ブラのハミ肉を撃退!!予防方法と注意点とは? – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

在庫状況はこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

ブラのハミ肉を撃退!!予防方法と注意点とは?

ブラのハミ肉は筋力の低下や、バストのお肉が徐々に脇や背中へ流れてしまうことが原因です。その予防方法はエクササイズをしたり体形に合ったブラを付けるなどがありますが、注意しなければならないのが毎日続けないと効果がないことです。
暑い季節に街中を歩いていると、前を歩いている女性の背中の段差や脇からぷよっとお肉が出ている姿を目にすることもありますよね。
一気に女度がダウン&オバサンに見えてしまう背中の段差、あなたは大丈夫でしょうか?
美味しいものを食べ過ぎてしまったり、運動不足だという方は要注意!
あなたの後姿も他人から見たら「オバサン・・・」と思われてしまっているかも。
今回は、ブラのハミ肉を撃退する予防方法と注意点をご紹介いたします。

ブラのハミ肉は背中の肉が主!

海の中で後姿を見せる女性 暖かくなり、Tシャツ一枚で過ごすなど薄着の季節になると気になるのが「背中のブラのハミ肉」ですよね・・・。
自分では気づいていなくても、いつの間にか背中に段差ができていることも。
このブラのハミ肉の正体は、背中についた余分な脂肪が主な原因です。
確かに、スリムで痩せ型の人で背中にぷよっと段差ができている人はいないですよね。
お腹やウエスト周りのお肉は気にしていても、なかなか背中の余分な脂肪まではチェックしていない、という方が多いのではないでしょうか?
そうして知らず知らずのうちに蓄積してしまった余分なお肉がブラを着けた時にぷよっとはみ出してしまうのです。

なぜ背中の肉が増える?

お腹周りのお肉が増えた時は「なんだか太ったかな?」と自分で気づきやすいのですが、自分の後姿を見る機会ってなかなかないので、
背中に余分な脂肪が増えてしまっても気づきにくいですよね。
そもそも、なぜ背中に余分なお肉が増えてしまうのでしょうか?

ブラジャーをきちんとつけていないとハミ肉が増えることも

ノンワイヤーのブラジャーや、体型に合っていないブラジャーを日常的に着けていると、ブラからハミ出る余分なお肉が増えてしまう原因となります。
なぜかというと、適度な締め付け感のないラクチンなブラや体形に合っていないブラジャーを着け続けていると、バストのお肉が徐々に脇や背中へ流れ出てしまうからです。
すると、バストサイズはダウンしているのにアンダーのサイズがアップしてしまうという場合も!
「ブラジャーの締め付け感が苦手」というかたでも、二日に一度はワイヤー入りの適度な締め付け感のあるブラジャーを着けることをおすすめします。
バストのお肉流出を避けるだけでなく、自然と背筋が伸びて無意識に背筋を鍛えることができます。

加齢や筋力不足によってハミ肉が悪化

背中がたるんだり余分な脂肪がついてしまうのは、加齢や筋力不足である場合もあります。
他の部分の筋肉と同様に、背中の筋肉も年齢を重ねると共に衰えてしまうのです。
また、日頃から運動やエクササイズを行っていたり、背筋を使う動作を良くする方は年齢を重ねても美しい背中をしています。
「見た目は痩せていてスリムなのに、背中にたるみができてきた」
「高い場所のものが取れない」
「運動不足を感じている」
という方は、加齢によって背中に脂肪が付きやすいので、気をつけましょう。

ブラのハミ肉を予防する方法!

ストレッチをする女性 やっかいなブラのハミ肉は、できれば事前に予防しておきたいですよね!
背中に余分な脂肪が付かないようにする予防方法をまとめてみました。

ナイトブラを着用する

みなさん、夜寝る時にナイトブラを着けていますか?
最近ではいろんなメーカーからシンプルなものから可愛いデザインのものまでたくさん売られていますよね。
ナイトブラを着けて寝ると、夜寝ている間にバストのお肉が脇や背中に流れてしまうのを防ぐことができます。
逆に、ノーブラで寝ていると知らず知らずのうちにどんどんバストが減って脇肉や背中のお肉として定着してしまいます・・・。
ナイトブラを着用すると、バストのお肉をホールドするだけでなくバストアップ効果やバストの形を整えてくれるという嬉しい効果も!
「普段ノーブラで寝ることに慣れているから、ナイトブラを着けたら寝苦しいのでは?」と思われがちですが、
バストを正しい位置にホールドすることで「逆に寝つきが良くなった!」という声も多数あります。

