大胸筋を鍛えてバストアップ!簡単なトレーニング方法! – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

大胸筋を鍛えてバストアップ!簡単なトレーニング方法!

女性にとってバストが大きくなることは
とても嬉しいことになりますよね??
胸の大きく開いた服や水着などを
自信を持って着れる女性は
あまりいないのが現状!!
なぜならば、バストにボリュームがないことで
貧相に見えたり、スタイルが悪く見えるため
世の中の女性は、そう見えないように
色々と苦労しているのです。
さて、根本からバストが大きくなる近道は
どんなものがあるのか??気になりませんか??
あなたもこれを知って、実践することで
バストアップも夢ではないかもしれません。
さて、その方法を詳しくみていきましょう。

大胸筋を鍛えるとバストアップできる?


答えはYES!!
バストと関わりの深い筋肉は2つ!!
■胸の真下にあり、乳房全体を支えている「大胸筋」
■大胸筋の下にあり、胸を釣り上げ、左右の胸を中央に寄せる「小胸筋」
この2つが衰えることにより、
年齢に関係なくバストは下垂し離れていきます。
これを言い換えると、このふたつの筋肉を鍛えることで、
ハリのあるバストを作りあげることが出来るということになります。
今回は胸の土台とも言える「大胸筋」にスポットを当ててみていきましょう。

大胸筋はバストを支える土台の役割

大胸筋を鍛えること、バストのハリを作り出し、ボリュームもアップも可能!!
大胸筋を鍛えることで、
筋肉が強くなり、バストを引き上げる効果が期待できます。
それにより、バストが上向きの綺麗なバストになります。
簡単にバストの構造を説明すると、
バストの中身は9割が脂肪で1割が乳腺組織で出来ています。
そしてそれらは、大胸筋の上に乗っかっている形になります。
当然、大胸筋が衰えると、上の部分であるバストも
下がります。バストが下がってしまうと、胸板も薄くなり、
ウエストの対比もなくなり、スタイルが悪くなるのです。
これらからわかることは、
大胸筋を鍛えることで、胸板も厚くなり、
ウエストとの対比がしっかりでることで
スタイルアップ+バストアップに繋がるということなのです。

美容クリニックによっても認められている

胸のスペシャリストもおすすめするのが、大胸筋の筋トレ!!
胸の悩みを解決してくれる美容クリニックでも、推奨されているのが、大胸筋や小胸筋のトレーニングになります。筋トレをするこで、筋肉が持ち上げられて、バストを大きく見せたり、血流がよくなることでサイズが上がりやすくなると言われています。
また、運動によりストレスが解消されることもポイント!とのこと☆
ストレスが軽減されることで、ホルモンバランスが整い、バストアップしやすい状況になると言われています。

筋肉が強くなり胸が持ち上げられる

バストを吊り下げているクーパー靭帯の保護役にもなる!!
クーパー靭帯とは、バストを吊り上げている大事な繊維束!!
これらはバスト全体に張り巡らされています。
皮膚はもちろん、乳腺、脂肪、筋肉を繋ぎとめる大事な役割を果たしています。
このクーパー靭帯は1度痛むと元には戻りません。
どんなことでクーパー靭帯が痛んだり、伸びたりするかというと、
サイズの合わないブラジャーやノーブラ、間違ったマッサージ、
激しい運動などが原因に上げられます。
クーパー靭帯の負担を少しでも減らすことで
バストが下がるのを、抑えることが出来ます。
そこでクーパー靭帯の周りにある
筋肉を鍛えることで、クーパー靭帯を保護することが出来るのです。

血流の改善でバストアップ

バストアップに必要なホルモンの運び役は血液!その道順をしっかり作る!
大胸筋を鍛えることで、血流もよくなります。
バストアップに必要な、女性ホルモンや成長ホルモンは
血液によって運ばれます。その道順が綺麗であれば、
スムーズにバストに栄養が届くのです。
また、血流がよくなることで、肌にもハリが出てくるので、
バストの見た目も美しくなる効果もあるのです。
大胸筋を鍛えることで、
こんなにもメリットがあるとなれば、
やらない手はありません!!
さて、具体的にはどのようにやればいいのか
見てきましょう!!

