クーパー靭帯って…なに?きれいな胸を保つ大事な靭帯 – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

クーパー靭帯って…なに?きれいな胸を保つ大事な靭帯

年齢を重ねると共にバストのハリがなくなったり、垂れてきてしまうのは、女性にとっては深刻なお悩みですよね。産後、授乳などで「胸がしぼんでしまった」「バストが垂れてきた」なんて声もよく聞きます。上向きの美しいバストをキープするのに重要なカギとなるのが、「クーパー靭帯」です。あまり聞きなれない言葉ですが、きれいなバストを保つのに大切な靭帯なのです。今回は、そもそもクーパー靭帯とは何か?という事と、クーパー靭帯を守るために気をつけるべきポイント、そして、クーパー靭帯を守るためのトレーニングに関してもご紹介して行きたいと思います!!バストのお悩みっていろいろありますが、特に「最近バストが垂れてきた・・・」「上向きのバストをキープしたい!」なんて方は要チェックです!

クーパー靭帯とは?


「クーパー靭帯て何?」「どんな役割があるの?」とクーパー靭帯にまつわる疑問てたくさんあるかと思います。まずは、それらの疑問を一気に解決しちゃいましょう!!

不細工お胸の原因はクーパー靭帯にあり

重力に負けて垂れてきてしまっているバストや、ハリのないバストの原因はご存知ですか?実は、それらの原因はクーパー靭帯にあるのです。バストの内側から支えてくれているクーパー靭帯は、様々な原因で伸びたり切れてしまったりしてしまいます。クーパー靭帯がダメージを受けることで、バストが垂れて位置が下がってきたり、ハリがなくなってしぼんでしまうというわけです。

クーパー靭帯の役割

バストの中には複数の乳腺があり、その周りに脂肪組織がついています。クーパー靭帯は、胸筋や皮膚、乳腺や脂肪組織とつながっていて、バストの中の組織を吊り上げてハリと丸みのあるバストの形や、バストの位置を保ってくれる役割があります。

知らないうちに切れているかも

上向きのきれいなバストをキープするために欠かせないクーパー靭帯ですが、知らないうちに切れたり伸びたりしてしまっている可能性があります。脚など他の靭帯であれば、ダメージを受けると痛みを感じますが、クーパー靭帯が切れたとしても特別に痛みは感じないので、もし切れたとしても気づかないのです。また、一度切れたり伸びたりしてしまうと、修復することはできません。

小さい胸だからって油断しないで

「私は垂れるほど胸がないから大丈夫!!」なんて思ったりしていませんか??Aカップの小さいバストでも油断は禁物です。確かに、バストが大きい人よりは目立ちませんが、目立っていないだけかもしれません・・・。小さい胸でも、乳腺があったりクーパー靭帯があったりとバストの中の組織は同じなので、小さいバストだからって絶対に垂れないとは言い切れないのです。

デコルテにも影響が

クーパー靭帯がダメージを受けてしまうと、「第二の顔」とも言われるデコルテにも影響が・・・。ハリのあるデコルテは、美しくて若々しい印象を与えてくれますが、クーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまうとバストが下垂してしまうためバスト上部のお肉が引っ張られ、骨が浮き出た貧相な印象のデコルテラインになってしまいます。一度そうなってしまうと、元通りに戻すのは難しいので、美しいデコルテをキープするためにもしっかりケアが必要です。

何気ない行動がクーパー靭帯を傷つけている


クーパー靭帯が伸びたり切れたりなんて、聞いただけで恐ろしいですよね・・・。しかし、どんな時にクーパー靭帯がダメージを受けてしまうかご存知ですか?実は、日常生活の中でクーパー靭帯が損傷してしまっている可能性があるのです。例えば、サイズの合っていないブラジャーを着けていることでバストの重みをサポートしきれなかったり、夜寝る時にノーブラだと寝返りの度にいろんな方向へバストが揺れてしまうので、クーパー靭帯が損傷している可能性大なのです!!

合わないサイズのブラはやめる

サイズが合っていないブラジャーを着けていると、バストがきれいに見えないだけでなく、クーパー靭帯にも影響が出てきます。サイズがゆるい場合だと、バストがカップの中で動いて不安定な状態になるので、振動や重力によってクーパー靭帯がダメージを受けてしまいます。反対に、サイズがキツイ場合だと締め付けによる血行不良でコラーゲンなどの栄養が不足してしまい、クーパー靭帯が衰えてしまう可能性も。

ノーブラでいる時間は少なくする

「家にいる時は、リラックスしたいらノーブラで過ごしている」なんて方も多いかもしれませんが、無防備なノーブラの状態でいる時間が長いと、クーパー靭帯はどんどん伸びてしまいます。バストを支えているブラジャーは、思っている以上にバストにかかる負担を減らしてくれているのです。

背中の脂肪はもとは胸だったかもしれない

「最近、体重はそんなにかわらないのにブラジャーのアンダーがキツイ・・・」なんて方は、もしかしたらバストのお肉が背中へ流れてしまったのかもしれません!!バストは90%が脂肪でできていて、残りは乳腺です。「夜寝る時はノーブラ!」なんてことを続けていると、バストの脂肪が知らず知らずのうちに脇や背中、お腹などバスト周辺へ流れてしまうのです。「ちょっと背中にお肉ついたかな?」と思っても、実はそのお肉、もともとは胸にあったものかもしれませんよ・・・?

