Dカップでもバストは小さく見られる?男性から見るDカップは? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

Dカップでもバストは小さく見られる?男性から見るDカップは?

Dカップというと、大きめのバストを想像する方が多いですよね!しかし、男性からはそれほど大きく見られないことも多く、彼氏にがっかりされたり・・・そんな悲しい経験をした方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、このイメージと違うバストの謎について、解明していきましょう。

Dカップは見た目よりも小さい?

Dカップは一般的に言うと、「大きめなバスト」の部類! 一般的には大きめのバストだとされているDカップですが、 同じカップでもアンダーが小さいとボリュームが少なく見えてしまいます。 バストのカップサイズは、トップバストとアンダーバストとの差で決まるので 同じカップサイズでもアンダーが細ければ細いほど胸のボリューム感が少なく見えてしまうのです。 カップサイズは決して、バストの大きさを表しているわけではありません。 ご存知の通り、AカップよりBカップは大きいし、BカップよりCカップは大きいのですが、 見落としがちなのがアンダーバストのサイズなのです。 D65の見た目は、実はC70とB75とA80と同じであると言えます。 ちょっと驚きですよね!! 男性からしてみたら割と驚愕の事実ではないでしょうか???? ブラのアンダーバストのサイズは5cm刻みになっていて、 この5cmが上下するとカップサイズも1カップ上下する仕組みになっています。 具体的に例を挙げてみると・・・ D65は、C70よりカップサイズが1つ上でも、アンダーバストが5cm小さいので同じ大きさ! D65は、B75よりカップサイズが2つ上でも、アンダーバストが10cm小さいので同じ大きさ! D65は、A80よりカップサイズが3つ上でも、アンダーバストが15cm小さいので同じ大きさということになります。

Dカップで悩む女性の口コミ

では、Dカップの女性は実際にどのようなことに悩んでいるのでしょうか? 「ブラジャーの種類が少ない」 日本人の平均のカップは、A~Cカップと言われているので、 そうなれば需要が多いA~Cカップのブラがたくさん生産され 店頭で販売されるものも当然A~Cカップのものが多くなりがちです。 もちろんDカップのブラで、可愛ものやセクシーなものもあるのですが、 値段が張ったりすることもしばしばあるようです。 「肩が凝る」 Dカップの重さの平均は750gと言われています。 500mlのペットボトルよりも重いバストを常に首から下げていては、肩も凝りますよね。 そもそも肩こりとは、背中の筋肉が張っている状態を差します。 バストを支えるための筋肉は、胸回りの筋肉だけでなく背中の筋肉も使われているので 胸の重さに大胸筋が必要以上に引っ張られることにより、 肩の僧帽筋と呼ばれる筋肉もひきのばされて、肩こりが起きるとも言われています。 肩こりは、仕事や勉強にも集中しずらくなるので、とても厄介な悩みなのです。 「着る服を考えなければならない!」 例えば、デコルテ部分が大きくあいたTシャツをカジュアルに着こなそうとしても、 やはりバストが強調されて、周囲からするといいイメージを持たれません。 女性であれば、バストを武器にしているなどを言われたり、 男性からはなんとなく遊んでいる風に見られたりすることもあります。 また体の線が出る服を着るとなると、バストが大きい分太ってみられがちになります。 人は上半身で相手の印象を決めることが多いので、 あまり強調されると下品なイメージにもなりかねないので気を使わなければいけません。

Dカップの人はどのくらいいる?サイズ感は?

では、Dカップの女性はどのぐらいの割合でいるのでしょうか? 大手下着メーカーなどの平均を元に具体的な数字にすると、 100人の中であれば22人ほどがDカップと言われています! バストが大きいなと認識するのは、男女共にDカップ以上と言われています。 つまり、トップバストとアンダーバストの差が18cm~20cm以上のバストが 大きいとみなされていることになります。

トップとアンダーとの差が大体17.5センチ

トップバストとアンダーバストとの差は、ひとつ下のCカップであれば約15cm前後、 ひとつ上のEカップであれば20sm前後になります。 トップとアンダーの差は、大きければ大きいほどカップ数は上がります。

大きさを果物で例えると?

