乳首が傷ついて痛い…原因と対処法は? – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

在庫状況はこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

乳首が傷ついて痛い...原因と対処法は?

「乳首が痛くて泣きそう(>_<)」そんな経験はありませんか?!痛みを我慢して生活するのは、辛いものですよね!!それにしても、乳首が傷ついて痛みが出る場合、どうして乳首が傷ついてしまうのでしょうか?対処方法はあるのでしょうか??今回は、乳首の傷についての痛みについて、詳しく見ていきましょう。

乳首が傷ついて痛くなる場合


実は、乳首の傷がついて痛いという悩みを持っている人は意外と多いのです。
ですが場所が場所なだけでに、市販で専用のクリームがある訳でもなく、
結局そのままになってしまう・・・なんてことも多いと思います。
乳首が傷ついて痛くなる理由は・・・

■授乳中である
■ブラや衣服との擦れ
■乾燥によるもの

授乳中に乳首が痛くなってしまうのは想像がつくかもしれませんが、
意外にも下着などとの摩擦や乾燥が原因となることもあるようです。
早速詳しく見て行きましょう!!

授乳中である

授乳経験のあるママは、多くの人が経験済み!!

赤ちゃんが授乳に慣れていない時期

このトラブルは、産後3か月ぐらいが多いと言われています。
その理由は「赤ちゃんがまだ授乳になれていない」のが原因!
赤ちゃんが、乳首だけを吸う「浅吸い」になってしまっている時に
起こりやすいようです。
また、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんの口を、
無理やり引っ張って外そうとすることも、
傷やひび割れの原因になってしまうことも。
ひび割れてしまった乳首は、授乳時や服に乳頭が擦れると痛みが強くなり、
血が出ることもあるのです。

赤ちゃんの歯が生えてくる時期

もうひとつの時期として、上げられるのが
「歯が生えてきたタイミング!」
赤ちゃんの歯が生えて、授乳中に赤ちゃんに噛まれることで、
傷になることがあります。
決してわざとではないのですが、
お母さんとしてはかなり辛い状況になりますね。
これは、授乳が苦痛になってしまうことにも繋がります。

衣類と摩擦によって傷が出来る

ブラジャーで蒸れや摩擦が起きるのも当然!
ブラジャーやカップ付きのインナーなど、
乳首は常になにか布とくっついていることが多い場所です。
夏場であれば、ブラの中は自分の体温や汗で蒸れますよね?
そうなれば当然雑菌なども繁殖しやすく、
それらが悪さを起こし、かゆみになり、
掻いてしまうと傷になるこで、痛くなることもあります。
冬場でも、他の肌と同じように乾燥していて、
ブラや衣類と擦れれば、当然傷になり痛みに繋がると言えますね。

乳首の乾燥

乳首の皮膚は薄く、とてもデリケートな部分!
もともと乳首の皮膚は薄いため、刺激に弱くデリケートな部分なのです。
ここで乳首に対してのお悩みをいくつかご紹介しましょう。
女性に乳首の乾燥についてのアンケートを行ったところ・・・
「冬の時期に乾燥で粉をふくことがある」
「乾燥で皮がめくれそう」
などと、200人中160名が気になるという回答になりました!
正直みなさん言わないだけで、乳首の乾燥を気にしていたり
悩んでいる人は多いということがわかります。
乳首の乾燥の原因は・・・
■バストの中で1番高い位置で刺激を受けやすい
■他の肌も乾燥しやすい季節問題
■お風呂などで洗いすぎる
■ブラなどの繊維と擦れてうるおいがなくなる
乾燥すれば、かゆみになったり、皮が剥けたり
痛みの要素に繋がることもわかります。

授乳中、乳首が痛いときに使う保護器について


授乳は、赤ちゃんの栄養補給=生きていくために欠かせないこと!
そうなると、痛いからできません。なんてことは出来ません。
そこで、多くのママ達が使っているのが、乳頭保護器!!
乳頭保護器は、痛い乳首の救世主!! と言えます。
乳頭保護器について、詳しく見ていきましょう。

乳頭保護器とは??