普段ブラでスポーツはやめて

ランニングなどバストが大きく揺れるようなスポーツをしている方は、きちんとスポーツブラ着けてますか?ランニングなどで走ったりジャンプするようなスポーツをすると、バストが大きく揺れるのでもちろんクーパー靭帯にも大きな負担がかかります。特に最近人気のランニングはバストが9㎝も上下するとのこと!!このようなバストの揺れは下垂の原因になります。

妊娠や授乳でも切れる

授乳を機にバストのハリがなくなってしまったり、下垂が気になり出す方って多いですよね。妊娠すると、バストは授乳に備えて一時的に大きくなります。すると、その重みでクーパー靭帯が引っ張られ、伸びてしまうため授乳後にバストが垂れてしまうというわけです。バストは授乳のたびに大きくなったり小さくなったりを繰り返すので、授乳期間が終わるとしぼんでしまい、ハリのないバストになってしまうのです。

コラーゲンの減少と肌のたるみを解消

バストの垂れやハリの減少は、もちろん加齢も関係しています。その理由が、コラーゲンの減少。クーパー靭帯の主成分であるコラーゲンは25歳から減り始め、40代からは急激に減少していきます。コラーゲンが減少するとクーパー靭帯の強度が弱くなるので、伸びやすくなってしまうのです。また、年齢を重ねると共に皮膚の水分量なども減っていくため、肌は固くなり、ツヤやハリも失われてしまいます。

間違ったマッサージを続けると大変なことに

バストアップ効果を期待してバストマッサージを行っている方も多いですよね!しかし、せっかくのバストアップマッサージも、間違った方法で行うとクーパー靭帯にダメージを与えてしまうことになります。マッサージをする際は、上下に揺らさないこと、そして力を入れ過ぎないことに注意して行うようにしましょう。

ナイトブラと普通のブラの違い


みなさん、夜寝る時はナイトブラ着けていますか?「ナイトブラって何?」「普通のブラとどこが違うの?」とノーブラ派の多くの人が疑問に思っていることを解説していきます!!

ナイトブラを選ぶ理由

「寝ている時になんでブラを着ける必要があるの?」と思われるかもしれませんが、バストにとって、立っているときと寝ている時では重力のかかる向きが違うことはご存知ですか?日中に着けるブラは主に縦の揺れを防いでバストの形をきれいにキープしてくれる役割があります。一方で、ナイトブラは寝ている間に前後左右、うつ伏せの時にもバストに重力がかかりますが、そういった時にも形をキープして垂れたり脇などへ流れてしまうのを防ぐ効果があるのです。

バストアップ効果も得られる

個人差はありますが、ナイトブラにはバストアップ効果が得られる場合も!!寝ている間もバストの形をキープしてくれるということは、周りからも寄せて集めた脂肪をナイトブラの中に収めておけば、ナイトブラが周りのお肉もバストとして記憶してくれる可能性があるのです。バストをやさしく守ってくれるだけでなく、バストアップ効果も実感出来たら嬉しいですよね。

素材の選び方

寝る時に着けるものなので、着け心地や肌への負担を考えると、素材の選び方が重要になってきます。素材が肌に合わないと、あせもや湿疹、かぶれや痒みなどの肌トラブルの原因になってしまいます。通気性や吸湿性の良い素材がおすすめなのですが、その中でもコットン素材がイチオシです。コットンは、繊維の先端が丸いので、肌への刺激が少なく肌触りが良いのが特徴で、敏感肌やアレルギー肌の人でも安心して使用できる素材なのです。通気性が良く吸水性に優れている他にも、夏は涼しく冬は暖かいので年中使えるのもポイントです。次におすすめなのが、シルク素材のもの。通気性や吸湿性に加えて保温性が高く、肌になじみやすいのがポイントです。シルクの主な成分はタンパク質で、人間の皮膚の成分ととてもよく似ているので、肌トラブルが起きにくいのです。ただし、シルクはデリケートな素材なので、お手入れする際は注意が必要です。

自分にあったサイズ

ナイトブラを選ぶうえで、自分に合ったサイズを選ぶことはとても大切です。自分のサイズに合っていないと、せっかくのナイトブラの効果も台無しになってしまいます。。例えば、サイズが小さいと体が締め付けられてしまうため、血行不良の原因に。反対に、サイズが大きいとバストのお肉が流れてしまうのを防ぐことができなくなってしまうので、胸の形を綺麗に保つことができず形が崩れてしまいます。

機能は目的にあったものを

ナイトブラと言っても、デザインや機能はメーカーによって様々です。「とにかく、きれいなバストをキープしたい!」「毎日着けるものだから、可愛いデザインじゃないとイヤ!」など目的も様々ですよね。何に特化しているのかは商品によって異なるので、ナイトブラの機能は目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

