ハリのある胸をつくるには!垂れるおっぱいを予防しよう! – シーオーメディカル<公式>通販ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

ハリのある胸をつくるには!垂れるおっぱいを予防しよう!

女性にとっても男性にとっても、ハリのあるおっぱいはとても魅力的ですよね。ですが、ハリのあるおっぱいは、どのように作ることが出来るのか??元々あまりバストは大きい方ではないけれど、それでも効果はあるのか?ハリのあるおっぱいの作り方を徹底分析していきましょう。

おっぱいが垂れる原因はこれ!


おっぱいが垂れるにはきちんと理由があったのです。
意外とみなさん知らず知らずにやってしまっていることありませんか??
一緒に確認していきましょう。

加齢によるもの

誰しも年をとるのでこれは仕方ないこと!
加齢によってバストが垂れるのは、正直誰しもが避けられない道とも言えるでしょう。
バストのハリのもとはコラーゲンと言われており、年齢を重ねることでコラーゲンは減っていくため
その影響を受けてバストにハリがなくなります。
早い人では、バストの下垂が20代の頃からはすでにはじまっていることも!
年を取らないことは無理ですが、バストの下垂は早めのケアを行うことで、
今後のバストのハリを左右するとも言えます。

クーパー靭帯が伸びたため


クーパー靭帯は、バストを吊り上げる大事な役割を持ってる!
元々クーパ靭帯は、伸びたり縮むことが出来る性質がありますが、
さまざまな要因が重なりこの機能が使えなくなり伸びきってしまうことがあります。
そうなると、当然バストのハリは失われてしまうことに・・・。
クーパー靭帯は、とても重要である組織にも関わらず、一度伸びたり切れたりしてしまうと
二度ともとには戻らないとも言われています。
これがハリのない垂れたおっぱいになってしまう要因のひとつとなのです。

出産やダイエットによるバスト変化

体重やホルモンのバランスで変化するバスト!
ダイエットをするとよくバストからなくなるなんて言葉を耳にしますよね。
そして、その反対に産後の授乳中はバストが妊娠前よりもかなり大きくなります。
女性のバストは、これらの要因で小さくもなり、大きくもなります。
授乳後多くのママが感じるのは、バストが小さくなったということ!
その理由が、ハリが失われたためなのです。
ハリはどうして失われてしまったか?というと、妊娠中の短期間で大きくなったバストの重さに
クーパー靭帯が耐えれなくなり伸びてしまう、または切れてしまった結果、
バストが垂れて小さく見えるということになるのです。

ブラのサイズがあってない


実は10人に1人の割合でしか、自分のバストに合ったブラをつけられていないという現実!
そもそも今つけているブラは自分のバストに合っているのか?
実は、ほとんどの女性が自分のバストに合っていないブラをつけて過ごしているということが、
下着メーカーの調査で立証されています。
あなたはブラのサイズを測ったのはいつが最後ですか?
半年以上前だという方は、今つけているブラはもうあなたのバストには合っていない
可能性が高いと言えます。
自分のバストに合っていないブラでは、バストを揺れから守ることは出来ず、
それによってクーパー靭帯を痛めてしまうことに!
自分のバストにちゃんと合ったものをつけてこそ、ブラの役割を全うできるのです。

姿勢の悪さ

姿勢が悪いとバストを小さくさせることがある!
特に、猫背はバストを小さくすると言われています。
現代社会は、PCやスマホを長い時間使う方が多いですよね。
私たちは、PCや携帯を見る時に自然と首が前に出て、背中が曲がってしまいがちです。
そして、背中が曲がってしまうと胸が内側に入ってしまう状態になります。
この姿勢が、バストの土台である筋肉を衰えさせてしまう原因に!
いくらバストのハリを出すケアをしても、根本であるバストの土台がしっかりしていなければ
効果を十分に感じることは難しいのです。

激しい運動によるもの

運動によるバストの揺れはクーパー靭帯を傷つける可能性がある!
バストのお肉は、ただ歩くだけでもその振動で揺れるものですが
ジョギングなどの激しい運動をすると、体の上下の「揺れ」が激しくなります。
そうなれば当然、胸も上下にが大きく揺れることに!
この時に、しっかりスポーツブラなどでバストを守っておかないと
胸の重みでクーパー靭帯が傷ついてしまうこともあるのです。

ハリのあるおっぱいを取り戻す方法8選!


1度ハリがなくなったおっぱいはもうどうにもならないのかな…と
心配になる気持ちになったのではないでしょうか?
大丈夫です!!ハリのあるおっぱいを取り戻す方法はあります!
詳しくみていきましょう!。

ナイトブラを着用

寝ている間もバストケアを行うことで、バストのハリも復活する!
寝ている間のバストは、寝返りすることによってあらゆる方向へ流れていきやすいと言えます。
ノーブラのまま熟睡していたら、約8時間程は無防備なバストを放置しているのも一緒!
この無防備なバストを守ってくれるのがナイトブラ!
ナイトブラは、バストをあるべき場所に戻しバストアップに繋げる効果があります。
また、寝ている間のバストを優しく包みこみながら支えることで、
クーパー靭帯の保護することも出来るのです。
「バストケアをしっかり行っているにも関わらずなかなか効果が出ない!」と言う人は、
この夜の時間のケアをプラスすることで効果を実感しやすくなる可能性も。
ナイトブラを選ぶ際に大事なポイントは3つ!
■ノンワイヤーで睡眠の質を邪魔しないもの
■サイズが自分に合っているもの
■肌に優しい素材のもの
これらをしっかり意識して選んでみましょう。

下着はサイズの合っているものをつける

日中用のブラのサイズの見直しを行う!必ず購入の際は試着をする!
ハリのあるバストのために日中出来ることは、自分に合ったブラを着けることです。
サイズや形が自分のバストに合っているものをつけることで、日常のさまざまな揺れから
バストを守ることができ、クーパー靭帯の保護にも繋がります。

ブラ着用時にバスト周りのお肉を収納

正しい位置にバストを収めることで、ハリのあるバストを作り出すこと出来る!
背中や脇に凹っとはみでているお肉は、もともとバストのお肉であった可能性が!
それらのお肉がどうしてバスト以外の位置にとどまってしまっているかというと、
正しくブラをつけられていないことが原因だと言えます。
正しくブラをつけることで、きちんとカップにバストを収めることができ
ハリのあるバストやすっきりした背中や脇を作ることが出来るのです。
■ブラの正しい付け方

①まずストラップを肩にかけて、ブラを下側から持ち、体を前に倒してバストをカップの中に入れます。
②その後、体を倒したままの姿勢で後ろのホックを止めます。
③体を倒したまま、左手で左のストラップの付け根を持って浮かせ、右手をカップの中へ入れましょう。
④そしてバストを包んで右肩方向へ引き上げます。
⑤右側のバストも同様に行いバストをカップの中におさめたら、体を起こしてストラップを調節します。

急いでいるからと言って、「ホックをとめておしまい!」なんて雑な付け方をしていると
バストのお肉はどんどん逃げてしまいます。
ブラを正しく着けることで、ハリのあるおっぱいを取り戻すことが出来るのです!

エクササイズで胸筋を鍛える

バストの土台をしっかり作ることで、ハリのあるおっぱいを取り戻す!
バストの土台とも言われている大胸筋!
大胸筋は年齢と共に衰えてきますが、ほどよく鍛えることで
ハリのあるツンと上向きのバストを作ることが出来るのです。
大胸筋に効果が高いとされているのが、 合掌のポーズ!
合掌のポーズは、胸の垂れを防ぎハリのあるおっぱいへと導いてくれます。
しっかりと息を意識しながら、1日15秒を5セットを目安にやっていくようにしましょう。

バストアップクリームを活用する

外側からの直接アプローチでハリを取り戻す!
バストアップクリームの成分には、女性ホルモンの活性化や脂肪を増やしたり、
乳腺にアプローチする成分が含まれています。
乳腺とバストにアプローチする成分として有名なものは、プエラリアボルフィリン
また、イソフラボンをバストアップ成分として配合しているものも多くあります。
バストアップの製品に良く使用されている成分のプエラリアとは、タイに自生するマメ科の植物で
女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをする成分と言われています。
植物由来の成分なので安心して使うことが出来るという点も嬉しいですね!
また、バストアップクリームを使用してバストマッサージ行うことで、
更に効果が高まると言われています。
マッサージを行うと、女性ホルモンの分泌が増え乳腺が活発化し、垂れていたバストも
綺麗な上向きバストを作ることができます。
ここで大事なマッサージポイントは、リンパの流れをよくすること!
脇の下のリンパ節とデコルテあたりが主にバストに関係しているリンパですので、
ここをしっかり入念にマッサージすると効果は高まります。
体が温まっているときであれば、なおさら効果も上がるので
お風呂など湯船に浸かりながら行うのがおすすめです。

激しい運動を避ける

クーパー靭帯に負担をかけないためになるべく激しい運動はしないこと!
ジョギングや縄跳びなどの比較的上下の揺れが大きい運動は、バストにとっては
マイナスの効果をもたらしてしまうこともあります。
どうしてもこれらのスポーツをしたい!となった場合は、バストの揺れを最小限に抑えらるように
スポーツブラなどの運動用のブラを着けましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
きちんと毎日コツコツとこれらを行うことで、バストの衰えを遅くすることは可能なのです。
まずは、自分が継続して続けられることから始めてみましょう!!