バストアップに効果的なストレッチ方法は? – シーオーメディカル<公式>通販ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

バストアップに効果的なストレッチ方法は?

日々バストアップを目指して努力しているみなさん!ナイトブラを習慣にしたりバストアップマッサージなど毎日コツコツと続けていれば、バストアップも夢ではありませんよね!それらのバストケアにプラスしてストレッチも取り入れたら、さらにバストアップ効果抜群です!!運動が苦手な方でも簡単に自宅でできるストレッチ方法があるので、バストアップのケアに余念のない女性は必見です。今回は、バストアップに効果的なストレッチ方法をご紹介いたします。

ストレッチでバストアップは期待できる?


ストレッチと聞くと、学生の体育の授業で行うあのストレッチを思い出す方も多いのではないでしょうか?健康にいいのは確かですが、果たしてバストアップにつながるのか疑問い思うかもしれませんが、実はストレッチはバストアップに効果抜群なのです!バストの90%は脂肪でできているのですが、そのバストの土台となっていたり支えているのは筋肉です。この筋肉をストレッチすることによって鍛えると、バストのボリュームがアップするというわけなのです。また、バストを支えているもう一つ重要な鍵が、クーパー靭帯です。加齢や授乳、運動などのダメージによって切れたり伸びたりしてしまうのですが、バスト周りの筋肉を鍛えることで、クーパー靭帯の負担を緩和することができます。

バストアップに効果的なストレッチ方法は?

脚や腕の筋肉と違って、大胸筋は意識しないとなかなか使うことのない筋肉です。この大胸筋が衰えてくると、肩甲骨周りに老廃物が溜まりやすくなり、むくみや肩こりなどはもちろん、バストアップの妨げにもなってしまうのです。大胸筋をストレッチで鍛えることで、肩甲骨を動かしてほぐす効果もあるので、一石二鳥ですね!肩甲骨周りがほぐれることで、老廃物がスムーズに排出されるようになったり、背中や胸元の血流も良くなるので、貧相で寂しいデコルテもふっくらと整いやすくなります。

大胸筋を伸ばすストレッチ法

バストアップのストレッチで、一番重要なのが、バストの土台となっている大胸筋です。また、胸の上部に当たる位置にある小胸筋もバストアップには欠かせない筋肉です。小胸筋を鍛えると、バストが上に引き上げられて大きく見えるほか、年齢と共に気になってくる垂れを予防することもできます。

場所を選ばずにできる簡単ストレッチ


場所を選ばずにできる簡単なストレッチとして、フェイスタオルを使ったストレッチをご紹介します。

1.フェイスタオルの両端をそれぞれ左右の手でつかみましょう。
2.その状態で両腕をまっすぐ前に下ろしてから、バンザイの状態になるように上にそのままゆっくりと持ち上げます。
3.さらに、背中にタオルを近づけるイメージで後ろに手を回します。
4.手が後ろまで回ったら、またゆっくりと元の状態へ戻しましょう。
5.これを10回を目標に行ってみてください!!

バランスボールを使ったストレッチ


バランスボールをお持ちの方は、バランスボールを使った大胸筋のストレッチもおすすめです。筋トレグッズを使用すると、やる気もアップしますよね!

1.まず、足を軽く曲げた状態で前に伸ばすように床に座って、バランスボールを肘から上の部分で挟みます。
2.両肘で挟んだバランスボールを、息を吐きながらゆっくり肘を使って内側に向けて潰していきましょう。
3.限界まで潰したら、息を吸いながらゆっくりもとに戻します。
4.これを7回行うことを1セットとして、3セットを目標に行ってください!!

大胸筋と同じくらい大切な小胸筋のストレッチ

小胸筋は大胸筋に比べるとあまり知られていない筋肉ですよね。しかし、バストアップに深く関係のあるエストロゲンという女性ホルモンは小胸筋を通じてバストに送られているので、思っている以上に重要な役割があるのです。簡単で効果的なおすすめのストレッチ方法は以下の通りです。ここでは、右側の小胸筋を鍛える方法をご紹介しますので、左側も同様に行ってください。

1.まず、壁が右側に来るように立ちます。
2.正面を向いたまま、壁側の足(右足)を後ろに下げ、同時に右手の手のひらを真上に挙げて壁につけましょう。
3.体と顔は正面に向けたまま、壁に寄り掛かるように体重をかけていきます。
4.じんわりと伸びている感じがしたら、壁につける手の角度をずらして行ってみてください。
5.反対側(左側)も同じように行いましょう。

肩甲骨ストレッチ方法


肩甲骨とは左右それぞれの肩の後ろにあって、背中に手を回すと触ることのできる逆三角形の骨のことを言います。肩甲骨のストレッチは、バストアップはもちろん肩こりにも効果的なので、普段デスクワークやスマホを使用する時間が多い方に特におすすめです。

1.立った状態で、手を後ろに回し左右の指を組んでください。
2.そのまま上に限界まで持ち上げたら、10~20秒キープしましょう。

寝ながらできる簡単なバストアップのストレッチは?

「忙しくて、なかなかストレッチする時間が取れない!」という方は、夜寝る前に寝ながらできるストレッチをしてみてはいかがでしょうか?眠る前にストレッチして軽く身体を動かすと、安眠効果も得られます。

コブラのポーズ


バストアップ、猫背、腰痛などに効果的です。
1.うつ伏せになり、両手を胸の前に置きます。この時、足は腰と同じぐらいの幅に開いてください。
2.息を吸いながら両手で床を押すように体を起こしましょう。胸が開いているのを意識するのがポイントです。

ヨガのポーズでバストアップ


自律神経のバランスを整えて、女性ホルモンの分泌を促進します。
1.仰向けになり、両足の裏をぴったりと合わせます。
2.腕は力を抜いて、手のひらを上に向けましょう。
3.鼻から自然に呼吸しましょう。
4.この状態を約1分間キープしたら、ゆっくり元の体勢に戻りましょう。

バストアップマッサージも一緒にやると効果的

ストレッチを併せて、バストアップマッサージも行うとより高い効果が期待できます。バストをマッサージする場合は、滑りを良くするために必ずクリームやオイルを使用してくださいね。

胸の周りの脂肪を正しい位置に集めてみよう

1.右手は左のバストを、左手は右のバストの横脇に置いて、脇腹から背中あたりのお肉を中央へと流すようにマッサージします。
2.最後は、両手でバストの下に置いて、抱え込むように持ち上げましょう。

血行を促進させよう

バストやバスト周りの血行が良くなると、バストへの栄養やホルモンが届きやすくなるので、結果的にバストアップへとつながります。
1.左右どちらかのバストの下に両手をクロスさせて置きます。
2.左右の手を交互にすくいあげるように、上に向かってバストを持ち上げましょう。

ストレッチは1日短時間でも良いので続けることが重要

ストレッチは、たまーに長時間がんばって行うのではなく、1日に5分でも10分でもいいので、毎日コツコツと続けて行うことが大切です。忙しい毎日の中で、まとまった時間を確保するのは難しいかもしれませんが、5分や10分だったら隙間時間でストレッチできるのではないでしょうか?習慣になってしまえば苦になることはないので、ぜひ続けてみてくださいね。

まとめ:バストアップは一日にして成らず!


いかがでしたでしょうか??運動が苦手だったり、普段身体を動かす機会がなかなか作れないかもしれませんが、今回ご紹介したストレッチは自宅でテレビを見ながらや寝る前などにお手軽にできるので、家事に仕事に忙しい女性でも続けやすいかと思います。バストアップは一日にしてならず!コツコツとバストケアを継続して、ツンと上向きなふんわりとボリュームのあるバストを目指しましょう!!