高校生の胸の大きさは平均でどれくらい?あなたのサイズは? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

高校生の胸の大きさは平均でどれくらい?あなたのサイズは?

大人の一歩手前とも言える高校生!この時期の体の悩みは、特に誰にも言いにくいのでは??ましてや周りと比べてしまう年ごろでもあるので、友達には言い出すことも出来ず、親には、尚更言いづらい・・・。なんて、ひとりで抱え込んでしまいがちな悩みではないでしょうか??今回は、高校生のバスト事情について詳しくみていきましょう。

高校生の胸の大きさはどれくらい?


15歳から19歳の日本女性の胸のサイズ平均は、Bカップ!!
次に多いのがCカップになると言われています。
10代のブラジャーの購入割合を見ていくと

■AA・Aカップは、21.8%
■Bカップは、27.6%
■Cカップは、23.7%
■Dカップは、12.6%
■Eカップは、6.9%
■Fカップ以上は、3.7%

という結果になりました。
これらから見てわかることは、
BカップとCカップは全体の半数以上であるということ!
上で述べた、平均とも合致しますね。

高校生は最もバストが成長する時期

成長ホルモンの分泌が多くなる時期!!バストも大きくなりやすい!
バストアップに欠かせないのが、
成長ホルモン!!
そしてその分泌が盛んになるのが、思春期以降と言われています。
このタイミングが、成長のラストスパートとも言える時期になります。

15歳の平均は胸囲81.3cm

高校1年生の平均値!
10歳の女の子の胸囲平均は67.8cmなので、小学校高学年~中学校の5年間で
13.5cm大きくなっているのがわかります。
高校3年間ではどのぐらい胸囲は大きくなるかというと、
20代女性の平均が82.6cmですので、1.3cmほど成長すると言えます。

16歳の平均は胸囲81.8cm

高校2年生の平均値!
20代女性の平均が82.6cmなので、差は0.8cmほどになります。
高校1年生に比べて、0.5cm大きくなっているのがわかります。

17歳の平均は胸囲82.2cm

高校3年生の平均値!
20代女性の平均が82.6cmなので、差は0.3cmほどになります。
また高校2年生と比べると、0.4cm、
高校1年生に比べると1cm大きくなっているのがわかります。

高校生のブラジャーの事情とは?


発育途中に特化したティーンズブラジャーがあることを知っていますか??
意外と知られていないのが、ティーンズブラジャーの存在!
ティーンズブラジャーとは、発育途中のバストのために出来たもの!
バストの発達具合により、ティーンズブラジャーにするか
大人のブラジャーにするか調整することも大事なポイントです。

どんな物を選ぶべきか??

基準は、初潮のタイミングを見て!!
バストの成長は、大きく3段階にわかれています。
その段階によって、どんなブラジャーが適しているか?が変わってきます。
例えば初潮前では、まだバストトップの成長のみなので、
柔らかな素材で、バストトップをカバーするものがおすすめ☆
高校生となれば、大体の人が初経から1~3年は経過してるため、
バストの状態は少しずつ丸みを帯びてきます。
この時におすすめなブラジャーは、
固く膨らむバストを優しく支えるタイプの物がおすすめ!
そして、初経から3年以上たっている場合は大人のバストに近い形になっているため、
体にしっかりフィットして
動いても痛くないブラジャーを選ぶようにしましょう。

バストを大きくする方法は?


水着や洋服でもバストの大きさは気になるところ…
どうしたら大きくなるのか??
高校生のあなたでも出来ることは

■ナイトブラを付けて寝る
■正しいバストマッサージを行う
■自分の体に合ったブラジャーをつける
■場面ごとにブラジャーを変える

これらが自分で出来るバストアップの近道になります。
さて、これらを詳しくみていきましょう。

ナイトブラを着用する

10代のうちから、夜のバストケアはメリットがいっぱい!!
ナイトブラの目的は、バストアップのサポートやバストの形を整えたり
バストの成長時の痛みを和らげる効果があると言われています。
また、ナイトブラを成長期の10代のうちから着けておくことにより、
効果は大人になってから着けるよりも、大きいと言えます。
なぜなら、ノーブラで寝てしまうと成長したバストの脂肪が脇や背中の方へ流れてしまい
そのまま定着してしまうからです。
最近では夜寝る時にもナイトブラを着ける女性が増えてきているので、デザインや種類が
とても豊富です!
お気に入りのものを見つけたいですね。

バストアップマッサージを行う

乳腺を刺激するマッサージがおすすめ!!
乳腺とは、バスト内に張り巡らされている繊維束のことを差します。
バストの中身の1割が乳腺になります。
乳腺の働きは、赤ちゃんのおっぱいを作る働きがあり、とても重要な場所とも言えます。
この乳腺を守るため、脂肪が乳腺の周りにくっついているのです。
バストを大きくするには、乳腺がなぜ大事か??というと、
乳腺をマッサージすることで、乳腺が刺激を受けて発達します。
そうなると、乳腺を守ろうと、脂肪が必然的に増えるのです。

下着のサイズをしっかり合わせる

下着を買う際は、試着が鉄則!!
バストは、ホルモンの影響や体重の増減などで大きさの変化が現われやすい部分です。
そのため、新しく下着を購入する際はきちんと毎回試着をするようにしましょう。
特に成長期であれば、サイズが変化するのは当たり前のこと!
いつまでも一緒という概念は捨てましょう。
例えば、小さなブラジャーをつけているとバストは圧迫されてしまい、形が崩れてしまいます。
また、大きすぎると成長中のバストが揺れてしまい、形が崩れる原因や
バストが揺れて痛くなることにも繋がります。
今使用しているブラジャーが身体に合っているかをチェックしてみましょう!
もしチェックがついた場合は、なるべく早く買い替えることをおすすめします。

□バストとワイヤーのカーブは合っている?
□アンダーはゆるすぎない?
□バストが潰れていないか?また余っていないか?
□ブラの中央が浮いていないか?
□カップの脇からお肉が出ていないか?
□左右のバストの差には大きな方にサイズを合わせているか?

運動するときはスポーツブラを着用する

部活など、激しい運動をする時は、きちんとスポーツブラをつけて、バストの揺れを最小限に!!
成長期のバストに揺れは禁物!!
バストを支えて包み込むような、伸縮性の少ないホールドタイプのものがおすすめです☆

まとめ


高校生の時期は、バストアップの最終段階とも言える大切な期間です。
ここでしっかりバストケアをすることで、
今後大人になった時のバストに大きな違いが出てきます。
また、バストだけでなく身体も大きく成長する時期ですので、
栄養バランスのとれた食事を心がけることも大切です(*^^)v