体の巡りをよくする

背中の筋肉が弱まると、つい猫背になりがちです。
猫背は見た目が良くないのはもちろん、血流が悪くなるなど体の巡りが悪くなってしまう原因にもなります。
デスクワークやスマホの使用などでつい猫背になってしまうという方は、肩甲骨周りが固まりがちですので、
腕を回したり軽いストレッチなどをして体の巡りを良くする必要があります。

胸筋周りを筋トレして贅肉を無くす

意外かもしれませんが、胸筋周りを筋トレで鍛えることも背中の贅肉を予防することにつながります
バストのお肉が背中などへ流れてしまうのは、そもそもは胸筋の衰えが原因の一つです。
なので、再び大胸筋を鍛えれば、バストのお肉が周辺へ流れて行ってしまうことを防ぐことができるというわけです。
自宅で手軽にできる腕立て伏せや、手のひらを胸の前で合わせて左右から押し合う「バストアップのポーズ」で
バスト周辺の筋肉を呼び起こしましょう!

背筋や背中周りを重点的にエクササイズ

運動不足によって背筋の筋力が弱まっている場合は、背筋や背中周りを重点的にエクササイズするのが効果的です。
背筋などの背中周りの筋肉を鍛えれば、背中に余分な脂肪が付くのを防ぐことができるのはもちろん、姿勢が良くなってスタイルアップして見える効果も!

背中周りを重点的に鍛えるエクササイズは、以下の通りです。

1.まずは床にうつ伏せになり、両手を太ももの横にぴったりとつけます。
2.息を吸ってゆっくり息を吐きながら上半身を床から起こします。
3.そしてまた息を吸ってゆっくり息を吐きながら上半身を元に戻しましょう。

これを5回を目標に行います。

ストレッチも効果的

次に、仕事の合間などにも簡単にできる背中のお肉を撃退する方法をご紹介します。

とても簡単ですが、肩や背中周りが伸びて気持ち良くほぐれるストレッチです。

1.まずは、椅子に浅く座りましょう。
2.次に、両手をまっすぐ上にあげて後ろに倒すようにもっていきます。
3.息を吐きながら、ゆっくりと元に戻します。

これを10回行いましょう。

肩甲骨の位置を整える

肩甲骨は筋肉の上にのっているので、固定されておらず吊るされているような状態です。
肩甲骨を支えている菱形筋(りょうけいきん)が弱ってくると、肩甲骨が外側にずれて 背中に余計な肉がたまってハミ肉の原因に。そんなことにならないように菱形筋にアプローチして肩甲骨を正しい位置にするエクササイズを取り入れましょう。

タオルを一枚用意します。
1.足を腰幅に開いて立ち、親指を内側にしてタオルを後ろ手に持ちます。この時、脇はしっかりと締めます。
2.二の腕を返すようにしながら肩甲骨を背中の真ん中に寄せていきます。
これを20回繰り返します。

タオルを使うことで二の腕が外側に回りやすくなり、菱形筋の動きを出すことができ柔軟にしていってくれます。

ブラのハミ肉を無くすために普段から注意すること

ブラのハミ肉は、短期間に増えるものでなく日頃の積み重ねで増えて行ってしまうものです。
ここからは、ブラのハミ肉をなくすために普段から注意するべきことをご紹介します!

運動やストレッチは毎日コツコツと、根気よく続ける事が大切です

運動やストレッチを一回行ったからと言って、すぐに背中のハミ肉が解消されるというわけではもちろんありません。
背中の余分な脂肪が少しずつ増えていくように、運動やエクササイズも毎日コツコツと根気よく続けることが大切です。

普段からしっかりブラジャーをすることも重要

バストのお肉は、ブラジャーでしっかりホールドしておかないと徐々に背中やバスト周辺の贅肉となってしまうものです。
普段からしっかりとブラジャーを着けていれば、バストのお肉が流れてしまう事を予防できますよね!
サイズや形が体形に合っているかも定期的に確認するようにしましょう。

食生活の見直しなどもしっかり行う

私たちの身体は毎日の食事によって作られています。
脂っこい揚げ物やスナック菓子、甘いものを食べ過ぎてしまうと、たちまち背中の贅肉に・・・。
毎日の食事を見直して、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

まとめ

プールにたたずむ女性

ブラのハミ肉の原因や予防方法、注意点をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
自分の背中をじっくりと見る機会はあまりないですが、周りの人たちは私たちの後姿をしっかり見ています。  
綺麗な背中を手に入れて、後姿も美人でいることを心がけましょう!

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる