COLUMNコラム

戻る

シミは日焼けをしたらすぐにできるの?紫外線を浴びたら即ケアを!

シミは日焼けをしたらすぐに出来てしまうのか?紫外線を浴びたら即ケアを!

 

シミは日焼けをしたらすぐにできると思っている方も多いのではないでしょうか。

シミは、日焼けをしたらすぐにできるわけではありません。

長期間紫外線を浴び続けることで、メラノサイトという組織が刺激され、メラニンが過剰に作り出され蓄積することで できてしまいます。

紫外線を浴びたらすぐにケアをし、メラニンが沈着するのを防ぎ 明るい素肌をキープするように心がけましょう。

シミは日焼けをしたらすぐにできるの?

シミは日焼けをしたらすぐにできるのか

シミは日焼けをしたらすぐにできるというものではありません。

紫外線を浴びると、そのダメ-ジに備えるためにメラニン色素が作り出されます。そのメラニンが肌に沈着することで、日焼けした黒い肌の色になります。

ただ、この黒い肌は一時的なもの。通常であれば肌の生まれ変わりとともにメラニンも少しずつ肌の表目に押し出され 剥がれ落ち、肌は元の色に戻る仕組みとなっています。

ところが、長期間紫外線によるダメージを受け続けた場合、メラノサイトという組織が刺激されてしまい、メラニンが過剰に作り出されるようになります。つまり、メラニンの生成が排出を上回ってしまうことになり、シミとなってしまうのです。

シミになる前に!日焼け後のケア方法

外側からのケア①冷却する

外側からのケア①冷却する

シミになる前に、日焼けをした直後は冷却して肌の炎症を鎮めることが大切です。保冷剤をタオルなどに包んで当てる、ミネラルウォーターをスプレーするなどの方法があります。
ほてりが落ち着いた後は、かゆみや痛みを抑制するための抗炎症成分配合の軟膏を使うこともあります。症状が重い場合には、皮膚科を受診するようにしましょう。

外側からのケア②美白※化粧品を使う

外側からのケア②美白※化粧品を使う

炎症が治まってからは、医薬部外品の美白※化粧品でシミ予防のお手入れを開始しましょう。美白※化粧品には、日焼けによってメラノサイトでメラニンを生成されるのを抑制する有効成分が配合されています。
紫外線を浴びてしまったら、できるだけ早めに美白※有効成分で肌をケアすることが大切です。

※メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

内側からのケア

シミを内側からケアする

シミを予防する栄養素を摂取して、日焼けした後は内側からのケアも重要です。
具体的には、
・β-カロテンとリコピンが含まれる食材で、メラニンの生成を整える
例)緑黄色野菜、トマト、スイカなど…

・ビタミンAでメラニンの自然な排出を促す!
例)緑黄色野菜、柑橘類、うなぎ、レバーなど…

・ビタミンCは、外出1〜2時間前に摂取が効果的!
例)野菜、フルーツなど…

まとめ

シミは、日焼け後すぐにできるわけではないということが分かりましたね。

紫外線を浴びてしまったら、外側からだけではなく内側からケアを行い、明るく健康的な素肌をキープしていきましょう。