乳首の黒ずみはメラニン色素が関係してる?メラニン色素を作る女性ホルモンを考えた正しいケアを実践しよう! – シーオーメディカル<公式> 通販ストア

在庫状況はこちら

毎日のキレイと笑顔をつくるWebメディア
【シーオーメディア】

CO.media

乳首の黒ずみはメラニン色素が関係してる?メラニン色素を作る女性ホルモンを考えた正しいケアを実践しよう!

乳首の黒ずみ原因

あまり人と比べることがない乳首の色ですが、
さまざまなサイトやアンケートで男性の意見を見ると
「乳首の色を気にしている男性はとっても多いこと!」
もちろん女性自身も気にしていますが、実際どうしてこの様に乳首の色はひとりひとり違うのでしょうか?
そして1番気になるのは、どうして黒ずんでいってしまうのか!原因さえわかれば対処方法も見つけやすいですよね。
さて一緒に黒ずみの原因を見ていきましょう。
主な乳首の黒ずみの原因は

■遺伝や生まれ持ったメラニン色素の問題
■下着などによる外部刺激や摩擦
■女性ホルモンの変化
■加齢による肌の乾燥によるもの
■不規則な生活習慣や日焼け

それではそれぞれの原因を少し詳しく見ていきましょう。
遺伝や生まれ持ったメラニン色素は仕方ないですよね。
女性はブラをつけています。そうなると乳首が下着などによって擦れることも正直さけれられません。この摩擦により肌が刺激され、メラニン色素が多く作られてしまいます。
女性ホルモンは妊娠や授乳などで、大きく変化します。その変化によりメラニン色素が増えやすくなる状況になりやすくなると言われています。
また年齢を重ねることで、肌の潤いは減ります。これによりターンオーバがうまく働くなると、本来は垢と一緒に綺麗に剥がれ落ちるはずだった皮膚が生まれ変われずに蓄積されてしまうことで黒ずみの原因になるとも言われています。
日ごろの生活習慣も大きく関わりがあります。偏った食事や睡眠・運動不足やストレスは、ホルモンバランスを崩す大きな原因とも言えます。ホルモンバランスが崩れることで、メラニン色素の生成を促すプロゲステロンの分泌量が増えてしまうのです。
あなたはこれらの原因に心当たりはありませんか?

ターンオーバーの乱れ


ターンオーバーは本来ならば28日前後!加齢などが原因で少しずつその期間が乱れてくる!
簡単に言うと肌の生まれ変わりが遅くなることと捉えるとわかりやすいかと思います。
肌は、摩擦などの外部刺激を受けるとメラニンを発生させます。肌には表皮が生まれ変わるターンオーバーという働きがあり、これにより発生したメラニンを排泄してゆっくりと元の肌色に戻っていきます。
しかしながら、ターンオーバーの途中で乾燥などの肌トラブルが発生してしまうことで、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーが乱れ、結果古い角質がはがれ落ちずに分厚くなり、メラニンが排泄されにくくなり色素沈着に繋がっていきます。
メラニン色素は女性ホルモンとも大きく関わりがあり、閉経を迎えるとメラニン色素の生成量がぐんと減ると言われています。この逆を考えると女性ホルモンが多く分泌されているときこそ、メラニン色素が多くなり、乳首の色は濃くなるということがわかりますね。

下着が合ってないための摩擦

きちんと自分にぴったりのサイズかどうかを確認する!
なぜサイズが大事かというと、小さすぎるものは、皮膚と擦れてしまい摩擦を起こします。逆に大きいサイズも同じことが起きます。要はしっかり自分の体にあったものを選ぶことで、体のラインも綺麗に見えて、皮膚も守れるという一石二鳥なのです。
しかし、意外とみなさん下着をきちんとサイズを測ることをおろそかにしていませんか??
バストの大きさの変化は割とすぐ起きます。体重の変化や生理前でもバストの大きさが変わってきます。1か月のうちに何度もサイズを変えるのではなく、きちんと節目節目でサイズを把握するようにしましょう。
さらに言えば、生地の質も大事!
吸水性や蒸れにくい素材のものを選ぶことで刺激を減らすことに繋がるのです。おしゃれな下着は、ナイロンのものが多いのですが、普段はシルク・綿・コットン・リネンなどの天然素材を身に着けることが肌にとってはいいことになります。

乾燥して炎症を起こしている

肌の乾燥は水分量が減っている状態で肌のバリア機能が弱まる!
乾燥により、肌は外部からの刺激から守るために肌の奥底にいるヒスタミンが働きだします。ヒスタミンは肌を守る機能があるので頼もしい存在に感じますが、神経を刺激することで痒みを誘発する原因にもなります。乾燥により肌に痒みを感じるのはヒスタミンの働きによるものだったのです。
乳首の色がバストの色と違うのには理由があるのを知っていましたか?
乳首だけ違う色味を帯びているのは、赤ちゃんがおっぱいを吸うときに色の違いで、見つけやすいためと言われています。この機能により乳首は刺激が加わってしまうと変色しやすい場所であるとも言えます、肌のバリア機能が低下し刺激に弱くなっている状態は、メラニンの分泌も増えてしまいます。それにより乾燥は乳首のかゆみだけではなく色素沈着が起こりやすいとも言えるのです。

