上向きおっぱいのつくり方!重要なポイントはコレ! – シーオーメディカル 公式ストア

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

上向きおっぱいのつくり方!重要なポイントはコレ!

「理想のバスト」とは、どんなバストですか?多くの美意識が高い女性が今注目しているのが、大きさよりも形のきれいな上向きのバスト!この記事では、理想のバストとも言える「上向きおっぱいの作り方」をご紹介していきます。

おっぱいが下がる原因

おっぱいが垂れて下がると、老けて見えたりスタイルが悪く見えたりと ひとつもいいことはありませんよね。 そもそも、どうしておっぱいが下がるのか? みなさんはきちんと理由をしっていますか?? 主な原因は・・・ ■間違ったサイズのブラをつけている ■加齢 ■筋力の低下 ■冷えなどの血行不良 ■ノーブラで過ごすことが多い この中で当てはまる項目が多いという方は、要注意! さて、原因を詳しくみていきましょう。

ブラのサイズが体形に合っていない!

ワコールのアンケート調査によると、自分のバストに合ったブラをつけられている人は、 全体の1割にも過ぎないとのこと! 2015年の2月に行われた、20代~40代女性へのアンケート結果によると、 なんとわずか9.4パーセントの人しか、自分に合ったブラをつけていなかったという結果に。 このアンケート結果から、ほとんどの方がサイズ間違いをしているということがわかります。 更に詳しいアンケート結果をみていくと、サイズ自体が違っていたという人の割合は 全体の約半数にも上りました。 バストを守るはずのブラのサイズが違えば、バストは日常の揺れや刺激によって 当然下がっていくということは納得できますよね。

加齢などによる筋力低下

バストを支えているのは筋肉!筋肉は年齢と共に衰えていく! 女性のバストの中身は、脂肪が9割でできているのですが、 その脂肪を支えているのが筋肉なのです。 筋肉は年齢を重ねるごとに衰えていきます。 その影響を受けるのが、筋肉の上にのっているバストの脂肪なのです。 バスト支えている大胸筋は、普段の生活を送る中では使う機会が少ないため、 なかなか意識して鍛えない限りは、鍛えることが難しい筋肉とも言えます。

うつぶせなどバストの血行不良

あなたは寝る時どんな風に寝ていますか?? 寝る時にうつぶせで寝る方がいますが、それでは自分の全体重によってバストが 押しつぶされてしまうことに・・。 押しつぶされてしまったバストの血流は、このように圧迫されることで悪くなってしまうのです。 バストへ栄養を運ぶ役割を担っているのは血液です。 それが圧迫されることによって滞ってしまっては、バストに必要な栄養が しっかりと届かなくなってしまいますよね。 同時に、血流が滞った状態では老廃物がたまってしまうことにつながり 肌のハリまで失われてしまうのです。 せっかくのバストアップの食べ物や飲み物を摂取したとしても、 それを届ける道が封鎖されていては、意味がないですよね。

おっぱいを上向きにするには?

一度下を向いてしまっても、上向きおっぱいはケア次第で作ることが出来るのです。 次は、上向きのおっぱいを作る方法をご紹介します!

体型に合ったブラを選ぶ

バストを守るブラの機能を最大限生かすには、きちんとしたサイズ選びが重要! バストサイズは自分では測ることも出来ますが、なるべくならば1度下着専門店で しっかりした数値を出してもらうことをおすすめします。 また、最近はさまざま形のブラがあるため、自分のバストにはどの形があうかどうかも しっかりみてもらうようにしましょう。

バスト筋トレエクササイズ

バストの土台である大胸筋を鍛える! 大胸筋をしっかり鍛えることで筋肉が強くなり、バストを引き上げ、 ハリのあるバストを作ることができます。 エクササイズと言うと、「なんか大変そうだな・・・」と感じる人も多いので、 1番簡単なものをご紹介! テレビを見ながら、お風呂に入りながら、ちょっとした空き時間に行いましょう。 「合掌のポーズ」 ①まず、床と腕が平行になるように、胸の前で両方の手のひらを合わせます。 ②次に、左右の手をお互いに力強く10秒間押し合います。 ③そして、ゆっくりと息を吐きながら両手を前に伸ばしましょう。 ※5回を1セットとして、1日3セット行いましょう!

