AAカップの大きさは?正しく測ってカップ数を確認しよう! – シーオーメディカル<公式>通販ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

AAカップの大きさは?正しく測ってカップ数を確認しよう!

バストサイズが小さいことでオシャレが楽しめなかったり、水着になるのが嫌だったり、彼氏ができた時こそ更に頭を抱えたり。もしかしたら、今のあなたのバストに関する知識が間違っているかも?正しい知識を知って、バストサイズのお悩みを解消しましょう!!

AAカップの大きさ


AAカップの人のバストの容積は小さめの卵ぐらい!
Aカップの人の容積はみかん1個分ほどなので、やはり大きさとして違いはありますよね。
女性のだいたいの平均のバストの中では100人中の8人ほどがAAカップと言われています。
そもそもカップ数は「トップとアンダーの違いが何cmになるか?」
によって決まります。

Aカップのブラジャーより小さいサイズ

サイズでいうとAカップの中で真ん中になる!
カップの大きさで言えばAAAカップが1番小さなサイズで、AAカップ、Aカップという順番になります。

AAカップの高さは7.5cm前後

トップとアンダーの差が7.5cmほど!
Aカップはこの差が10cm前後。
AAAカップはこの差が5cm前後になります。

バストを正しく測定するポイント


あなたの今のバストサイズは正確ですか??
正確に測ってみたら、思っていたカップ数と違っていた!なんてことも少なくありません。

自分のバストの本当のサイズを知る

毎回しっかりバストサイズを確認してもらうこと!
ブラを買うときちんと計測して買っていますか??
「人に見られるのは嫌だな。」と思うかもしれませんが、きちんとバストにあったものを着けていないと
バストが垂れてしまったり横に流れてしまったりと、バストが小さくなってしまう原因に!!

トップバストの正しい測り方

トップバストは、バストの一番先端である乳首の部分!
これを計測するには二つの方法があります。

おじぎ法

①まずブラをつけない状態でしっかり腰から直角におじぎをします。
②おじぎの状態で背中からメジャーをトップに回しましょう
③鏡で横から見てメジャーが曲がらずにしっかり垂直に下りていることを見ます。
④バストトップを測ります
立った状態でトップを測ることも可能なのですが、重力でバストが下に垂れてしまうため
実際のトップサイズよりも数センチほど数値が少なくなってしまうこともあるのです。

離れ乳や垂れ気味の人の測り方

①まず自分が1番違和感を感じにくいブラをつけます。
②立った状態でメジャーを後ろからトップに回しましょう
③メジャーがしっかり後ろから前に来ていること確認します
④メジャーが水平になっていたらそこで測りましょう。
自分のタイプに合わせて行いましょう。
しっかり正確に測るためには、メジャーが曲がったり折れたりせずにきちんと水平になることがポイントです。

アンダーバストの測り方

アンダーバストは、バストのふくらみが終わった下!
アンダーは基本5cm刻みでブラは作られていて、1番小さいもので65cmになります。
アンダーが65cmになる方は62.5cm~67.5cmまでの方で、
このように幅があるのはこれはホックなどで調整がきくためなのです。

具体的な計測方法

①まずはブラをつけない状態で鏡の前に立ちます
②立った状態でメジャーを後ろから回します
③メジャーが胸のふくらみのすぐ下にくるようにします
④メジャーが折れていたり、曲がっていないか・水平になっているか確認しましょう
⑤メジャーが重なっているところの内側に指を1ポインいれます
⑥しっかり呼吸をして、この状態でメジャーが重なりあったところの数値がアンダーになります。
ここでのポイントは床とメジャーがしっかり水平になっているかを確認すること!
少しでも水平ではない状態になってしまうと、誤差が出てしまいます。
これらを踏まえた上でまず、自分のバストの数値をしっかり計測してみましょう。
なかなかうまくいかない場合は、下着屋さんなどの専門店などを利用するのも一つの手ですね。

バストを豊かにするセルフケア


自分のバストの数値を知り、しっかり自分に合うブラを選ぶことが出来たならば、
更にバストを豊かにするために気を付けることをご紹介!
実はどれもこれも簡単かつバストだけではなく体や肌にもいいことになります。
セルフケアでのポイントは・・・

■姿勢
■食事
■睡眠
■マッサージ

これらを意識することであなたのバストだけではなく、体も変わってくるのです。

姿勢をよくする

あなたは今どんな姿勢をしていますか??
PCやスマホを使用する頻度が高く、座っている時間が長くなると
肩や胸が内側に入る姿勢が続くことが多くなります。
そうなると胸周囲の血流やリンパの流れが悪くなりやすくなってしまいます。
姿勢が悪いと、背中の筋肉の柔軟性を奪い弱めてしまうこともあり、
バストが支えられず下垂してしまう原因に!!
肩甲骨を引き寄せて胸を開く姿勢を常に意識するだけでも、だいぶ違います。

食事を改善する

バストの組織は乳腺(母乳を作る組織)が全体の1割・残りの9割はなんと脂肪ということをご存知ですか?
乳腺を発達させることで、自然とまわりの脂肪も増えてバストアップに繋がるのです。
バストアップに効果的な食べ物は・・・
ボロンを含むキャベツ・はちみつなど、
イソフラボンを多く含む大豆製品など
良質なたんぱく質を含むチーズやヨーグルトなど
女性ホルモン活性化させる食べものやたんぱく質を多く取りいれましょう。

睡眠をよく取る

睡眠不足はバストにも悪影響!
なぜよく寝ることが大事かというと、成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されるからです。
成長ホルモンがバストの乳腺にある「ラクトゲン受容体」という部分に作用し、
胸を成長させてくれるのです。
乳腺の発達には欠かせのが成長ホルモンなので、しっかり寝ることはとても大事なことなのです。

マッサージをする

マッサージを行うときのポイントは

■体が温まっているとき
■摩擦を減らすマッサージクリームなどを使う
■入浴時であればボディーソープでも代用OK!

これを行うことで更にマッサージの効果も高まります。
具体的な4ステップは・・・
①胸の中央を上から下に優しくマッサージ
②バストを持ち上げるようにさする
③バストの周りを円を描くようにさする
④最後に脇の下のリンパを手の平でほぐす
これを左右両方に行ってください。
目安としては、1日5分程度でOK!

まとめ


いかがでしたか?
生活習慣を整えて姿勢を正したり、自分に合ったブラを着けるなど
できるものから取り入れて行きましょう。
自分のバストは自分のケア次第!!
バストケアをコツコツ続けて、理想のバストを目指しましょう!