乳輪が大きいのは女性だけの悩み?乳輪の平均サイズと理想の形にするための改善方法をご紹介!! – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

在庫状況はこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

乳輪が大きいのは女性だけの悩み?乳輪の平均サイズと理想の形にするための改善方法をご紹介!!

ノーブラ

乳輪が大きいのは女性だけの悩みなのでしょうか?いいえ、それは男性にとっても悩みなのです!皆さんは普段、乳輪の大きさを意識したことはありますか?誰かの乳輪と比べるタイミングは、それほど多くはありませんよね。だから友達とお風呂に行ったとき、「あれ私の乳輪て大きいんだ」と知ることもあるのでは??乳輪が大きいことで彼氏になにか言われたら嫌だな、と思う女性もいるでしょう。乳輪の大きさは、小さくすることは可能なのか??乳輪の大きさの疑問を解決していきましょう。

乳輪が大きいのは女性だけの悩み?乳輪の平均サイズは?

 乳輪の大きさは日本人女性であれば、3~3.5cmほど、そして高さは8mm! ただこれはあくまで平均で、バストの大きさを考慮したものではありません。 ですので、乳輪のサイズが平均よりも大きいと言うことで落ち込む必要はありません! 簡単に言えば、Aカップの人とFカップの人の乳輪の大きさが同じであったら、 当然バストが大きい人の方が乳輪は小さく見えますよね?! また、ハリのあるバストと垂れているバストでも、乳輪の見え方は変わってきます。 あくまで平均ということをお忘れなく! 日本人のバストの平均カップはB~Cカップと言われているため、 その平均の乳輪の大きさと捉えるとわかりやすいかと思います。 ちなみに、乳輪の大きさに関して男性目線で言えばそこまで気にならないというアンケート結果も! その理由として、男性が女性の胸に対してなにを重要視しているかというアンケートによると、 1位が形、2位が大きさというアンケート結果が出ています。 そのため、乳輪が平均より大きいということは男性目線で見るとそこまで重視されていないとも言えます。 ちなみに、男性の中にも乳輪が大きいことで悩んでいる方はいます。 男性の乳輪が大きくなる理由は主に3つあると言われており、1つ目は 先天性とも言える遺伝、2つ目は女性化乳房症という症状、 3つ目はアトピー性皮膚炎が主な原因と言われています。 男性もこのように、乳輪の大きさで悩んでいるのです。 この悩みは女性だけではないということがわかりますね。 男性の方が、取り上げられることが少ない分、 女性と比べると解消方法などを見つけるのが困難であるとも言えますね。

乳輪は後天的にサイズが大きくなることも多い

授乳

乳輪の大きさを決める1番の理由は、遺伝!ですが、後天的な理由で大きくなることも! 乳輪の大きさを決めるのは先天的な要因が大きいですが、 生まれつきではなく、後天的な理由で大きくなるとも言われています。 それについて、詳しく見てきましょう。

乳輪が大きくなる原因

生まれつき以外で考えられる理由・・・

■ホルモンバランスの変化(出産や妊娠)

■自律神経の乱れ(生活習慣)

■下着と皮膚の摩擦

■体の変化

【乳輪が大きくなる原因】①ホルモンバランスの変化(出産や妊娠)

乳輪が大きくなる原因の一つに、授乳の為に乳腺が発達することで乳房が大きくなり、それと共に乳輪も大きくなるということがあります。 生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、ほとんど見えていない状態と言われています。 赤ちゃんにとって、生きていくために必要な栄養はおっぱいのみ! その位置を見つけやすくするために、乳輪が大きく色が濃くなるとも言われています。

【乳輪が大きくなる原因】②自立神経の乱れ(生活習慣)

生活習慣などが乱れることで、ホルモンバランスも崩れる! 睡眠不足や過度なダイエット、栄養不足などによって自立神経が乱れてしまい、 乳輪が大きくなることもあると言われています。

【乳輪が大きくなる原因】③下着と皮膚の摩擦

サイズが合わない下着をつけていると、1番に刺激を受けるのが、乳首や乳輪! 大きすぎる下着をつけていれば、本来乳首を守るための役目のブラは 一変して刺激物になります。 そうなると、皮膚がその刺激から守ろうと働き出し、 刺激から身を守るために皮膚を厚くしてしまうのです。 これが黒ずみの元になり、乳輪を大きく見せてしまうことにも繋がるのです。

【乳輪が大きくなる原因】④体の変化

急激に体重が増えると当然バストも大きくなり、それに伴い乳輪も大きくなる! そして悲しいことに、いくらダイエットをしても胸は小さくなれど、 1度大きくなった乳輪はなかなか元のサイズには戻りにくいと言われています。

乳輪を理想の大きさ、形にするためには?

理想

乳輪の平均サイズは関係ないとわかっていても、実際大きいよりは小さいに越したことはないと思う方も多いはず!! ここからはどうしたら、乳輪を小さく出来るのか詳しく見ていきましょう。

■保湿をしてダメージケア

■摩擦を軽減させるためにブラのサイズを見直す

■色を薄くして小さく見せる

これらが乳輪を小さくする近道といえます。

【乳輪を理想の大きさ、形にするためには?】①保湿をしてダメージケア

低刺激のオイルなどがおすすめ! 乳首の乾燥は、黒ずみの元なるメラニンの生成を促してしまいます。 そのためしっかり保湿を行うことで黒ずみが軽減され、 潤った肌は正常なターンオーバーも行いやすくなり、 乳輪周りの色も薄くなると言えます。 保湿に最も適してるタイミングは、入浴時や入浴後の体が温まって、 血流が良いときに行うのがおすすめです。

【乳輪を理想の大きさ、形にするためには?】②摩擦を軽減させるためにブラのサイズを見直す

摩擦の元になりやすいブラの見直し! ブラの形は、さまざまです。 だからこそ、ブラによってサイズが変わるのは普通のことなのです。 それを一概に「私はこのサイズだから!」 と試着もせずに買うのは絶対に避けるようにしましょう。 自分に合ったサイズのブラをつけることで、摩擦を軽減するのはもちろん、 バストの形崩れを防ぐことにもなるので、一石二鳥!! 自分のバストに合ったブラを買うことは、いいこと尽くしなのです。

【乳輪を理想の大きさ、形にするためには?】③色を薄くして小さく見せる

黒ずみに効果のあるクリームを使う! 黒ずみの根源である、メラニンを作りにくくする成分が入っているものがおすすめです。 目の錯覚によって黒ずみが改善されると乳輪も小さく見えるようになります。 ここで気を付けたいのは、脱色剤など肌に負担になる成分が入っていないかどうか。 そして、きちんと厚生労働省に認可された成分で作られているかどうかも確認しましょう!! 成分としては、ビタミンC誘導体などが入っているものがおすすめです。 敏感肌の方の場合必ずパッチテスト行ってから試すようにしましょう。

まとめ

フルーツ大小

乳輪が大きいことで悩んでいる方は、まずは乳輪を小さくするためのケアを行ってみてくださいね。また、中には乳輪が大きいことでびらんという炎症を起こすケースもあります。摩擦によって引き起こされる疾患で、乳輪のびらんを起こすとその周辺が炎症したり、傷口に菌が付着し膿が出ることもあるります。乳輪が大きいということでこうした症状繰り返す場合、乳輪の縮小手術などでケアすることも可能です。ともあれ、乳輪が大きいということで悩みすぎず、一つの個性として付き合っていくことも大切なことかと思います。

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる