40代のおっぱいの悩みを解決する方法! – シーオーメディカル<公式>通販ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

40代のおっぱいの悩みを解決する方法!

年齢を重ねるとともに体形が崩れてきたり、肌や髪質が変わってきたりとさまざまな体の変化を感じるという方が多いかと思います。その中でも特にバストの衰えに関するお悩みは多いにもかかわらず、具体的な解決方法がわからず、つい後回しにしてしまいがちです。このまま何も対策せずに過ごしていると、急速にオバサンのような残念なバストへとまっしぐら!40代からはスキンケアと同じようにバストもエイジングケアすることが必要なのです。そこで今回は、40代のおっぱいのお悩みを解決する方法をご紹介いたします!!

40代で起りやすいおっぱいの悩み

アラフォーになると、さまざまな体の変化を実感することがあると思いますが、 おっぱいの型崩れもその中の一つです。 まずは、40代で起りやすいおっぱいのお悩みを具体的に見てみましょう。

バストのサイズダウン

「痩せたわけでもないのに、バストサイズがサイズダウンした」というのは、 決して珍しいことではありません。 「胸がしぼんだ」「いつものサイズのブラが緩くなった」というバストの変化は、 年齢を重ねることによるバストの劣化のサインです。 バストの型崩れも嫌ですが、サイズダウンするのも女性としては防ぎたいものですよね! なぜバストが小さくなってしまうのかと言うと、「エストロゲン」という女性ホルモンの一つが 大きく影響していることに原因があります。 エストロゲンは、女性らしい丸みをもった体形や、肌や髪の毛を美しく保つために重要なホルモンなのですが、 20代半ば~30代前半をピークに徐々に減り始め、40代からは急速に低下すると言われています。 バストサイズがダウンしてしまうのは、このエストロゲンの分泌量の減少が理由なのです。

バストトップのくすみ

バストトップが黒ずむなどのくすみが気になる方って、意外と多いようです。 バストトップがくすんでしまうのは、下着による摩擦や間違ったケアによる摩擦が主な原因です。 皮膚は、ブラジャーなどの摩擦によって起こる刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニンを作り出します。 このメラニンは、肌の新陳代謝が正常に行われていれば次第に排出されていくのですが、 年齢を重ねることによって肌の新陳代謝が悪くなり、その結果黒ずみとして皮膚に残ってしまうのです。

筋力低下による垂れ胸

40代になるとバストの土台である大胸筋の筋力が低下してくるため、何もケアしていないと 次第にバストが垂れてきてしまう女性がほとんどです。 脚や腕の筋肉と違って、胸に位置している大胸筋は普段の生活の中ではなかなか使う機会がないので、 意識して鍛えなければどんどん衰えてしまい、バストを支えることができなくなってしまいます・・・。 その結果、バストトップの位置が下がりいわゆる「垂れ乳」となってしまうのです。

バストの形が変わる離れ胸

左右のバストが離れてしまう「離れ乳」に悩まされている女性も少なくありません。 バストサイズはそこそこあるのに、バストが左右に離れているだけで 実際のサイズよりも小さく見えてしまうので、女性としては損した気分になりますよね。 40代になると急増する「離れ乳」はバストが垂れてしまう理由と同じように、 大胸筋の衰えが大きく関係しています。 他にも、ブラジャーのサイズや形が体形に合っていなかったり寝る時にノーブラだったりすると、 離れ乳になりやすくなってしまいます。

40代でおっぱいをケア方法

「40代からだともう遅いのでは?」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。 もちろん、バストを美しく保つためには早いうちからケアを始める方が良いので、 バストの衰えを感じたらすぐに対策をしましょう。 家事やお仕事に忙しくても、自宅で簡単にできる 40代のおっぱいにおすすめのバストケア方法をまとめました。

マッサージで血流を良くする

自宅で手軽にできるバストケア方法としておすすめなのが、バストマッサージです。 バスト周りを手でマッサージすると心地いいのはもちろん、血行が良くなるので、 女性ホルモンやバストに必要な栄養素がきちんと行き届きやすくなったり、 リンパの流れも改善されるので老廃物を効率よく排出することができます。 力を入れ過ぎてしまうと、バストを内側から支えているクーパー靭帯を傷つけてしまうことがあるので、 「外側から内側へ、下から上へ」を心がけて優しいタッチで行うようにしましょう。 バストマッサージを行うタイミングは、血行が良い状態である入浴中やお風呂上り、 または寝る前のリラックスタイムがおすすめです。

ツボ押しで血流を良くする

バストアップに効果的なツボがあることをご存知でしょうか? バストマッサージと同様に、ツボ押しも自宅で簡単に、しかもお金をかけずに行うことができるので ちょっとした時間を見つけて刺激してみるのがおすすめです。 バストに関わるツボ押しは、乳腺の発達や女性ホルモンの分泌をアップさせる効果があり、 それが美しいバストを作ることにつながっていくのです。 また、ツボ押しを行うと血流が良くなったり代謝がアップするなどの効果も期待できますので、 肌のたるみが改善されてバストにハリが戻るのです。

