離れ乳ってどうしてなってしまうの?まずは原因を知っておこう! – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

配送遅延及び一部商品欠品のお詫び

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

離れ乳ってどうしてなってしまうの?まずは原因を知っておこう!

大手下着会社のアンケートによると、バストのお悩みで一番多いのは「小さい(42.6%)」そして、「垂れている(11.4)%」「離れている(8.9%)」というバストの形に関するお悩みが続いています。年齢を重ねると共に、綺麗な形をキープするのが難しくなってくるバスト。しかし、バストの型崩れの原因は年齢だけではありません(>_<)今回は、「バストの垂れ」に続いてお悩みが多い「離れ乳」の原因について解説いたします!

そもそも離れ乳の基準はあるの?

離れ乳の明確な基準はなく、「乳間が何cm以上ならば離れ乳です」という単純なものもありません。 しかし、最も美しい胸の形だとされる長さの比率があります。 その比率とは、両鎖骨の間の中心点と両乳首を結んだ三角形が三辺の長さが同じであること! 三辺の長さが全て等しい綺麗な正三角形であれば、美しい形のバストだと言えるのです。 一方で、鎖骨から乳首の長さが左右の乳首を結んだ線よりも長いという場合は、 左右のバストが離れている「離れ乳」もしくは「垂れ乳」だということです。

離れ乳の原因はこれ!

離れ乳になってしまう主な原因をまとめました! 当てはまるものがあるかどうか、チェックしてみましょう。

ブラジャーの選び方がダメ!

「なんとなくこれで・・・」と、デザインだけでブラジャーを買っていませんか? サイズや形が体形に合ったものでないと、バストをきちんと支えることができず 知らず知らずのうちに離れ乳になってしまう原因に・・・。 体に合ったブラジャーを購入するには、下着屋さんで専門のフィッターさんに 選んでもらうのがおすすめです。 自分のバストの円周・カップ・形などをプロに測ってもらうことが、体にフィットするブラを選ぶ近道! 自分でなんとなくで選んでしまうと、きつめのブラに圧迫されて老廃物が溜まりバストの成長を妨げたり 逆にブカブカのブラだとバスト脂肪はあちこちに流れて形が崩れてしまうことに。

ブラジャーの付け方がダメ!

正しいサイズのブラを選ぶことも重要となりますが、それと同じぐらい着け方も大切!! カップの上部分に隙間がないか・アンダーが浮いていないかなどをきちんと見て 正しくバストをブラジャーに収められていますか? きちんとつけられているか・・・?今一度確認してみては?

ノーブラで長時間過ごす

家に帰るとすぐにブラジャーを外してしまう、という方も多いと思います。 ブラジャーからの解放は、OFFモードに切り替えるスイッチとも言えますが、 長時間ノーブラで過ごしているとバスト部分の筋肉が緩んでしまう上に、 バストを支えているクーパー靱帯が伸びてしまう原因に! ノーブラはバストの下垂や離れ乳など形が崩れる原因につながっているのです!

大胸筋&小胸筋が衰えている

バストと関わりの深い筋肉である、大胸筋と小胸筋が衰えるとバストの型崩れの原因に! 大胸筋とは、胸の真下にありバストの土台として全体を支えている筋肉です。 小胸筋は、バストを吊り上げて左右のバストを中央に寄せてくれる筋肉で、大胸筋の下にあります。 この2つの筋肉が衰えてしまうと、年齢に関係なくバストは下垂し離れていくのです。 これらの筋肉が衰える原因として挙げられるのは、姿勢が悪く猫背気味だったり パソコンを長時間使う事、運転などです。 日ごろから正しい姿勢を心がけることも大切なのです!

夜寝る際にナイトブラをつけていない

眠るときにブラジャーをつけていない女性は非常に多いですよね。 しかし、バストはそのほとんどが脂肪でできているため、バストをサポートするものを着用せずに 仰向けや横向きになっていては、徐々にお肉が脇や背中へと流れて行ってしまうのです。 特に、寝返りが多い女子は要注意! 就寝時には、通気性が良く締め付けの少ないナイトブラがとてもおすすめです(*^^)v

ここでナイトブラの選び方ポイント

肌への負担や着け心地の良さから、素材はコットンや綿100%のものがおすすめ! サイズについは、通常のブラと同様にナイトブラも自分のサイズに合ったものを。 血流や睡眠の妨げにならないように、ノンワイヤーで綺麗に包み込んでくれるものがいいでしょう。 綺麗に包み込んでくれることにより綺麗に形を整え、脂肪を逃さず、横流れ・下垂防止にもなります

クーパー靭帯が伸びているのかも?

上向きでハリのあるバストの鍵となるのが、クーパー靭帯! クーパー靭帯はコラーゲン線維の束で、なにかの衝撃が加わると伸びたり切れたりしてしまう ゴムのようなものです。 例えば、胸を大きく揺らしてしまう運動や強すぎるバストマッサージを行うと、 クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまういうわけです。 悲しい事に、クーパー靭帯は一度伸びたら元には戻りません(>_<) バストは重力に逆らえず下垂れていく大きな原因のひとつなのです。 スポーツをする時などは、バストをサポートしてくれるスポーツブラを着けるなど 用途に合わせてブラを変えていきましょう。

年齢を重ねていく事

誰でも歳は取りますが、加齢は離れ胸の代表的な原因です。 バストのエイジングには、次のような3つのステップが存在しています。 ①胸の上部(デコルテ)が削げてしまう。(胸とブラの上部の間に隙間ができていたら注意) ②下垂(垂れ乳) ③外側に流れる(離れ胸の完成です) このようなバストのエイジングは、早い人では20代で起こることも!

まとめ

離れ乳になってしまう原因はいろいろありましたが、当てはまることはありましたか? 離れ乳になるのを予防・改善するには、まずその原因を確認することがとても大切です(*^^*) 原因がわかれば、具体的な対策もしやすいですよね! 年齢を重ねても美しいバストでいられるように、今日からバストのケアを始めましょう!