ストレッチで血行促進

バストアップにやハリを取り戻すには、肩甲骨のストレッチが有効! 背中に位置している肩甲骨周りの筋肉は、バストに深く関わりがあり ストレッチなどで動かすことによって、胸の位置が変わるとも言われています。 肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなると、リンパの流れや、血行、代謝が良くなり、 バストに必要とされる栄養が届きやすくなります。 それと同時に、肩こりや頭痛なども解消されるという嬉しい効果も! 肩甲骨をストレッチで動かすことで、胸が開き姿勢が良くなるので スタイルアップにもつながり、いいこと尽くしなのです。

バストのマッサージ

リンパの流れをよくすることで、バストに栄養が届きやすいようにする! 現代社会では、パソコンでの作業に加えて、スマホを見る時間が長いことなど、 自分では気が付かないうちに体のあらゆる部分が凝り、リンパの流れが悪くなりがちです。 リンパの流れが滞ると、当然肌のくすみなどにも繋がってしまうことに。 リンパの流れをしっかり改善することで、バストにもハリとツヤが戻ってくるのです! バストアップマッサージは、「下から上へ」「外側から内側へ」といった方向に 優しく行うことが基本です。 マッサージを行うタイミングは、体が温まっているときが1番効果的と言われているので 入浴中や入浴後がおすすめです。

食生活や運動習慣の改善

生活習慣を整えることは、ハリのあるバストを作る第一歩!! 外側からのケアをいくら行っても、乱れた食生活や運動不足や睡眠不足では、 そのケアの効果は半減してしまいます。 バストにハリを持たせたい場合に積極的に摂りたい食材は、大豆製品に含まれている大豆イソフラボン! 大豆イソフラボンは、女性ホルモンとよく似た働きをしてくれるため バストアップにも効果的なのです。 納豆やみそ汁、豆腐など、お財布に優しい値段で、手軽に手に入れられる食材ばかりですので、 毎日継続して摂取することも可能ですよね! ただし、大豆イソフラボンは取りすぎてしまうと、ホルモンバランスを崩す原因にもなるので 食べ過ぎは禁物です。 同時に、運動不足の方はウォーキングや軽いストレッチなどを行って、運動不足解消をしましょう。 運動をすることでストレスが発散され、身体を動かすことで血流がよくなるので バストにもいい影響をもたらしてくれます。 運動をする際は、バストを揺れから守るために必ずスポーツブラを着けましょう。

上向きおっぱいをつくる下着選びの方法

ハリのある上向きおっぱいをつくるには、下着選びも重要なポイントです。 具体的には、どんなブラを選ぶべきなのでしょうか?

補整下着がおすすめ

上向きおっぱいを作るには、バストを整えるためのブラがおすすめ! 補正下着とは、「崩れた体形が気になる人が使う」というイメージが強いと思います。 なんだか窮屈そうと思う方もいるでしょう。 しかし、最近ではさまざまな補正下着が販売されていて、締め付け感がなく おしゃれな物もたくさん! バストはそのほとんどが脂肪で出来ているため、補正下着できちんと固定することで、 形状を記憶する性質があります。 この特性を上手く使うために、補正下着はおすすめなのです。

ナイトブラは育乳効果あり

寝ている時間は肌の再生だけではなく、バストが大きくなる時間でもある! 夜の寝ている時間もだ、上向きおっぱいを作るための大事な時間だと言えます。 寝ている時間は、なんと1日の約3分の1の時間! バストの成長に欠かせない成長ホルモンが多く分泌するのは、熟睡した夜の時間帯です。 ナイトブラをつけて、夜の寝返りなどの刺激からバストを守ってあげることで 成長ホルモンをきちんと届けることができ、ハリのあるおっぱいを作ることが出来るのです。 さらに、ナイトブラはバストの脂肪が横に流れてしまう事も防いでくれるので バストの型崩れの防止にも役立ちます。

定期的に下着サイズを見直し自分のサイズ確認

ブラを買い替える時は、必ずサイズを計測する癖をつける! 女性のバストは、体重の変化やホルモンバランスの変化の影響を受けやすいと言われています。 ハリのあるきれいなバストを作るには、自分のバストに合ったブラが必須ですので、 お買い物の度にサイズに変化がないかをきちんと確認することも大切なのです。

まとめ

上向きのおっぱいを作ることは、バストケア次第で年齢を問わず可能です! 今回ご紹介したバストケアを一気に全部行う必要はありませんが、 できることから少しずつはじめてみましょう!