胸に脂肪注入するときのメリット・デメリットは?しこりや激しい痛みを感じることも!? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

胸に脂肪注入するときのメリット・デメリットは?しこりや激しい痛みを感じることも!?

バストアップを手っ取り早く叶えてくれる方法と聞いて、思い浮かぶのが豊胸手術。豊胸手術には、インプラント(バッグ)を挿入したり、ヒアルロン酸を注入するなどなどさまざま方法がありますが、その中でも、人に気づかれないぐらい感触も動きも自然なバストに仕上がるのが、脂肪注入豊胸術です。吸引する脂肪量によって、1.5~2カップアップまでのバストアップが望めるとのこと!今回は、脂肪注入豊胸術の内容と効果、そして術後の注意点について解説していきたいと思います。豊胸手術に興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

脂肪注入豊胸術の内容と効果


まず気になるのが、脂肪注入豊胸術の内容ですよね。脂肪注入豊胸術の方法や効果はどのようなものなのでしょか??手術の方法や注意点などをまとめました!!

体から採取した脂肪を胸に注入する

脂肪注入豊胸術とは、自分の身体にある余分な脂肪を吸引して、バストに注入する方法です。ヒップやウエスト、太ももなど、特に脂肪の多いところならどこでも吸引可能なので、バストアップすると同時に気になる部分のシェイプアップも実現できます。バストに注入する脂肪の量は左右合わせて400cc程度でで、細身で脂肪の少ない人は難しい場合も・・・。一方で、脂肪量が多い人は2回目の注入も可能な場合があります。

定着率が高いのはコンデンスリッチ法

コンデンスリッチ脂肪注入は、吸引した脂肪からしこりの原因になる死活・老化細胞などの不純物を除去し細胞を濃縮した新鮮なコンデンスリッチファットだけを注入する施術法で、定着率が高く、しこりが出来にくいのが特徴です。コンデンスリッチ脂肪注入はまず、採取した脂肪注入から死活細胞や水分を取り除きます。この時、老化細胞も除去するので密度が高くなり、定着率が高くなるのです。1.5〜2カップのバストアップが期待できるほか、術後に近い状態をキープできるというメリットも。

日帰りで施術可能

手術時間にかかる時間は、約1時間と比較的短く、カウンセリングに続けての豊胸手術で日帰りが可能です。ただし、脂肪を採取する箇所が多いと時間がかかる場合があるようです。

自然な仕上がりで傷跡もほとんど残らない

自分の脂肪を使用するため、さわり心地や見た目が自然に仕上がり、また、メスを使わないので傷跡もほとんど残らないのが大きな特徴です。採取した脂肪を、バランスを見ながらバージスラインに沿って、2~3ミリの穴から脂肪を注入していくので、パートナーにもバレないぐらい自然な仕上がりになります。

脂肪注入豊胸術にかかる費用

豊胸手術は主に美容目的で行われる手術のため、険適用外の自由診療となるので注意が必要です。かかる金額は33万〜168万円と、クリニックによって大きく差があります。費用はカウンセリング時にしっかりと確認しておきましょう。脂肪注入豊胸術にかかる費用は、決して安くはない金額なので、あまりにも低価格すぎる場合は、なぜ安いのかを確認し、逆に高すぎる場合は適正な金額なのかを調べることをおすすめします。

>脂肪注入豊胸術が向いている人

胸の皮膚が柔らかく、注入するための十分な脂肪が確保できる場合は脂肪注入豊胸術が向いていると言えます。反対に、胸にハリがあって皮膚が伸びない人や十分に脂肪がとれないぐらい痩せている人は向いていないかもしれません。また、タバコを吸う人は細かい血管への血のめぐりが良くないため、脂肪が生き残るための血液のめぐりを十分に供給できなく、定着率が悪いようです。

脂肪注入豊胸術の手術後の注意点


手術を受けた後の生活に影響することもあるので、脂肪注入豊胸術を受ける前に術後の注意点も確認しておきましょう。

術中は痛みがないが術後1〜2週間は注意

「手術」と聞いて不安になるのが、痛みがあるかどうかですよね。脂肪注入豊胸術の場合、脂肪を吸引する胸に関しては皮膚を切るわけではないのでほとんど痛みはなく、少し腫れて熱っぽい状態になります。赤みはだいたい2週間ぐらい、腫れは1か月ほどで落ち着いてくるようです。胸部に関してはそれほど痛みはないのですが、脂肪を採取した脂肪吸引部に関しては強い筋肉痛のような痛みが術後3日間ぐらい比較的強く現れます。初めの2~3日がつらいようですが、徐々に痛みは消えていきます。クリニックから痛み止めが処方されますが、なくなってしまったら市販の痛み止めを服用しましょう。お仕事をしている場合は、3日ぐらいはお休みを取った方が良さそうです。

術後の過ごし方

脂肪注入豊胸術を受けた場合、術後の過ごし方も普段とは異なります。まず、シャワーは3日後から、入浴は1週間後からOKということになります。また、術後3か月は注入された脂肪の血行を良くするために、バストが圧迫されない状態をキープする必要があるので、ブラジャーを着けてはいけません。胸が圧迫されるのを避けるために、うつ伏せで寝るのも避ける必要があります。そして、術後1年半はダイエットは禁止です!!理由は、身体が外科手術で受けた傷の回復をさせる期間だからです。同時に、胸に注入した脂肪が定着するにも最低3か月ぐらいかかるので、術後のダイエットはNGだというわけです。

脂肪注入豊胸術で知っておくべきこと

豊胸手術を受けるという場合、わからないことや不安なことは解消してから手術を受けるようにしましょう。今度は、脂肪注入豊胸術で知っておくべきこと
について解説いたします。

どのくらいバストアップするか予測出来ない

豊胸手術でどのくらいバストアップしたいかというのは、それぞれご自身の中で理想があるかと思いますが、脂肪注入による豊胸手術では、手術後どのくらいの大きさになるかを予測することができません!!その理由は、バストに注入された脂肪は全部バストの脂肪として残るわけではなく、吸収されてなくなる分もあるからです・・・。なので、どのくらい脂肪が残るかは個人差があるため手術を行ってみないとわからないのです。「思っていたよりも大きくなった!」という場合もあれば、「効果が物足りない・・・」と感じてしまうこともあるようです。

脂肪注入豊胸術の効果を高めるために

手術自体は医師に任せるしかないですが、術後、脂肪注入豊胸術の効果を高めるポイントがあります。一つは、胸を揺らしたり押さえつけたりしないということです。胸を押さえつけたり揺らしたりしてしまうと、脂肪の定着率が悪くなってしまいます。運動は避けて、ノンワイヤーのブラやバッド入りのキャミソールなどでしばらくは過ごしましょう。もう一つは、脂肪吸引した部位は圧迫するということです。脂肪吸引した部位は細くなるので、術後に圧迫することでよりしっかりとした効果を出すことができます。手術を受けたクリニックで指導を受けることができたり、圧迫用の下着を着用する場合があります。

脂肪注入豊胸術のデメリット

脂肪注入豊胸術はあくまでも「手術」なので、デメリットももちろんあります。例えば、胸にしこりができてしまう場合があったり、脂肪を採取した部分がでこぼこになるケースも・・・。バストだけでなく、脂肪を吸引した部分にも術後の影響が及ぶ可能性があるのが、脂肪注入豊胸術の特徴です。これらのリスクを低減させるには、脂肪幹細胞注入法などの定着率の高い脂肪注入法を行ったり、脂肪をひと固まりにせず、いくつかの部位に分けて注入するなどの対策があります。

まとめ:医師と相談し納得した上で脂肪注入豊胸術を受けよう


今回は、脂肪注入豊胸術の内容と効果、そして術後の注意点について解説しましたが、いかがでしたでしょうか??即効性という点では脂肪注入豊胸術を含む豊胸手術に勝る方法はないですが、一方でかかる費用やリスクについても正しく理解しなければいけません。同時に、クリニック選びやドクターを決めることも豊胸手術で理想のバストを手に入れるカギとなるので、いくつかのクリニックへ直接行ってカウンセリングを受けてみることをおすすめします。豊胸手術をお考えの場合は、手術の内容や金額、術後についてまでよく相談し、納得した上で受けるようにしましょう。