サイズ感としては、グレープフルーツ2個分! Dカップの平均の重さは約750g! グレープフルーツを左右に一つずつ着けているようなイメージがDカップのバストなのです。

男性から見るDカップは?

男性はやはりバストは大きい方が好きというイメージがありますよね。 Dカップは、男性の理想のカップ、第2位!! 少し意外な結果がこちら!!

1位 Cカップ 49% 2位 Dカップ 32% 3位 Bカップ 5% 4位 Eカップ 3%

意外なことに男性は大きさよりもバランスを重視している人も多いようです。 確かに、「日本人でスタイルがいい女性像」を思い浮かべると、多くの方が 細身の女性をイメージするのではないでしょうか? そうした影響を受けて、大きすぎるバストよりもほどほどのバストの方が知的かつ美しいという 印象を与えるようです。

Dカップのブラジャー選び方

あなたはどんな基準でブラを選んでいますか?? ワコールの調査によると、女性の9割が自分のバストに合ったブラをつけていないとのこと! そこで、今着けているブラはきちんとバストの形や体形に合っているのかをチェックしてみましょう。 ☑ストラップ(肩紐)がずり落ちてしまう ☑体勢によって胸のお肉が脇からはみ出てしまう ☑体勢によってカップが胸から浮いてしまう ☑走ったり跳んだりしたとき胸が揺れる ☑ブラジャーが胸から上がってしまう ☑ブラジャーの背中側が上がってしまう ☑ブラジャーを外したとき跡が残ってしまう 当てはまるチェック項目が多い方は、ブラのサイズが合っていない可能性が! 早めにぴったりとサイズの合ったブラに見直しましょう。

揺れが大きいため固定力のあるブラを選ぶべし

Dカップの人におすすめしたいブラは、フルカップタイプ! フルカップブラは、バストを包み込むカップ面積が他のブラの形に比べて、 圧倒的に広くなっています。 そのおかげで、大きなバストでもすっぽりと収めることが出来ます。 バストの横流れを防ぎつつも、しっかりバストを持ち上げてくれるため、安定感も抜群! バストが安定するということにより、バストの揺れを軽減することにも繋がります。 これにより日常の揺れにも動じることはなく、正しい位置でバストをキープしてくれるので、 安心して日中を過ごすことが出来るのです。 またフルカップブラは、補整力の高さも大きなメリットとも言えます。 バストの形に沿ってワイヤーがしっかりフィットしてくれるので、重たいバストもなんのその! 垂れてしまったバストを、自然な丸みの綺麗な形に整えてくれる効果も期待できるのです。 そして女性の多くの人が気になる背中や脇のハミ肉もできにくくしてくれます。 バストが大きくてお悩みの方が「バストを小さく見せたい」という場合にも、おすすめ! バストを包み込む面積が多いので、バストを無理なくスマートに見せることも出来ます。

ブラの正しい付け方は?

サイズや形もとても大事なのですが、付け方もバストにとってはとても大事なこと! 正しいブラの着け方をおさらいしてみましょう。 ①まずはブラジャーのストラップを肩にかけます。 ②体を前に傾け、ブラジャーのアンダー部分をアンダーバストの位置に当てます。 ③カップにしっかりバストをおさめたら、ホックを調整しましょう。 ④バストの横の脂肪などを、しっかり集めてカップの中におさめます。 ⑤体を前に倒したまま、ストラップの付け根部分を持って、軽くブラジャーを浮かせましょう。 ⑥そのあとに、もう片方の手で、横からバストを手で包むようにして中心に寄せていきます。 ⑦背筋をまっすぐにし、ストラップの長さを調節しましょう。 ・ストラップと体の間に人差し指を入れてスーッと通るくらいがちょうどよい長さです。 自分に合う形のブラは、正しく着けることで更に綺麗な胸元を作ることが出来ます。

まとめ

Dカップは一般的には大きいサイズと言われていますが、アンダーが細いほどその容積は小さくなるため、 あまり大きくは見えないということが、わかりましたね。 綺麗なバストを目指すには、まずは自分のバストサイズを正確に知り バストの形にあったブラを見つけることが、美バストの第一歩! ピッタリなブラを見つけて、理想のバストを目指しましょう!