筋トレで胸の筋力アップ

何もせずに放っておくと、次第に衰えてく筋肉。 特に、バストに大きく関わっている大胸筋や小胸筋は日常生活で使うことはほとんどないので、 意識して鍛える必要があります。 女性であれば、マシュマロのようにふわっと柔らかいバストを理想としている方が多いので、 「筋トレは必要ない」と思われるかもしれませんが、マシュマロバストを作るためには バスト周りの筋肉を鍛えて筋力をアップさせることが欠かせないのです。 バスト周りの筋力をアップするのにおすすめは、腕立て伏せ! 筋トレに慣れていないと最初はキツイと感じますが、続けて行っていると 筋力が付いてきたことを実感できるはずです。 筋トレ初心者の方は、まずは四つん這いで両膝を床に着けた状態で始めてみましょう。 胸の周りの筋肉をきちんと意識しながら行うのがコツです。

ストレッチで美胸ケア

バストアップストレッチも、衰えがちな40代のバストに効果的です。 バストアップストレッチとは、肩甲骨周りをほぐすストレッチで、肩甲骨を正しい位置に戻し、 同時にバストの位置も上向きにすることができます。 最近では特に、パソコンやスマホを使用するためつい猫背になってしまいがちです。 猫背の状態だと、肩が内側に巻き込まれて肩甲骨が左右に離れてしまい、 その結果胸の筋肉が縮んでしまうのです。 ストレッチで肩甲骨を動かすと胸が開くので、バストトップの位置が必然的にアップし、 血行がよくなるので肩こりにも効果的なのです。 肩を回すだけでも効果があるので、家事の合間などに取り入れてみましょう。

バストクリームなどを使ってケア

バストクリームを使用するケアも、綺麗なバストを保つために有効です。 特に、バストマッサージ行う際に取り入れると肌の滑りも良くなりますので、おすすめです。 塗るだけで理想的なバストに近づける理由は、バストアップクリームに含まれている成分であるプ エラリアやイソフラボンの働きにあります。 プエラリアとは、女性ホルモンに似た効果を及ぼすマメ科植物の一種で、バストアップ効果や美肌効果 そして更年期の症状を和らげる効果まであります。 また、イソフラボンはポリフェノールの一種で葛や大豆といったマメ科の植物に含まれている成分で、 女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進する働きがあります。 これらの有効成分は、全てのバストクリームに含まれているとは限らないので、 購入する際はきちんと有効成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

40代で更におっぱいを大きくするコツ

40代でも、バストのボリュームをアップさせることは可能です! 今からさらにバストアップを目指すために必要なことをまとめました。

生活習慣を根本から見直す

ちょっと遠回りな気がしてしまうかもしれませんが、バランスの取れた食生活や 規則正しい生活を送ることはバストアップにとっても大切な事です。 私たちの体は毎日の食事から摂る栄養素によって作られているので、バストアップするには まずきちんと食事から栄養を摂らなければいけません。 忙しいからと食事を抜いたりするのは、健康にも美バストにも良くない事なのです。 また、バストアップに重要なホルモンは夜睡眠している間に多く分泌されますので、 質の良い睡眠を十分とるようにしましょう。

マッサージやストレッチで血流をよくする

運動不足や冷えなどで、女性の身体は血行が悪くなってしまいがちです・・・。 そのまま放っておくと、いくらバランスの取れた食事を摂っていても、 バストまで十分な栄養素が届かなくなってしまいます。 また、リンパも滞りがちになってしまうため、不要な老廃物をうまく排出できなくなってしまいます。 毎日少しずつでも続けていれば効果は出てくるので、まっさマッサージや軽いストレッチを行うことを 習慣にするといいですね!!

サプリやクリームなどのアイテムをしっかり活用する

「毎日忙しくて、バランスの取れた食事を摂るのが難しい」なんて場合には、 サプリに頼ることも一つの方法です。 足りない栄養素を補う程度に、上手にサプリを取り入れると、お肌の調子も良くなります。 また、バストマッサージをする際にバストアップクリームを使用するのがおすすめです。 自分に合った使いやすいものを取り入れると、バストアップを後押ししてくれます。

程度な筋トレエクササイズを欠かさない

筋トレでバスト周辺に適度な筋肉がつくと、代謝がアップしたりバストアップしたりといいことだらけ! バストの土台がしっかりすると、それだけでバストのボリュームが出るので、 定期的に筋トレを行ってバスト周りの筋肉を鍛えましょう。 程よく筋肉がついている方が、全体的に若い印象にもなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?? 年齢を重ねると共にバストが型崩れしてくるのは仕方がないことですが、 正しくバストケアしていれば若いままのバストをキープすることもできます。 バストラインが綺麗だと、いつまでも好きなファッションをたのしむことができますし、 それだけで見た目の年齢も若くなります。 できることからバストケアをコツコツと続けて、美しいバストをキープしましょう!