胸を大きくする食べ物ってあるの? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

胸を大きくする食べ物ってあるの?

バストアップマッサージや筋トレ、育乳ブラなどバストアップにはいろんな方法がありますが、一番身近でお手軽なのは食事による方法ではないでしょうか??私たちの身体は、毎日の食事から摂る食べ物でできていますよね。なので、今行っているバストアップ方法にプラスして取り入れるだけで、嬉しい効果が期待できるのです。今回は、どのような食材を積極的に摂ったらバストアップに効果的なのかをご紹介したいと思います。日々バストアップのために努力している方は必見です!!

胸が大きくなるのに必要な食べ物


まずは、胸が大きくなるために効果的な食べ物をご紹介いたします。身近で手に入りやすいものばかりなので、さっそく今日から取り入れてみましょう!!

イソフラボンの含まれる大豆食品

バストアップに欠かせない代表的な栄養素と言ったら、イソフラボン!!イソフラボンは豆腐や納豆、味噌などの大豆製品に多く含まれているので、日本人にとっては摂りやすい栄養素なんです。いつもの食事に納豆やみそ汁をプラスすれば簡単に取り入れる事ができます。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た
働きをするので、バストの脂肪を増やしてくれる効果が期待できます。女性ホルモンのエストロゲンは、乳腺の発達に働きかける作用があります。乳腺が発達すると、それに伴ってバストの脂肪の量も増えるというわけです。

ボロンが豊富に含まれるキャベツ

あまり聞きなれない栄養素ですが、ボロンは女性ホルモンのエストロゲンを増やしてくれる効果があるので、バストアップにとても効果的な栄養素なのです。エストロゲンが増えることで乳腺が発達して脂肪量が増えてバストアップが期待できるようになります。キャベツに多く含まれていて、非加熱で食べるのがおすすめなので、サラダに摂れ入れてみてはいかがでしょうか??

たんぱく質の豊富な鶏肉

バストアップにはたんぱく質も必要です。中でも、良質なたんぱく質が含まれている鶏肉は積極的に取り入れたい食材です。たんぱく質がバストアップに効果的な理由は、女性ホルモンの分泌を促進することと、筋肉を作るもととなることが挙げられます。女性ホルモンの分泌を促してくれるということは、乳腺の発達を助けてバストの脂肪が増えることにつながりますし、筋肉を作るもととなるということは、バストの土台である大胸筋がきちんとつくのを助けてくれます。

ポリフェノールが豊富なザクロ

アンチエイジングフルーツとして話題のザクロですが、バストアップにも効果が期待できます。ザクロには、ビタミンCとビタミンB6、そしてポリフェノールが多く含まれていて、それらの栄養素はバストアップを助けてくれる効果があります。まず、ビタミンCはバストを内側から支えているクーパー靭帯を強化する働きがあり、ビタミンBはバストアップに必要な女性ホルモンの分泌を促してくれます。また、ポリフェノールは抗酸化作用があり、細胞や血液を若々しく健康な状態に保ってくれる働きがあります。血流が良くなることで女性ホルモンの分泌が促されたり、栄養素がバストまできちんと届くことが可能になるというわけです。

アミノ酸が豊富なマグロ

お寿司のネタとして人気のマグロですが、バストアップ効果もあるなんて嬉しいですよね!!バストの土台となっていているのは、大胸筋という筋肉です。マグロには、筋肉の成長に必要なタンパク質とアミノ酸が豊富に含まれているため、バストアップに効果があると言われているのです。ダイエットやバストアップを狙うなら、トロよりも、赤みの部分がおすすめです。

ビタミンEが豊富なアボカド

「森のバター」とも言われているアボカドは、その名の通り栄養豊富な食材です。特に、アボカドに多く含まれているビタミンEは抗酸化作用、アンチエイジング作用があり、細胞や血液が錆びるのを防いでくれる効果があります。また、ビタミンEにはホルモンバランスを整える作用があり、女性ホルモンのエストロゲンを活性化する働きも。女性ホルモンが活性化するということは、乳腺が発達してバストに脂肪がつきやすくなりますよね!

栄養バランスに優れたチーズ

チーズは栄養バランスに優れた食材で、特にたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質がバストアップに効果的な理由は二つあり、一つは、女性ホルモンの分泌を促す働きがあるということです。女性ホルモンのエストロゲンは乳腺を刺激する作用があり、乳腺が刺激されるとバストに脂肪がつきやすくなり、バストアップにつながります。二つ目の理由は、たんぱく質がバストを支えている大胸筋を作る役割をしているという点です。バストの土台である大胸筋が弱くなってしまうと、バストを支えきれずに垂れてきてしまいますよね・・・。たんぱく質を摂って、大胸筋を鍛える事がバストアップに役立つのです。

胸を大きくするのにおすすめな飲み物


次は、バストアップに効果的な飲み物をご紹介いたします。食べ物で摂りそこねてしまっても、飲み物だったら仕事中や家事の合間でも簡単に取り入れる事ができますよね!!