合っていなければスポーツブラの意味はない


ランニングやヨガなど、スポーツをしている時のバストの揺れは普通のブラジャーでは支えきれないので、スポーツをする際はきちんとスポーツブラを着けましょう。しかし、スポーツブラだったら何でもいいというわけではありません。スポーツブラを選ぶ際のポイントをまとめました。

スポーツブラを選ぶ理由

スポーツブラを選ぶ際にチェックしたいのが、きちんとバストの揺れを防いでくれるかどうか、身体にフィットして動きやすいか、そして、汗の吸収や速乾性に優れているかです。自分に合ったスポーツブラを着けていると、バストの揺れを防いでくれるのはもちろん、胸が揺れるのを気にする必要ななくなるのでスポーツそのもののパフォーマンスの向上にもつながります。

サイズ選びが最も重要

通常のブラやナイトブラを選ぶ際と同様に、スポーツブラもサイズ選びがとても重要です。サイズが大きいと、スポーツブラと胸の間に隙間ができてしまうため胸が揺れて、スポーツブラの「胸の揺れを抑える」という目的を果たすことができません。また、スポーツブラと胸の隙間によって摩擦が起き、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。反対に、サイズが小さい場合は胸を潰してしまうことになるのでバストの形が崩れたり、締め付けによって体調不良やストレスの原因になることもあります。

スポーツシーンによっても使い分けて

ランニングやテニスなど比較的激しい運動や、ウォーキングなどのゆっくりとした運動など、スポーツにはいろんな種類がありますよね。体をどのように動かすのかによって揺れや胸の動き方も変わってくるので、スポーツシーンによって使い分ける必要があります。シーン別に探してみると、理想の商品が見つけやすいので、行う運動の種類が決まっているのであれば、それに合わせて購入しましょう。

普段の何気ない行動でも変化が

普段の日常生活の中でも、クーパー靭帯に良い影響を与えることがあります。簡単にできることをご紹介!!

正しい姿勢で筋力低下を防ぐ

姿勢が悪いと、バスト周辺の筋肉が緩んでしまうため、クーパー靭帯をサポートする胸筋が衰えてしまいます。特に、猫背の状態が続くとバストが下向きになり重力の影響を受けやすくなることも・・・。さらに、姿勢が悪いと血行不良を引き起こすので、バストに酸素や栄養素が十分に届かなくなってしまいます。デスクワークや長時間スマホを使用していると、つい姿勢が悪くなってしまうので、気をつけましょう。

女性ホルモンでハリを出す

ハリの低下は、女性ホルモンと深く関わってきます。女性ホルモンを増やすには、バランスの良い食事が一番です。おすすめなのが、納豆や豆腐などの大豆製品。大豆に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」によく似た働きをし、エストロゲンの手助けをしてくれるのです。食事でとるのが難しい場合は、サプリメントを利用するのも◎

鍛えれば守れるクーパー靭帯

クーパー靭帯は、一度切れたりするともう元には戻らないのは事実ですが、鍛えればクーパー靭帯をある程度守ることは可能です。クーパー靭帯自体を鍛えることはできませんが、バスト周りの筋肉を鍛えれば、周りから補強することはできます。。クーパー靭帯を守るためのトレーニングを二つご紹介いたします!!

大胸筋トレーニング

バストの奥あたりにある筋肉が大胸筋です。この筋肉は胸を支えてくれる役割があり、クーパー靭帯を守ることも可能です。大胸筋を鍛えるには、合掌のポーズで筋トレを行う方法がおすすめです。1セットを一日3~4セット行えば、少しづつ大胸筋が鍛えられてきます。
<大胸筋のトレーニング>
1.胸の前で手を合わせ、手を押し合うようにして10秒間キープします。
2.合わせた両手を右のバストトップの前に持っていき、同じく手を押し合って10秒間キープ。
3.同様に左のバストトップに移動させて10秒間キープします。

小胸筋トレーニング

小胸筋は、肩甲骨から肋骨にかけて存在している筋肉です。この筋肉が胸を吊り上げ、後ろに流れないよう支えてくれています。小胸筋は、肩甲骨周りにある菱形筋と呼ばれる筋肉と深く関係しているので、小胸筋を鍛える筋トレは菱形筋をほぐす運動と一緒に行うとより効果的です。一日5セットが目標です。
<小胸筋のトレーニング>
1.まず、後ろ手で台などに手をつきます。
2.肘を伸ばした状態からゆっくりとお尻を下げ、腕を曲げていきましょう。

まとめ:正しいブラを選ぶことできれいな胸は作れる


今回は、クーパー靭帯を守るために気をつけるべきポイント、そして、クーパー靭帯を守るためのトレーニングに関して解説しましたが、いかがでしょうか??上向きの美しいバストをキープするのは、クーパー靭帯を守ることが欠かせません。そのためには、夜寝る時にはナイトブラを、スポーツをする時にはスポーツブラを着けるなど、その場面に合った正しいブラを選ぶことが、きれいな胸を作る近道なのです。シーンと自分の体に合ったブラを選んで、上向きのきれいなバストを手に入れましょう!!