COLUMNコラム

戻る

まつ毛美容液の使用期限とは?劣化によるトラブル・長持ちさせる保管方法

まつ毛美容液 使用期限

まつ毛美容液の使用期限とは、開封前と開封後でそれぞれ異なります。

まつ毛美容液には使用期限が記載されていない場合も多いですが、劣化した美容液は目元のトラブルを引き起こす危険があります。

今回は、まつげ美容液の使用期限や、長持ちさせる保管方法などについてご紹介いたします。

まつ毛美容液の使用期限

まつ毛美容液の使用期限

まつ毛美容液の使用期限は、開封前の場合は製造から3年以内、開封後の場合は開封してから1~3カ月だとされています。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)では、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定な化粧品は使用期限を記載しなくてもよいとされています。

ですので、開封前のまつげ美容液の場合、パッケージなどに期限が明記されていなければ、一般的に製造から3年以内が消費期限だとされているのです。

一方で、開封後のまつげ美容液は、中身が空気に触れることで劣化が早まりますので、開封してから1~3カ月が使用期限の目安です。

開封時期がわからない場合のチェックポイント

開封時期がわからない場合のチェックポイント

いつ開封したのかわからないまつげ美容液の場合、まだ使用できるかを確認するには、

・色の変化
・テクスチャーの変化
・匂いの変化

をチェックしましょう。

例えば、元の色は透明だったのに、黄色っぽく変色しているなど色に変化がある場合は、劣化していると判断して、使用を中止しましょう。
また、さらっとしたテクスチャーの美容液にとろみがついている場合や、元の香りが飛んでいたり異臭がする場合も、品質が低下しているサインです。

これらのように、元の状態から少しでも異変を感じたら、トラブルを防ぐためにも使用を中止し、新しいまつげ美容液と交換しましょう。

まつげ美容液の使用期限を守らないと起こり得るトラブル

まつげ美容液の使用期限を守らないと起こり得るトラブル

まつげ美容液の使用期限を守らないと、効果が出にくくなることに加えて

・目のかゆみやかぶれ
・目の充血、傷み
・目元の肌荒れ

などのトラブルが起こる危険があります。

これらのような目元のトラブルを防ぐためには、使用期限を守って使用しましょう。

まつげ美容液を長持ちさせる保管方法

まつげ美容液を長持ちさせる保管方法

まつげ美容液の劣化を防ぐには、開封しているか否かに関わらず、

・高温多湿を避ける
・使用後はすぐに蓋をしめる

といったことに注意して保管しましょう。

高温多湿を避ける

まつ毛美容液は、暖房器具などの高温になる場所や、洗面所などの湿気が多い場所を避けて保管しましょう。
基本的には常温での保管で問題ありませんが、室温が35度を超える時期は冷蔵庫での保管をおすすめします。
ただし、まつげ美容液に含まれている成分によっては、冷やすことで変質する可能性があります。
冷蔵庫での保管は、メーカーに確認すると安心です。

使用後はすぐに蓋をしめる

雑菌の繁殖や空気に触れることによる酸化を防ぐためにも、使用後はすぐに蓋をしめましょう。
雑菌の繁殖や成分の酸化は、品質を劣化させ目元のトラブルの原因となります。

まとめ

まつげ美容液は、粘膜に近い非常にデリケートな部分に使用するものですので、トラブルを避けるためにも使用期限をきちんと守って使用しましょう。

同時に、品質の劣化を防ぐためにも適切な方法での保管を心がけることも大切です。

ぜひ、正しい保管方法でまつげ美容液を毎日の目元のお手入れに取り入れてくださいね。

3つの方向からアプローチするまつ毛美容液

CO ロングラッシュリッチ

CO ロングラッシュリッチ
  • まつ毛を守り、整える「プロテクトケア」
  • ダメージをケアしてみずみずしい目元へ導く「ラッシュケア」
  • まつ毛のハリ、コシを根本からサポートする「リッチケア」

在庫切れ続出

CO ロングラッシュリッチの詳細はこちら

Page Top