亜鉛が含まれるマテ茶

マテ茶とは、アルゼンチンやパラグアイ、ブラジル、ウルグアイなど南米で日常的に飲まれているお茶のことです。「飲むサラダ」とも言われているマテ茶は、ビタミンやミネラルがとても豊富で、その中でもバストアップに効果的なのが亜鉛です。亜鉛は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌や、タンパク質の合成と関係のあるミネラルです。亜鉛は食事から摂るのはなかなか難しい栄養素なので、マテ茶で補うのがおすすめです。

バストアップ効果のある豆乳

良質なたんぱく質を含んでいる豆乳は、イソフラボンを多く含んでいるため、バストアップに効果的な飲み物です。豆乳にはイソフラボンが含まれていて、食物では大豆が最も多くイソフラボンが含まれています。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、バストアップ効果が期待されています。腹持ちもいいので、ちょっと小腹がすいた時や、おやつ代わりにしてもいいですね。

抗酸化作用があるルイボスティー

ルイボスティーは、ポリフェノールや活性酸素分解酵素を多く含んでいるので、血流を良くして冷えの改善にも役立ちます。さらに、女性ホルモンを整える作用があるため、バストアップにも効果的です。ノンカフェインなので、寝る前のリラックスタイムに飲んでもOKです。

胸を大きくする食べ物の食べ方の注意点

食べるだけでバストアップするなんて嬉しい限りですが、食べ方にはいくつか注意点もあります。毎日の食事に取り入れる前に、必ずチェックしておきましょう!!

イソフラボンの摂取しすぎに気をつける

大豆イソフラボンには1日の摂取目安量があり、過剰摂取にはリスクがあります。大豆イソフラボンの1日の摂取目安は75mgで、この量は食事から摂る量であり、サプリを飲む場合は摂取量に注意しなければいけません。イソフラボンを大量に摂取してしまうと、脳がエストロゲンが過剰分泌していると判断してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまう危険性も。

同じ食品ばかり食べない

どのような食材や成分でも、それだけに偏っては健康的ではないですよね。例えば、イソフラボンだけひたすら摂取してもバストアップは叶いません。バストのもとになる脂肪や、筋肉を作るためのたんぱく質など、いろんな食材をバランスよく摂ることがバストアップへの近道です。

ボロンが含まれるものは過熱しない

ボロンは熱に弱いという特徴があるため、焼いたり煮たりと加熱処理をしてしまうとボロンをしっかりと摂取することが難しくなり、バストアップ効果も減少してしまいます。また、ボロンには空気中で酸化しやすいという性質もあるため、調理後すぐに食べるようにしましょう。

胸が小さくなってしまう食べ物や飲み物

バストアップを後押ししてくれる食べ物や飲み物がある一方で、バストを小さくしてしまう食べ物や飲み物もあるのです。バストアップ効果を狙って食事を選んでいても、知らず知らずのうちに反対の作用がある食べ物を食べてしまっては台無しですよね・・・。胸を小さくしてしまう食べ物、飲み物も併せてチェックしておきましょう!!

カフェインの含まれるコーヒー

朝起きた時やお仕事の合間にコーヒーでほっと一息つく方も多いですよね。しかし、残念ながらコーヒーは胸を小さくしてしまう飲み物なのです。その理由は、コーヒーに含まれるカフェイン。コーヒーを一日3杯飲む女性は飲まない女性に比べて17%も胸が小さいとも言われているのです。一方で、コーヒーは乳がんのリスクを低くする効果もあります。

インドールが含まれるアブラナ科の野菜

ブロッコリー、カリフラワーなどのアブラナ科の野菜にはインドールという成分が含まれていて、その成分が胸を小さくしてしまうと言われています。インドールには女性ホルモンの一種であるエストロゲンの過剰分泌を抑制する働きがあるため、バストの発達を抑えてしまうのです。加熱後のキャベツも要注意です!!

まとめ:栄養バランスを考えて胸にいい食べ物を取り入れよう


今回は、バストアップに効果的な食べ物や飲み物についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか??食べるだけでバストアップを後押ししてくれるなら、ぜひ今日から食事に取り入れたいですよね!!バストアップ効果を狙うなら、胸を小さくしてしまう食べ物、飲み物にも注意しましょう。そして、大切なのは一つの食材に偏らずにいろんな食材から様々な栄養素をバランス良く摂ることです。栄養バランスを考えて、バストに良い食べ物を取り入れましょう!!