Eカップの胸の重さはどれくらい?美しいバストをキープする方法!! – シーオーメディカル<公式>通販ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

Eカップの胸の重さはどれくらい?美しいバストをキープする方法!!

日本人の男性・女性ともに多くの方がバストが大きいと言う定義としてあげているのがEカップ!実際にEカップのバストはどのぐらいの重さか知っていますか??正直自分で重さを測れるものではないので意外と知らない人も多いのでは??その重さからわかるEカップの人の悩みなど、人にはなかなか聞きにくいこと一緒に解決していきましょう。

Eカップの胸の重さはどれくらい?

Eカップの重さは、約1kg!
野菜に例えると、白菜1株と同じくらいの重さです。
ずっと持ち歩くのはちょっと辛いと感じますよね?!
ちなみに、Dカップの重さは約750gで、マスカットの房2つ分と同じくらいです。
そしてFカップは約1.5kg!なんと、メロン1個と大体同じぐらいの重さです!

自分の胸の重さを量るには?

実際の自分の胸の重さを知りたい!という方におすすめ!自宅で簡単に測れる方法があります。
必要なものは・・・
■大きなボウル
■胸が入るくらいのボウル
■計量カップ
■ぬるま湯
①まずは大きなボウルの中に、胸が入るサイズのボウルを入れましょう。
②次に、胸が入るサイズのボウルにぬるま湯をギリギリまで入れます。
※この時、計量カップなどで、ゆっくりとお湯を注ぐとギリギリまで注ぐことが出来ます。
③ぬるま湯を張ったボウルに、自分の胸の片方をゆっくり入れます。
④その時にお湯が大きなボウルにこぼれますね。大きなボウルにこぼれた水の量が胸と同じ体積になります
脂肪と水の重さはだいたい同じなので、こぼれた水の重さ=自分の胸の重さ(1ml=1gの計算)になるのです。
自宅で簡単にできる方法ですが、これはあくまでも目安です。
その理由は、胸は脂肪だけで出来ているわけではなく、脂肪が9割なのに対し乳腺は1割と
少なからず脂肪以外のものも入っています。
そのため、脂肪が多いバストなのか、乳腺が多いバストなのかによって重さに違いが出ます。
また、バストには血液や水分も含まれているのでその量によっても重さは変わるのです。

Eカップのバストの悩み


やはりバストが1kgもの重さになれば悩みが出てくるのも当然!
大きいがゆえに悩んでいる方も多いようです。

Eカップは太って見える

Eカップの人の悩みの中でも多いのがこれ!
バスト大きいとなるとどうしても、胸周りが大きく見えますよね。
胸周りがしっかりしていると、全体的に太った印象に見えてしまうのです。
ここで出来ることとしてはまずはウエストを細くすること!
ウエストが細いことで、バストからのくびれの曲線美によりメリハリをが生まれます。
大きなバストだからこそ、引き締める所は引き締めて
スタイルはよく見せましょう!

同じEカップでも印象が違う

平均的なアンダーは70㎝以下!
アンダー70㎝は平均的なサイズになりますが、
これよりもアンダーが小さくなると体が細くなるということ!
それによりアンダーが大きい人に比べて、よりバストが強調されやすく、
かなりセクシーかつグラマラスな印象になります。
アンダーが大きいEカップになると、バストが大きいというより胴回りが大きく感じるのです。

肩がこる

Eカップの重さは1㎏!
これを毎日首から下げているとなると、当然肩がこりますよね。
ただその肩こり、バストの重さだけが原因ではなく
体に合わないブラジャーを付けていないことも原因かもしれません!
バストが大きい人は重さを支えるために、バストをしっかり包むタイプのブラ
肩に負担がかかりにくい太めのストラップのブラがおすすめです。

体型によって見え方が違う

日本人より欧米人の方がナイスバディにに見える!
日本人に多いのが、胴体が横に広いモンゴル体型!
横から見るとほっそりしていても、前を見ると太って見えやすいのです。

Eカップの美バストをキープするために


どんなバストでも、ケアをしなければあっと言う間に、残念バストに!
せっかくの大きなバストも形が崩れてしまったり、垂れてしまっては
女性としての魅力も半減(>_<)
美しいEカップのバストをキープする方法をまとめました!

ブラジャーは胸の形にあったものを選ぶ

自分にぴったりのブラをつけることは、簡単かつ大事なこと!
ブラジャーを選ぶポイントは大きく分けて2つ!
1つ目は「サイズ」で2つめは「形」です。
胸の形はひとそれぞれですよね。
そうなれば既製品で合うものを見つけるのは、まず正しい計測と試着が欠かせません。
もちろん日本で作られたブラであれば、日本人向けのサイズや形で作られていますが、
やはりメーカーや機能によっても形もサイズも少しずつ変わってきます。
胸をしっかりしまえることが出来て、かつ苦しくもなく緩すぎない!
正しいサイズや形にこだわってしっかり選べば、必ずバストは綺麗に保つことが出来るのです。

姿勢に気をつける

基本的に姿勢が悪いということは、外見的にも体の中にもいいことはなにひとつない!
姿勢が悪いと印象も悪くありませんか??
なんと姿勢が悪いのはバストにもよくないのです。
その理由は、猫背になることで美バストをキープするのに大きく影響する
筋肉が衰えてしまうからです。
デスクワーク中やスマホを使っているとつい姿勢が悪くなってしまいがちなので
意識して正しい姿勢を心がけましょう(^^♪

まとめ


Eカップの重さはかなりの重さ!
ですが、女性としての魅力もたくさん詰まっているバストとも言えます。
大きなバストならではの悩みもたくさんありますが、
まずはバストケアをしっかり行い、素敵なバストを保つことを意識しましょう。
綺麗なバストをキープして、女性としての自信にもつなげましょう!!