離れ乳をなんとかしたい!どうやったら改善される? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

離れ乳をなんとかしたい!どうやったら改善される?

大きさや形など、バストに関するお悩みは数多くありますが、意外と多くの人が気にしているのが「離れ乳」です。左右のバストが外側を向いてしまっていると、同じバストサイズでも貧層に見えてしまうことも・・・。「バストの大きさはそこそこあるのに、谷間ができない!」とお悩みの方は、バストが離れているいわゆる「離れ乳」が理由かもしれません。しかし、あきらめるのはまだ早いです!!離れ乳は根気よくケアしていれば、徐々に改善できる可能性も十分あるのです。今回は、離れ乳の改善方法を徹底的に解説いたします!!

離れ乳について


「もしかして、私も離れ乳?!」「気づいたら、左右のバストが外側を向いてしまっている・・・」なんて方も多いのではないでしょうか?まずは、理想的なバストの比率と、離れ乳になってしまう原因を確認しておきましょう。

理想的なバストの比率

女性にとってバストとは、ただ大きければいいというものではないですよね!!高さがあって、上を向いているか、適度なハリがあるかどうかなども重要ですが、バストには、美しく見える黄金比率があるのです。正面から見て、鎖骨の中心から左のバストトップ、右のバストトップ までの距離が正三角形を描いているのが、理想的なバストの比率だとされています。もし、バストが左右に離れていたり垂れていると、きれいな正三角形にはならないですよね。。また、トップバストの位置が肩と肘の真ん中当たりにくるのが理想的です。

離れ乳になる原因

離れ乳になってしまう原因は、加齢や大胸筋の衰え、クーパー靭帯の伸びが大きく関係しています。大胸筋とは、胸の土台となる筋肉で、胸が垂れたり離れたりしないように支えてくれています。クーパー靭帯とは、乳腺と皮膚や大胸筋とを結ぶ、コラーゲン組織の束のことです。クーパー靭帯は、胸を内側から上向きになるように支えてくれているのですが、胸の揺れや重力の影響によって伸びたり切れたりすることがあり、一度そうなってしまうと二度と元には戻らないのが特徴です。大胸筋の衰えやクーパー靭帯へのダメージを招いてしまう原因は、ブラを着けていない時間が長かったり、間違ったブラの着け方をしている、体形に合っていないブラを着けているなどが考えられます。

離れ乳の改善方法


離れ乳になる原因の中で、思い当たるものはあったでしょうか??原因が確認できたところで、次は離れ乳の改善方法についてご紹介していきます。今日からすぐにできることもあるので、さっそくチェックしてみましょう!!

自分に合ったブラ選びと付け方

離れ乳の予防という意味も含めて、自分に合ったブラ選びと着け方は非常に重要です。バストサイズが合っているだけでは、自分に合ったブラとは言い切れないので、購入する度にきちんと試着したり採寸してもらうことをおすすめします。
<自分に合ったブラかどうかをチェックする方法>
・ストラップが肩に食い込んだりずり落ちないか?
・カップが胸に食い込んだり浮いたりしていないか?
・ブラ全体がずり上がったりずり下がったりしていないか?
・ワイヤーが食い込んでいないか?
この中で一つでも当てはまることがあったら、そのブラは自分の体形に合っていない可能性があります。ブラのサイズが小さいと、締め付けによって血行が悪くなり、美しいバストに必要な栄養素が十分に届かなくなってしまいます。反対に、ブラのサイズが大きい場合は、カップの中で胸が動いてしまい、クーパー靭帯へのダメージの原因になってしまうのです。また、ブラの正しい着け方も大切です。間違ったブラの付け方をしていると、カップ内にうまく脂肪を収納することができず、バストの型崩れの原因に・・・。朝、ブラを正しくつけても日中動いているうちにカップからバストの脂肪が知らず知らずのうちに流れてしまっているのです。外出先などでは、トイレに行った際にこまめにカップ内に脂肪を収納しなおすようにしましょう。

規則正しい生活

美しいバストを目指すなら、成長ホルモンを分泌させることが重要になるので、そのためには規則正しい生活を心がけることも必要です。適度な運動とバランスの良い食生活、そして質の良い睡眠をとることでホルモンバランスが整い、バストにも良い影響を与えてくれます。もちろん、百害あって一利なしの喫煙はバストのためにもNGです!!

