみが出てきたなと感じたら保湿や美白を行うことも大切なのですが、女性ホルモンの分泌を食生活で戻していくことも重要です。
保湿や美白以外にも、肌の黒ずみを治す方法があるということが分かるでしょう。
肌の黒ずみに悩んでいたり、保湿や美白をしても肌の黒ずみが改善されない人は、女性ホルモンを整えてみるのも効果的だと思います。
今まで改善されなかった黒ずみが、女性ホルモンのバランスを整えることで治せるかもしれません。

4.肌に黒ずみができてしまう原因は刺激だけじゃない


女性の悩みとして、肌の黒ずみは重大な問題となります。
黒ずみができた場所によっては、男性に勘違いをされてしまうこともあるでしょう。
また、不衛生というイメージや汚いというイメージを与えてしまうこともありますので、できるだけ改善することが重要です。

・肌の黒ずみができてしまう大きな原因は?

肌の黒ずみが発生してしまう原因は、メラニン色素が活発になってしまうことです。
メラニン色素が活発になるのは、太陽の光を浴びたときの紫外線や刺激、摩擦などからメラノサイトを刺激していることが原因です。
メラノサイトを刺激することによってメラニンを発生させてしまい、それが肌にどんどん蓄積され黒ずみとなります。
また、肌の黒ずみができる部位によっては、圧迫することでメラノサイトを刺激してしまうこともあるのです。
女性の多くは肌を紫外線から守るクリームを塗っていますので、紫外線が原因で黒ずみが発生してしまうことは少ないでしょう。
もっとも考えられる黒ずみの原因は、刺激や摩擦からメラノサイトを刺激してしまい、黒ずみが発生してしまうと考えられています。
ですので、メラニンを発生させてしまう原因になる刺激や摩擦で肌を刺激しないように注意すれば、ある程度の黒ずみを抑えることができるようになります。

・皮膚のかぶれや炎症などもメラニンを発生させてしまう

皮膚のかぶれや炎症が起きやすい人は、メラニンを発生させてしまうことが多くなります。
ですので、一般的な方に比べてアトピー持ちの人の方が、肌が黒ずんでいると感じることが多いと思われます。
それは、皮膚のかぶれや炎症から肌を守るため、体が勝手に防衛反応を示しているだけのことです。
防衛反応が働くとメラニンを発生させてしまい、その部分に色素沈着が起こって結果的に黒ずみの原因となります。
これを繰り返してしまうことで、肌の黒ずみが目立つようになります。
また防衛反応が働くのは、かぶれや炎症だけではありません。
妊娠している人は出産に向けて体が防衛反応を起こし、肌の色が黒ずむこともあります。
出産に向けて行う防衛反応ですので、本能ともいえる現象であり、改善を図るには出産を終えなければまず無理でしょう。
肌の黒ずみといっても、できる部位によって原因も大きく異なります。
ですが、肌に黒ずみが発生してしまうもっとも多い原因は、刺激や摩擦によるものですので予防をしようと思えば簡単です。
肌に刺激を与えないように衣類での擦れを防いだり、下着での擦れを防ぐことで予防が可能です。

5.ムダ毛の処理はきちんとケアを行わないと肌の黒ずみになる可能性もある

k25
肌に黒ずみができてしまう部位は、デリケートゾーンやわき、肘や膝などがあります。
さらに、自分でムダ毛を処理している人であれば、肌に刺激を与えてしまうことも多くなっていき、黒ずみが発生しやすくなります。
それが次第に肌に蓄積されてしまい、気づいたときには黒ずみがということも少なくありません。
ムダ毛を処理する前と後に、ケアをしっかりと行うようにしましょう。

・黒ずみができやすい部位の共通点

黒ずみができやすい部位を考えてみるとデリケートゾーンやわき、肘や膝などの、自分でムダ毛の処理を行う部分であるということが分かります。
さらに、これらの部位は全てデリケートな肌をしているゾーンでもあり、普通の肌よりも刺激を受けやすいのが特徴です。
自分でムダ毛処理を行う場合はカミソリを使って行いますので、肌を滑らせるときに刺激が生じたり、肌に傷をつけることで黒ずみを発生させてしまうこともあります。
自分でムダ毛処理を行うことは良いとは思いますが、その行為が色素沈着に繋がってしまうこともありますので、注意して行うようにしましょう。

・ムダ毛処理を行う前と後のケア

デリケートゾーンのムダ毛処理は、自己処理の中でも最も大変な部分となります。
デリケートゾーンは自分でも見えにくい場所ですので、肌を傷つけたりカミソリを無駄に動かしてしまうことも多くなっていきます。
デリケートゾーンはカミソリを上下させる回数が多ければ多いほど、黒ずみが発生しやすくなりますので注意が必要です。
ムダ毛を剃る際に、肌にできるだけ刺激を与えないようにケアをする場合は、ハサミで短くムダ毛を切ってカミソリを何回も上下させなくても良いようにしましょう。
クリームなどを使って剃ると滑りも良くなりますので、肌を傷つける心配もありません。
ムダ毛処理を行った後は肌が乾燥しているため、そのまま放置してしまうと下着が擦れて黒ずみになる可能性が高くなります。
乾燥から肌を守るようにムダ毛処理が終わったら、クリームや美容液でしっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。
ムダ毛処理ではケアをきちんと行うようにすれば、色素沈着や肌の黒ずみを抑えられるようになります。
自分でムダ毛処理をするという人は、お風呂には入ったついでに行うことが多く、お風呂からあがってもケアを行わない人もいます。
このままでは、カミソリで刺激を受けた肌が黒ずみになることもありますので、ムダ毛処理後はきちんとケアを行うようにしましょう。