COLUMNコラム

戻る

プラセンタの正しい使い方とは?効果を引き出す3つのポイントをご紹介

プラセンタ 使い方

プラセンタの正しい使い方とは、「洗顔した肌に一番につける」ことなどです。

プラセンタの特徴を踏まえた使い方をすることで、その効果を存分に引き出すことができるでしょう。

この記事では、プラセンタの美容面での効果引き出す3つのポイントについてご紹介します。

プラセンタとは?

プラセンタとは?

そもそもプラセンタとは動物の胎盤のことです。
プラセンタには多くの栄養成分が含まれており、美容面での効果の他、疲労回復や更年期障害の症状を緩和するなどの効果もあると言われています。

主な美容面での効果としては、

・美白効果
・肌にハリを与える
・肌の保湿力を高める
・にきび肌を改善する
・肌のくすみを改善する

などが挙げられます。

これらのような美容面でのプラセンタの効果を得るには、正しい使い方で取り入れる必要があります。

プラセンタの効果的な使い方

プラセンタの効果的な使い方

プラセンタの効果的な使い方は、次の通りです。

・洗顔後すぐにつける
・気になる部分には重ね塗りする
・イオン導入

洗顔後すぐにつける

プラセンタは、洗顔後すぐに肌につけることで、その効果を最大限に発揮します。

なぜなら、プラセンタは乳液やクリームなどによって皮膜ができてしまうと、肌に浸透できないからです。
プラセンタを最初に塗っても肌に皮膜は残らないので、その後問題なく化粧水などを使用できます。

洗顔後、一番最初にプラセンタを使用することで、有効成分を効果的に肌の奥まで届けることができるでしょう。

気になる部分には重ね塗りする

気になる部分には、プラセンタを重ね塗りすることも効果的です。

プラセンタは、シミやシワ、毛穴などにも効果的なので、顔全体に塗った後に少量を気になる部分に重ね付けしましょう。
皮膚が薄い目元には、優しくなじませるのがポイントです。

重ね塗りした後は、クリームや乳液でしっかりと保湿することも大切です。

イオン導入もおすすめ

プラセンタは、イオン導入することもおすすめです。
イオン導入とは、微弱な電流を利用して美容成分をイオン化し、肌の奥まで浸透させるケアのことです。

肌の構造上、通常のスキンケアでは肌の奥深くにある真皮層にまで成分を浸透させることは困難ですが、イオン導入することで肌の奥まで届けることができるのです。

プラセンタをイオン導入する際は、余計な保湿剤などは使用せず、プラセンタのみで使用するか、精製水で薄めたものを使用しましょう。

まとめ

栄養成分が豊富なプラセンタには、シミやシワ、くすみなど様々なお肌のお悩みにアプローチしてくれる素晴らしい美容成分です。

そのプラセンタの効果をしっかりと実感するには、正しい使い方で用いることが大切です。

プラセンタを用いた正しいスキンケアで、より美しく元気なお肌を手に入れてくださいね。

販売実績500万本突破!

COうるおい女神プラセンタドリンク

CO うるおい女神プラセンタドリンク
  • Co-medical+ 人気No.1商品
  • プラセンタとコラーゲンがどっちも入ってる
  • お得な定期便もあります

在庫切れ続出

COうるおい女神プラセンタドリンクの詳細はこちら

Page Top