女性ホルモンのバランスの変化


2つの女性ホルモンの分泌量で体の中も変化する!
女性の体は、
■エストロゲン(卵胞ホルモン)
■プロゲステロン(黄体ホルモン)
というふたつの女性ホルモンによってコントロールされており、これらのホルモンの特徴として言えることは、一定のサイクルで分泌量を変えるところ!lこの分泌量で、生理周期をつくったり、妊娠・出産を可能にしたり、大事な役割を担っている部分になります。
妊娠20週目あたりから女性ホルモンの分泌量が増加する傾向があります。これは体内は出産に向けて準備をし始める期間に入りためです。
女性ホルモンに含まれるプロゲステロンの増加がはじまります。このプロゲステロンの特徴は、メラニン色素を生成を促す働きがあると言われています。これにより妊娠すると色素沈着が起こりやすいと状態になるという意味になります。プロゲステロンが増える時期はもう1つあります。それは排卵期から生理前にかけて!
みなさん心配なのは、プロゲステロンで色素沈着が起きてしまったら、もう治らないの?という点ですよね?
大丈夫です!!プロゲステロンの分泌量が少なくなれば黒ずみも解消されると言われています。黒ずみと女性ホルモンは深い関わりがあるのがわかりましたね。妊娠中などに黒ずみが気になるのは普通のこと!これがわかれば一安心ですね。

乳首の黒ずみを治す方法


セルフケアで黒ずみをよくする方法知りたくありませんか??
さまざまな口コミなどから、気になるセルフケア方法をいくつかご紹介します。乳首はとてもデリケートな部分なので、試す場合は必ず他の部分で1度パッチテストなどをしたり、肌の乾燥などが酷いときは避けるようにしましょう。

ヨーグルトのホエーでパック

ヨーグルトの成分の中には、
■ビタミン類
■乳酸
■フルーツ酸
などが豊富に含まれます。
乳酸やフルーツ酸はピーリングでもよく使われる成分ですよね。これらの効果により、黒ずみを少しずつ薄くする効果が期待できます。ピーリング聞くと、肌が乾燥したりしないか?心配になると思います。これら2つは高い保湿力も備わっていると言われ、乳首の乾燥を防ぐことも出来るのです。
「ヨーグルトホエーパックの方法」
ホエーとはヨーグルトの上澄みの部分のこと!
ホエイには色んな成分が含まれていますが、黒ずみに効果があると言われている成分は乳清タンパク質!
この乳清タンパク質は、黒ずみの元になるメラニン色素を作り出すの抑える効果があると言わています。そのため、ホエイを使えば乳首の黒ずみを軽減で出来ると言われているのです。
本当に?と疑う気持ちもわかります。
これらの検証の論文を、乳製品で有名な森永乳業株式会社さんが行っており、和歌山県立医科大学皮膚科との共同研究で結果も発表されており、しっかり効果が認められるものになります。
さて具体的にはどのようにケアを行うかが大事なところになりますね。実際の方法を見ていきましょう。
1.はじめにボウルにざるを重ね、キッチンペーパーを敷きます。
2.ヨーグルトを流し込み、ラップをしましょう
3.冷蔵庫で一晩置くとホエーが取れます。
4.ホエーをコットンにしみ込ませましょう
5.コットンを乳首にあて、5分間ラップでパックします
6.5分後、ホエーを拭き取るもしくは優しく洗い流しましょう。

美白効果のある石鹸の泡パック

美白効果で有名な石鹸のジャムウとは、オーガニック100%の民間伝承薬!
これらの成分の中身は、植物の根っこや実を調合しており、雑菌をおさえたり、汗の臭いをおさえたり、黒ずみなどの色素沈着や肌荒れ乾燥にも効果があると言われています。通販などでも販売されています。
こちらの美肌効果のある石鹸でのケア方法は??
1.はじめに美白効果の石鹸を泡立てネットを使ってしっかりキメの細かい泡を作りましょう
2.乳首に乗せて3分パックしましょう
3.ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

唇のパックを使う

美白効果より、保湿効果がメインになる!
元々唇用に作られたパックなので、黒ずみに特化しているというより、唇をうるっとさせる保湿効果が強いようです。保湿を行うことで肌のターンオーバーを正常に働かせることが出来ます。
実際の唇パックのケア方法は??
1.唇のパックを乳首に塗り、30分ほどパックしましょう。
2.時間が来たらパックを剥がします

はちみつパック

はちみつには、肌のターンオーバーを促しメラニンの排出に役立つビタミンB、ビタミンC、ミネラルがたくさん含まれています。また食品なので安全性も高いと言え、肌への刺激もないのです。
実際のはちみつパックの方法化は?
 
1.はちみつを適量指にとり、乳首に塗りましょう
2.0分ほどおいて洗い流します。
医療で処方されるトレチノインやハイドロキノンと異なる点としては、食べものをセルフケアです。もちろん効果は期待できますが、即効性はほとんどありません。入浴の際などの時間を有効に使いながら、長期間、気長に取り組むことで効果が実感できます。効果を感じるためには、視覚的な方法がいいでしょう。セルフケアを始める直前と数カ月の乳首の画像を写真に収め、見比べると、モチベーションアップにもつながりますね。

まとめ


 乳首のケアをしっかり行うこと、女性としての魅力を更に引き出してみませんか??
まずははじめることが、大事な1歩になりますよ??

ふんわりルームブラの
カラーとサイズをみる