谷間美人を目指そう!魅力的な谷間の作り方は? – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

谷間美人を目指そう!魅力的な谷間の作り方は?

Vネックや、胸元が大きく開いた洋服を着た時に気になるのが、胸の谷間ですよね。「バストが小さくても、せめて胸の谷間がほしい!!」なんて方も多いのではないでしょうか??これから暖かい季節になると、薄着になったり水着を着る機会も増えると思います。そんな時、綺麗な谷間があったらどんなファションでも完ぺきに着こなせそうですよね!!「でも、Aカップのバストじゃ無理だよね」「左右のバストが離れてるから難しい。。」なんて諦めるのはまだ早いです。今回は、魅力的な谷間の作り方を解説いたします!!

谷間美人は肌の美しさから


大きなバストでくっきり谷間があったとしても、吹き出物があったりカサカサ肌など肌トラブルがあっては、せっかくの谷間が台無しになってしまいます・・・。谷間美人は肌の美しさまで追求しましょう!!

ボディソープなどのすすぎ残しに注意

お風呂に入った時に、シャンプーやボディソープのすすぎ残しに注意しましょう。胸の谷間って、ちょうど泡が流れにくかったりするので、意識して綺麗に洗い流すようにしてください。肌に泡や汚れが残っていると、ニキビや肌荒れなどの原因になってしまうのです。

保湿してあげる

顔を保湿するのと同じぐらい、胸元からデコルテ、首までしっかりと保湿すると、谷間美人へさらに近づくことができます。胸元は汗をかきやすかったり、皮脂分泌がもともと多い部分なので、保湿をきちんとすることでニキビなどの肌トラブルを予防することができます。また、夏などの暑い季節は胸の谷間に汗がたまってしまうこともありますよね。保湿すると同時に、汗をふきとってあげることも大切です。

ホルモンバランスを整える

根本的に肌を綺麗に保つためには、ホルモンバランスを整えることが重要です。ホルモンバランスが乱れてしまうと、顔だけでなく胸元やデコルテなどにも吹き出物などが出来てしまう原因に。早寝早起きの規則正しい生活や、バランスの取れた食事を心がけ、ストレスをなるべくためないようにすることを心がけましょう!!

間違ったブラ事情で谷間がなくなる


本来、ブラジャーは胸を正しい位置に保ち、綺麗なバストラインに見せるために着けるものですよね。しかし、間違った着け方や体形に合っていないブラジャーを着けているがために、美しい谷間から遠ざかってしまっている可能性も・・・。あなたのブラの着け方は大丈夫か、ここで一度チェックしてみましょう。

ブラジャーのサイズが合ってない

ブラジャーのサイズが合っていないと、綺麗で美しい谷間どころか、ブサイクなバストになってしまう危険性があります。サイズが小さいと、締め付けによってバストを内側から支えているクーパー靭帯に負担がかかったり、血行不良によってバストまで栄養素が届かなくなってしまいます。反対に、サイズが大きいとカップの中でバストが動いてしまい、本来のブラジャーの役割が果たせなくなってしまいます。ストラップが肩に食い込んでいる、または、すぐに下がってくる、カップやアンダーが苦しく感じたり緩い場合は、ブラジャーのサイズが合っていない可能性が高いです。同じサイズ表記でも、メーカーやデザインによって若干サイズ感が異なる場合があるので、購入する際は試着して確認することをおすすめします。

ブラジャーを着けないことが多い

「家ではリラックスしたいから、ノーブラで過ごしている」という方も多いのではないでしょうか?もしくは、「締め付け感が苦手だからパッド付きキャミソールをブラジャーの代わりにしている」なんて方は要注意です!!ブラジャーを着けていないと、バストは振動や重力の影響を直に受けてしまうので、垂れ乳や離れ乳にどんどん近づいてしまいます・・・。

日中と同じブラジャーを着けて寝る

みなさん、夜寝る時はブラジャーを着けていますか?ブラジャーと言っても、日中と同じ通常のブラジャーはNGです!!なぜなら、日中起きている状態のバストと寝ている状態のバストでは、揺れ方や動き方が全く異なるからです。寝る時は寝返りや仰向けの状態のバストにも対応できるナイトブラを着けて、寝ている間のバストもしっかりケアしましょう。「寝る時はラクチンなノーブラ」なんて方も、ナイトブラを着けて寝ることをおすすめします。「締め付け感が気になるのでは?」と思われがちですが、ナイトブラを着けた方がバストの位置が安定するので、ノーブラよりもぐっすりと寝ることができるという意見も。

魅力的な谷間の作り方

胸が小さくても、離れ気味なバストでも綺麗な谷間を作ることは可能です!!ここからは、その場しのぎじゃない魅力的な谷間の作り方についてまとめました。

バストの筋肉を鍛える

「バストサイズが小さくて谷間を作るのが難しい・・・」という方は、大胸筋を鍛えましょう。大胸筋とは、バストの土台となっている筋肉で、大胸筋を鍛えることでバストのボリュームがアップしたり、バストの形を改善することも可能です。この大胸筋を鍛えるのに一番簡単なのが、合掌のポーズです。両手を胸の前で合わせて、腕に力を入れます。この時に、しっかりと大胸筋に効いているかを意識して行うのがポイントです。胸の前で5秒キープした後は、そのまま顔の高さまで上げて5秒キープ、その後、おへその位置で同じく5秒キープしましょう。また、腕立て伏せも効果的です。筋トレに慣れていないと意外と難しいので、最初はひざを床につけて行ってもOKです。腕立て伏せをする際も、大胸筋を意識して行いましょう。

バストアップマッサージを行う

魅力的な谷間を作るためには、バストアップマッサージもおすすめです。特にリンパマッサージは、リンパの流れを良くして老廃物を流し、血流の改善に効果があります。血流の流れが改善されれば、バストへ栄養素が届きやすくなり、バストアップへつながりますよね!!また、バストをマッサージすることは乳腺への刺激にもなります。バストアップするには、どうしても胸に脂肪が必要ですよね。乳腺を刺激することで、乳腺の周りに脂肪が付きやすくなり、バストアップ効果が期待できるというわけです。血行が良い状態のお風呂上りや、お風呂の中で行うのがおすすめです!!マッサージする際は、力が入り過ぎないように気をつけましょう。
<バストアップマッサージ>
1.右手で左のバストをマッサージ、左手で右のバストをマッサージします。
2.バストを持ち上げるように外側から内側へ円を描くように行いましょう。

ナイトブラで育乳と保護

日本人の平均睡眠時間は、約7時間ぐらいと言われています。日中いくらバストケアをしていても、その寝ている間の7時間バストを放置してしまっては、日頃のケアの効果が半減してしまうかもしれません。。ナイトブラは、寝返りなどで動いてしまうバストの動きを抑えて、型崩れやバストのお肉が脇や背中へ流れてしまうのを防いでくれます。バストの脂肪は心臓に近いため温かくて柔らかいのが特徴です。温かくて柔らかい脂肪は動きやすいので、「寝ている間ぐらいまぁいっか」と放置してしまっていると、知らず知らずのうちにバスト周辺の部位に移動してしまいます。寝ている間もナイトブラでバストケアして、育乳と保護を図りましょう。

まとめ:魅力的なバストで谷間美人を目指そう


今回は、魅力的な谷間の作り方について解説しましたが、いかがでしたでしょうか??「無理やり寄せました!」感のある谷間ではなく、ナチュラルで美しい谷間を作るには、日々のケアや心がけも必要です。魅力的なバストで谷間美人を目指しましょう!!