うるおいを閉じ込め、うるおいを高め、うるおいを育む。

うるおい女神 エクストラクリーム

コクのあるまろやかな感触で、しっとりしたうるおいのヴェールで肌を包みこみ、しっかりうるおいをキープする高機能・高保湿クリームです。

しっかりうるおいをキープする高機能・高保湿クリーム

コクのあるまろやかな感触で、しっとりしたうるおいのヴェールで肌を包みこみ、しっかりうるおいをキープする高機能・高保湿クリームです。水分と油分のモイスチャーバランスが整った、健やかな肌に導きます。紫外線ストレスから幹細胞を保護、外部刺激からバリア、優秀な美容成分ブドウ幹細胞エキスを配合。幹細胞化粧品は、注目のエイジングケアです。

肌を保護し、乾燥を防ぐ

ヒメフウロ(姫風露)の全草から抽出されたヒメフウロエキス配合。古くから“医者泣かせ”と言われるほど、重宝されてきました。肌を保護し、エイジングサインや乾燥を防ぎます。

Q&A

Q どのくらい使えますか?

A1 回の使用量パール2~3粒で、1.5~2ヶ月ご利用いただけます。

 

Q どのくらいで効果がありますか?

A 肌のターンオーバーには個人差がありますが、一般的に人の肌はおよそ28~56日日周期で常に生まれ変わっています。その生まれ変わりを少なくとも3回は経る必要があるでしょう。まずは3ヵ月お手入れを目安としてください。

 

Q 乳液とクリームの違いは何ですか?

A 肌に水分と油分をしっかり蓄える乳液。乳液は「精製水」や「アルコール」など水溶性成分の割合がクリームより多めです。そのため肌に水分と油分を補い、保湿しながら肌をやわらげるといわれています。 肌の潤いをキープするクリーム。乳液よりも油性成分が多いクリームは、比較的保湿と保護の働きが強く、持続力が期待できます。

 

Q プラセンタにはどのような効果がありますか?

A 女性のバランスを調整する、バリアする、ふっくらキメを整える、ハリ感を与える、など多くの力があります。

 

Q 朝と夜、どちらで塗るものですか?

A 朝と夜両方ご使用いただけますが、ベタつきが気になる方は、夜のみのご使用をオススメします。

 

Q スキンケアの順番が分かりません。

A クレンジング(クリア クレンジングジェル)→洗顔料(ウォッシングフォーム ゼロ)→美容液(ファーストセラム)→化粧水(シャインローション)→乳液(ディープミルク)→クリーム(エキストラクリーム)の順にお使いください。

使い方

化粧水や乳液などでお肌を整えた後、クリーム適量(パール2~3粒)を清潔な手にとり、お顔全体になじませてください。

全成分

水、パルミチン酸イソプロピル、BG、グリセリン、ミネラルオイル、ステアリン酸、ジグリセリン、ジメチコン、セタノール、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、パルミチン酸セチル、メチルグルセス−10、ステアリン酸グリセリル、プラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン、加水分解コラーゲン、水添レシチン、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、グリチルリチン酸2K、加水分解アカシアマクロスタチア種子エキス、トリフルオロアセチルトリペプチド−2、ヘキサペプチド−33、リョクトウ成長点細胞培養エキス、ブドウ果実細胞エキス、ヒメフウロエキス、シア脂、マカデミア種子油、ヒアルロン酸Na、フィトステロールズ、レシチン、トコフェロール、アルギニン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸PEG−5グリセリル、セチル硫酸Na、1,2−ヘキサンジオール、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、イソマルト、マルトデキストリン、ミリスチン酸ポリグリセリル−10、イソステアリン酸、デキストラン、クエン酸Na、クエン酸、メチルパラベン、プロピルパラベン

ご使用上の注意

<ご使用上の注意> お肌に傷、湿疹等異常がある時は、ご使用にならないでください。 お肌に合わず次のような場合にはご使用を中止してください。 そのままご使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、 皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。 ・ご使用中、赤み、はれ、かゆみ等の異常があらわれた場合 ・ご使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合 <取り扱い及び保管上の注意> 高温、多湿、直射日光を避けた場所に保管してください。 開封後はできるだけお早めにお使いください。 ご使用後はキャップをしっかりと閉めて保管してください。 乳幼児の手の届かないところに保管してください。

内容量

30g

お届けについて

ヤマト運輸株式会社でお届けします。 お支払い方法選択画面より日付と時間の指定ができます。

関連商品