姿勢を意識する

普段の姿勢を意識するだけでも、バストの見た目の印象って変わってくるものなのです。長時間のデスクワークなどで、ついつい猫背気味になってしまう方も多いかと思いますが、胸を張って良い姿勢を保つように意識するだけで、簡単に上向きバストが実現します。姿勢の他にも、胸や首、肩甲骨のマッサージなどで血流を良くすることも、美しいバストへつながってきます。姿勢を正すだけなら、今すぐにでも簡単にできますよね!!

軽い筋トレやエクササイズ

垂れ乳の原因の一つである大胸筋の衰え。それを解消するには、軽い筋トレやエクササイズがおすすめです。両手の手のひらを胸の前で合わせて左右から押し合う「合掌のポーズ」や、腕立て伏せが効果的です。「普通の腕立て伏せがキツイ!」という方は、膝を床につけて行ってもOKです。筋トレやエクササイズを行う際は、大胸筋に効いているかを意識しながら行いましょう!!

ナイトブラやスポーツブラの活用

「夜寝る時はノーブラ、運動する時も通常の普通のブラを着けている」という方は、要注意です!!夜寝る時や、運動をする時はその場面に合った専用のブラを着けて、胸の揺れや動きを最小限に抑えることが、離れ乳や垂れを防ぐのです。例えば、夜寝ている間に何度も寝返りをしていると、胸は左右に揺れ放題の状態に。そうすると、胸を内側から支えているクーパー靭帯がダメージを受けて伸びたり切れたりしてしまい、離れ乳や垂れ乳の原因になってしまうのです。運動する際にも同じことが言えます。夜寝る時はナイトブラを、運動する際はスポーツブラを、というように、その場面によってブラを使い分け、バストを揺れから守ってあげましょう。

胸の位置を覚えさせる

左右に離れてしまったり、外側を向いてしまったバストを改善するには、「胸の正しい位置を覚えさせる」ことが有効です。バストのお肉は9割が脂肪なので、体形に合っていないブラを着けていたり、ノーブラで過ごす時間が長いと脇や背中の方へ知らず知らずのうちに流れて行ってしまいます。流れてしまったお肉をバストへ戻しつつ、同時に正しい位置へ固定させることによって、綺麗なバストラインを復活させましょう。その時、通常のブラよりも、ホールド力のあるバストアップブラを使用する方がより効果的です。

育乳ブラの活用

離れ乳を改善するには、離れてしまっているバストをしっかりと胸の中心に寄せて上げることが重要です。そこでおすすめなのが、育乳ブラ!!胸を寄せて正しい位置に定着させることが可能なので、離れ乳にお悩みの方はぜひ試してみてください。離れ乳さんが育乳ブラを選ぶ時のポイントは、サイドからしっかりと胸の中心に寄せてくれるものです。また、カップとカップの間が狭い方が、バストのお肉が中心に集まりやすくなります。

おすすめの離れ乳改善ブラ

育乳ブラってバストアップに特化したものだったり、垂れ乳に効果的なものなど、いろんな種類があって迷ってしまいますよね・・・。ここからは、おすすめの離れ乳改善ブラをいくつかご紹介いたします!!

シルク コンフォート レース ワイヤレス ブラ

シルク コンフォート レース ワイヤレス ブラを実際に使用している方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■アンダーは締め付けなく快適で、ストレスフルで良かったです!
■レーシーな見た目と、ソフトな付け心地です!
■シルク素材なので汗をかいてもかぶれませんでした!
■蒸し暑い季節も着けていられるので気にいっています!
<ネガティブ意見>
■サイズを見て購入しましたが、アンダーが緩すぎて使えない・・・。
■肩ひもを外して着用する際に、中々取れなくて大変でした・・・。

奇跡のノンワイヤー もう離れ垂れへんブラ

奇跡のノンワイヤー もう離れ垂れへんブラを実際に使用している方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■肌に触れる裏地がサラサラで気持ち良い!
■ノンワイヤーとは思えない補整力に驚きです!
■ワイヤーなしなのに、フィット感がすごい!
■離れ乳もきちんと寄せてくれる感じが嬉しい!
<ネガティブ意見>
■痩せ型の人には合わないデザインかも・・・。
■脇高ではないので脇肉が収まりにくかった・・・。

まとめ:無理なく自分に合った方法で離れ乳を改善


今回は、離れ乳を改善する方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか??離れ乳はきちんと正しくケアしていれば、徐々に改善していく可能性が高いので、無理なく自分に合った方法でコツコツ続けていくのがおすすめです。姿勢を正すことや、生活習慣を正すことに関しては今日からすぐにできることなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。離れ乳を改善させて、美しくて魅力的なバストを手に入れましょう!!