超簡単!大胸筋を鍛えるトレーニング


方法はとても簡単!今日から誰でも出来る方法をご紹介!!
まずは、息を吸いながら、ゆっくり肘を曲げましょう。次に、息を吐きながらゆっくりもとに戻しましょう。
なんとたったこれだけ!!
これであれば、少しの合間の時間にも出てしまいます。
なにより、辛くなく、道具がいらない所も
始めやすいポイントになります。

大胸筋を鍛えるときのコツ


さて今日から出来るトレーニングがわかったところで、
効率よくバストアップを狙うには…
これらを気を付けるべし!!

■毎日コツコツかつ、やりすぎは禁物!!
■トレーニング後はしっかりマッサージを行う!
■最低2週間は続ける!

さてこれらの理由を詳しくみていきましょう。

負荷がかかりすぎない程度に行う

鍛え過ぎは、バストアップではなく、固いバストになってしまう!!
筋トレとは、1度筋肉を壊して、
回復する過程で筋肉を大きくしていきます。
固いバストにならないためには、
筋肉が回復する時間をしっかり確保すること!!
簡単に言うと、短いスパンでやりすぎないことになります!
これをしっかり頭に入れておきましょう。
そして大事なことは、きちんと筋トレを行う際も
バストを揺れから守る装備を忘れないことです。
バストは、揺れに1番弱くクーパー靭帯も傷めかねません。
1番はスポーツブラなどの着用がおすすめです☆

トレーニング後はマッサージなどでケア

土台を作り上げたら、しっかりバストに栄養が行くように、血流をよくする!
バストも肌と一緒で、
栄養をしっかり行きわたらせることも大事なポイント!
そのためには血流が良いことが大前提!!
老廃物があっては、必要な栄養分はバストには届きません。
マッサージのポイントは、
■リンパの流れを意識する
■体を温めた状態
■マッサージクリームなどで滑りをよくする
これらを気を付けることで、マッサージの効果は数段上がります。
リンパとは、不要になった毒素を排泄する働きがあります。リンパが詰まった状態は、毒素の排出がうまく行われていない状態になります。毒素の排出がうまくいかないと、老廃物が細胞を衰えさせてしまい、女性ホルモンが弱ってしまう原因に繋がります。
鎖骨や脇など、バスト周辺のリンパの流れを刺激すると、老廃物を流して栄養分を胸まで届きやすく効果も期待できます。
そして、体を温める方法としては、しっかり湯船に浸かった後や入浴中でもOK!皮膚は摩擦に弱いため、ダメージを与えないように、マッサージオイルやクリームをつけて行いましょう。入浴時ならば、ボディソープでも代用も可能です!
さてここで具体的にバストアップマッサージをご紹介☆
■バストにハリを出したい時は…
バージスラインに沿って、胸の外側から内側へ向かって、半円をかくようにマッサージしていきます。
■バストにお肉を集めたい時は…
両側の脇肉を持ち上げて、中央の方へ寄せるように流していきましょう。脂肪の特徴は、動きやすい点!マッサージを続けているうちに、バストは徐々にあるべき場所に戻ってくるのです。
■ボリュームアップをしたい時は…
片方ずつすくい上げるように上へマッサージしましょう。これにより、乳腺が刺激されて脂肪がつきやすくなります。

大胸筋筋トレは毎日行う

毎日コツコツ!!2週間以上は続けること!
筋トレの効果は、個人差があります。
ですが、一般的に効果の目安を感じるには、2週間程度の継続が必要と言われています。
1日で何とかなる問題ではないことを
しっかり頭に入れておきましょう。

まとめ


簡単にバストアップをするならば、大胸筋を鍛えるのが効率的です!!
トレーニングと合わせて、規則正しい生活と、質のいい睡眠を取ることで、更に効果は上がります。生活習慣も正しくして、更なるバストアップ効果を狙いましょう!!