バストアップ効果のあるツボは?ツボ押しのポイントも! – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

バストアップ効果のあるツボは?ツボ押しのポイントも!

バストアップするためにバストアップマッサージを行っているにも関わらず、「なかなか効果が出てこない・・・」なんてお悩みの方も多いですよね。そこでおすすめなのが、バストアップ効果のあるツボ押しです!!「ツボ」と聞くと肩こりや疲労に効くツボなどをイメージしてしまいがちなので、「バストアップに効くツボなんてあるの?」と思われるかもしれませんが、バスト周りにはバストアップに効果的なツボがたくさんあるのです!!ツボ押しならお金もかからずにバスとアップマッサージのついでに手軽に行うことができますよね。「気休め」なイメージがあるツボ押しですが、実際に重要な神経、血管、筋走行上に位置していて、WHOで治療効果が認められている療法なのです。今回は、バストアップを後押しするバストアップ効果のあるツボや押し方などについてご紹介していきます。

胸を大きくするツボはどこ?


WTOに定義されているツボは、なんと全部で361個もあります!!その中でバストアップに効果のあるツボは、バスト周辺はもちろん、足などにも点在しています。正確な位置がわかりにくい場合は、「ここかな?」と指が止まった部分を刺激してみましょう!!

乳根(にゅうこん)


乳根のツボを刺激すると、女性ホルモンの分泌量が増えることで乳腺が刺激されてバストアップ効果が期待できます。また、母乳が出やすくなるというママには嬉しい効果も!乳根のツボは、左右の乳頭から指2本分下にあります。まずはツボの位置を指で確認し、そのまま3秒間ゆっくりと押し、ゆっくりと戻すようにそのまま刺激しましょう。これを3回~5回繰り返します。この時、力を入れ過ぎずイタ気持ちいい程度にするのがポイントです。さらに、押す時は息を吐いてツボから力を抜くときは息を吸うとより効果的です。

壇中(だんちゅう)


壇中は、女性ホルモンの分泌を活発にしてくれるほか、乳腺を増やす効果もあるので、バストアップが期待できると言われているツボです。壇中のツボは、左右のバストトップを結んだ中央で、ちょうど胸骨の真ん中にあります。ゆっくりと呼吸に合わせて親指を使って3分ほど押しましょう。バストアップ効果の他にも、美肌効果も期待できるツボですので、女性には嬉しいですね!!

三陰交(さんいんこう)


内くるぶしの頂点から手の指4本分ほど上の場所あり、すねの骨の後ろにあるくぼみの部分が三陰交のツボです。「女性ホルモンのツボ」としても知られている三陰交は、女性ホルモンの安定のほか、生理痛の緩和や更年期障害の緩和にも効果的だと言われています。三陰交のツボは、足の内側くるぶしの頂点に小指を置き、指を4本並べたちょうど上にあります。両手の親指をツボに押し当てて、残りの手で足首を抑えながら、ぐーっと深く押すのが効果的です。骨の内側に押し込むように、やや強めに刺激するのがポイントです。

肩外兪(けんがいゆ)


バストを引き上げてくれる肩甲骨の疲れをとり、活性化させるツボです。肩甲骨周辺の疲れがとれると、背中の筋肉に弾力が戻り、背中側からバストを引っ張ってくれる効果がアップするので、バストアップに効果があるというわけです。肩甲骨の上部内側の角で、肩甲骨の上側の骨のキワのくぼみに位置しているのが肩外兪のツボです。背中に手を回して、中指をツボに当てて、やや強めの力で肩甲骨を押し下げるように押しましょう!!左右6〜8回、自然な呼吸でツボ押しするのがポイントです。

中府(ちゅうふ)


バストの土台である大胸筋の周りのリンパの流れを促進してくれるツボで、バストにハリをよみがえらせてくれる効果や、母乳が出やすくなる効果もあります。「年齢を重ねるとともにバストが垂れてきた・・・」という方は、中府のツボを刺激してみましょう!鎖骨の外側の下から親指幅分さらに下がった腕のつけ根の左右にあり、親指で左右一緒に刺激すると、より効果的です。ツボのまわりを円を描きながら揉むようにして、最後にツボを押して3秒止めるというのを20回繰り返しましょう。「少し痛いな」と感じるのは、効いている証拠です。

ツボを押しのポイントは?


ツボ押しの効果を最大限に高めるためには、いくつかのポイントがあります。効率よくバストアップするために、ぜひチェックしてみてください!!

リラックス出来る環境を整える

バストアップのツボ押しを行う際は、リラックスできる環境を整えましょう。ツボ押しを行うベストなタイミングは、血行が良くなっている入浴中やお風呂上りです。他には、寝る前のリラックスタイムもおすすめです!!体が温まっている状態で行うことが重要ですので、お風呂から上がって冷えてしまったという場合や冬などは、湯たんぽで体を温めてから行うのもOKです!!

少し痛いくらいの力で

ツボを押す時は、「痛いけど気持ちいい」と感じる程度の力加減が効果的です。もし「自分の指ではそこまで力が入らない」と言う場合には、ツボ押しの棒など便利グッズを使用することもおすすめです!!ただし、「痛い」と感じるほど強く押し過ぎるのはNG!!ツボは皮膚の浅い所に位置しているので、そんなに力強く押さなくても十分刺激されます。

毎日続ける

マッサージやストレッチと同じで、1度ツボ押しを行ったからと言ってすぐに目に見える効果があるわけではありません。毎日コツコツと続けてツボを刺激することで、徐々に嬉しい効果を実感できるようになります。まずは、わかりやすく刺激しやすいツボから始めてみるのもいいですね!!

必要に応じツボ押し棒などを使う

「ネイルをしていて、ツボをうまく刺激できない」という方も多いですよね。そんな時は、ツボ押しの為の便利グッズに頼っちゃいましょう!ツボ押しの為の棒は、自分の指の代わりにピンポイントでツボを刺激することができ、強めの力で刺激することも可能です。

ツボ押しの注意点

身体じゅうのツボを押すだけで嬉しい効果を実感できるツボ押しですが、ツボ押しを行う際には気をつけるべきポイントもいくつかあります。せっかくのツボ押しも、タイミングを間違うと逆効果になってしまいます。ツボ押しをするタイミングについて、注意点をまとめてみました!!

体調が優れないときはNG

体調がすぐれない時は、ツボ押しは控えておきましょう。ツボ押しは身体の各器官を刺激して活性化させる働きがありますので、体調によっては身体に負担をかけてしまう場合も・・・。例えば、発熱中にツボ押しを行うと菌が活性化して症状が悪化する危険性も!体調と相談しながら上手にツボ押しを取り入れましょう!!

妊娠中などもNG

体調がすぐれない時以外にも、妊娠中のツボ押しもNGです。妊娠中は身体がとてもデリケートな状態ですので、控えることが無難です。もし行う場合には、ごく弱い刺激程度に抑えることをおすすめします。

アルコール摂取後もNG

ビールやワインなど、お酒を飲んですぐのツボ押しも危険です。アルコールを摂取すると、アルコールによって血行が高まり過ぎている状態になってしまうため、そこへツボ押しを行うと酔いがさらにまわりやすくなってしまうのです。

まとめ


今回は、バストアップ効果のあるツボ押しについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか??体中のツボを押すだけでバストアップ効果が期待できるなら、取り入れない手はないですよね!!血流の良くなっている入浴時やバスとアップマッサージのついでに上手に取り入れて、バストアップをさらに後押ししましょう。