授乳のストレスをなくす、乳首代わりのような存在!!
赤ちゃんが乳首を強く吸う、噛むなどが原因で、
乳首に傷が出来たときに使うのが、「乳頭保護器」です。
また、乳首の形が良くないのが原因で、
赤ちゃん自身がうまく授乳できない時にも
使用できます。
どのようなものかというと、
シリコンなどのカバーを乳首に被せ、
それを赤ちゃんが吸って、母乳を飲むことができる便利なアイテムなのです!
さてどんな物があるか、見ていきましょう。

乳頭保護器の種類は?

ママの乳頭にしっかりフィットするように
各メーカサイズは、S~Lサイズを販売しています。
種類は・・・

■違和感なく授乳が出来るソフトタイプ
■哺乳瓶のように乳首がしっかりしたハードタイプ

この2種類が主流になります。

乳頭保護器の使用前後で注意することは?

せっかくの救世主でも、きちんと気を付けるべき点があります!
■傷が痛いときは使用しない
■乳頭保護器の向きをしっかり確認する
■赤ちゃんの口に入る物なので、清潔に保つ

これらをしっかり守るようにしましょう。

乳首を衣類との摩擦から保護する方法



■保護シールを活用する
■乾燥しないように、しっかり保湿をする
■インナーの素材もサイズを見直す
■正しいサイズの下着をつける

保護シールや保湿クリームの活用

摩擦を軽減させるには、ニップレスがおすすめ!
乾燥から皮膚を守ってくれる保湿クリームですが、
乳首の皮膚はデリケートなので、基本的には
「乳首やデリケートゾーンに使える」と表示されているのもの
おすすめです!
専用の物であれば安心して使うことが出来ます。

インナーの見直し

傷になる理由が、蒸れなどが原因の場合は、汗をしっかり吸い取り、熱をため込まない素材がおすすめ!
おすすめは、綿やコットンの物!
これらの素材は、肌への刺激も少なく、
優しい手触りになるので着心地も抜群です。
なにより優れた吸水性を持っています。
コットンは原料が元々植物なので、
汗を吸う力は抜群!コップ1杯~2杯分とも言われています。
そして夏は涼しく、冬場は温かく
1年中使いやすい素材になります。
汗をしっかり吸収することで、雑菌は繁殖しずらくなり、
痒みが減り、傷になりにくくなるのです。

ブラジャーを適切なサイズにあわせる

あなたのブラジャーのサイズは
いつ測ったのが最後ですか??
ブラジャーを買う時は必ず試着をして買う!そしてその都度、サイズをきちんと測る!
今着けているブラは大丈夫??
□脇にお肉が出てしまっている
□アンダーが食い込んでいる
□バストがカップの上にのっている
□バストと乳首の隙間が大きい
□バッグバンドの上が食い込む
□腕を上げたときにブラが上がる
□ストラップが肩から落ちる
これわかる!!という項目が多かったら、ブラが体に合っていないという証拠!!
ブラジャーのサイズをしっかり合わせることで、乳首の刺激や摩擦も軽減されます。

それでも治らない場合は病院へ

原因によって何科にかかるのかが異なる!
授乳が原因であれば、産婦人科に相談してみましょう。
赤ちゃんの影響が大きいので、正しい対処法法を教えてもらえます。
摩擦などが原因であれば、皮膚科にまず相談しましょう。
受診をする前に、必ず電話にて症状を伝えて、
診てもらうことが出来るか確認するのが、
1番確実かと思います。
気になる方は、女性の医師がいるかどうかも
確認しておくといいでしょう。
それでもわからない場合は、乳腺専門の医師に診てもらうのがおすすめです。
もちろん、こちらも事前の確認は忘れないようにしましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか??
乳首の痛みを解決するには、まずは傷みの原因を見つける必要があります。
原因が不明であれば、診てくれそうな病院に問い合わせをして
相談するのが一番!!
何よりも、「このぐらい大丈夫」と無理をしないことが大切です。

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる