バストアップマッサージ。効果的にバストアップを目指そう – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

バストアップマッサージ。効果的にバストアップを目指そう

小さいバストでお悩みの皆さんは、どんな対策をしていますか?バストアップ効果のあるブラを着けたり、ナイトブラも効果的なのですが、バストそのものを大きくしてボリュームアップさせるためには、バストアップマッサージが効果的なんです!今回は、バストアップマッサージの方法についてご紹介していきます。バストアップしたい方はもちろん、バストにハリを持たせたい方もぜひチェックしてみてくださいね!

バストマッサージの効果


「バストアップマッサージって効果あるの?」「気休めなのでは?」
という方も多いかもしれませんね。
まずは、バストアップマッサージをすると、どんな効果があるのかを見てみましょう。

ホルモンバランスを整える

バストアップマッサージをすると、ホルモンバランスを整えることができるのです。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンがあり、
そのうちの一つであるエストロゲンには、乳腺を殖やす働きがあります。
乳腺が発達すると、その乳腺のまわりに脂肪が付きやすくなり、
結果的にバストが大きくなるというわけです。

病気の早期発見も

自分の胸を意識して触ることで、乳がんのセルフチェックにも役立ちます。
いつもは何もない部分にしこりを見つけるなど、病気の早期発見につながるのです。
美しくなるためには、まず第一に健康でなければいけませんよね。
バストアップ効果を実感しつつ、セルフチェックも行いましょう。

バストマッサージをするときのポイント

バストアップマッサージは、ただ適当にマッサージしていては
なかなか効果を実感出来ないばかりか、クーパー靭帯に負担をかけてしまって
逆効果になってしまう場合も・・・。
ここでは、バストアップマッサージをするときに思い出してほしいポイントをまとめました!

ベストタイミングはお風呂に入っているとき

バストアップマッサージは基本的にいつ行ってもOKなのですが、
お風呂の中やお風呂上り、もしくは寝る前のリラックスタイムに行うのが
ベストタイミングです。
お風呂の中やお風呂上りは身体が温まっている状態で血行が良くなっている状態なので
より効果的です。
また、夜寝る前に行うことで睡眠中のホルモン分泌の助けになると言われています。

オイルやクリームを使う

マッサージするときは、必ずマッサージオイルやクリームを塗ってから行いましょう。
肌の滑りを良くしておくと、マッサージがスムーズにできますし、
肌を傷めてしまう心配もありません!
オイルやクリームをつけたら、マッサージは5分程度行います。
バスト専用のアイテムを使うと、より効果的です。

マッサージのし過ぎに注意

バストアップするために、がんばってマッサージするのは良いのですが、
マッサージのし過ぎに注意してください。
長い時間行ったり、力が強すぎてしまうと、
バストを内側から支えているクーパー靭帯に負担がかかってしまう事があります。
時間を決めて、優しい力加減で行いましょう!!

自分で出来ないならサロンなどの利用も

エステサロンなどでプロの手を借りるのも一つの方法です。
バストに関するプロなので、どんなささいな悩みや相談にも答えてくれるでしょう。
ただし、体調が悪い時や肌トラブルがある場合は施術できない場合が多いので、
注意してくださいね!

バストマッサージの方法


自己流でバストアップマッサージを行っている方もいるかもしれませんが、
もしそれが間違った方法だと逆効果になってしまうことも!
ここでは、バストのお悩み別に正しいバストアップマッサージの方法を解説します!

バストラインにメリハリを持たせたい場合

バストラインがぼやけてくると、一気に老けた印象のバストになってしまいますよね。
バストラインにメリハリを持たせたいなら、バージスライン
くっきりさせる必要があります。
バージスラインに沿って、胸の外側から内側へ向かって、
半円をかくようにマッサージしましょう。

流れたお肉を集めて大きくしたい場合

バストはその90%が脂肪でできているため、ケアを怠ったり油断していると
どんどん脇や背中の方へ流れてしまいますよね。
流れてしまったお肉をバストに戻してバストアップを狙う場合は、
両側の脇肉を持ち上げて、中央の方へ寄せるように流していきましょう。
脂肪は移動することができるので、マッサージを続けているうちに
徐々に元の位置に戻ってくれるでしょう。

リンパ線や乳腺を刺激してボリュームアップ

リンパを流すことによって老廃物を排出しやすくなるので、
女性ホルモンの分泌や流れを良くする効果があります。
また、乳腺を刺激するとバストに脂肪がつきやすくなるので、
バストアップに効果的!
ポイントは、片方ずつ救い上げるように上へマッサージすることです。

小胸筋を鍛えて垂れを防止

「バストアップのための筋トレ」と聞くと、バストの土台である大胸筋を
思い浮かべますが、小胸筋というバストを上に吊り上げている筋肉もとても重要!
小胸筋が凝り固まってしまうと、離れバストや垂れバストの原因になってしまうのです。
そこでおすすめなのが、小胸筋マッサージ!
人差し指と中指の腹を使い、鎖骨のすぐ下のラインを
ゆっくりと押しまわすように刺激しましょう。
左右の鎖骨1分ずつ行ってください。

バストマッサージ以外のケア方法

バストマッサージは直接乳腺を刺激したり、リンパの流れを良くして
女性ホルモンの分泌を助けるので非常に有効な方法ですよね。
しかし、さらに相乗効果を狙えるケア方法をご紹介します。

睡眠不足を解消する

意外かもしれませんが、睡眠不足は貧乳の原因の一つなのはご存知ですか?
睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れてしまい、バストアップに必要な
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が少なくなってしまうのです。
バストアップのエクササイズやマッサージを毎日頑張って行っていても、
睡眠不足が続いていたら台無しになってしまいますよね・・・。

自分にあったブラジャーを選ぶ

自分のバストに合ったブラジャーを選ぶことも大切です。
バストが小さくてお悩みの方におすすめなのは、脇高になっているブラジャー!
脇の部分に高さがあると、脇の高さが低いものよりもバストをより多く寄せ上げてくれます。
また、脇のハミ肉に悩まされることもありません!
姿勢やスタイルも良く見えるので、おすすめです。

ナイトブラを使用する

美意識の高い女性の間では当たり前になっているナイトブラですが、
その効果をご存知でしょうか?
寝ている状態のバストは、寝返りする度にあらゆる方向へ流れてしまいます。
しかし、ナイトブラでバストを優しく支えていれば、お肉が脇などへ流れるのを予防したり、
バストを正しい位置に固定しておくことができるのです。

サプリメントも使ってみる

手軽に取り入れる事で人気な方法が、サプリメント!
不足した栄養素を摂取することができたり、バストアップ効果が期待できるサプリもあります。
バストアップ効果のあるサプリは、女性ホルモンと似たような働きをする成分や
女性ホルモンの分泌を助ける成分が含まれているため、バストアップを後押ししてくれるのです。

まとめ:マッサージや色んな方法でバストアップを目指そう


今回は、バストアップマッサージの方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
バストアップするにはさまざまな方法があるので、自分に合った方法を見つけて
コツコツ続けることが大切です。
今日からできることを初めて、バストアップを目指しましょう!!