COLUMNコラム

戻る

化粧品に使用期限ってあるの?開封前後の違いについても解説!

化粧品 使用期限

化粧品にも使用期限はあります。

化粧品の使用期限は、開封前と後では異なっており…

開封前は一般的に製造日から3年、開封後はなるべく早く半年以内には使い切るようにしましょう。 良い状態で使うためには、保管の仕方も大切になります。

酸化防止

清潔

温度調整

メイク用品を正しく保存し、しっかりと使い切りましょう。

化粧品に使用期限ってあるの?

化粧品にも使用期限があることをご存知でしたか?

普段何気なく使用している化粧品ですが、使用期限は開封前と開封後では大きく異なります。また、保管の仕方によっても化粧品の持ち具合も左右されるため、注意が必要です。

化粧品の使用期限-開封前―

化粧品の使用期限は、開封前では一般的に製造日から3年といわれています。 しかし、多くの化粧品には、製造日の記載がありません。

というのも、実は化粧品が関係している法律「医薬品医療機器等法」においては、「製造又は輸入後3年を超えて性状及び品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えない」とされているのです。つまり、その品質が3年以上保てる“商品”に関しては、製造年月日を付ける必要がないということ。そして化粧品は、“その商品”に該当しているということになります。

※ただし開封前の化粧品であっても、保管状態が悪いと品質が低下している場合もあります。しっかりと中身の状態を確認し、おかしいなと感じたら使用を控えるようにしましょう。

化粧品の使用期限-開封後―

開封後の化粧品に関しては、商品や保管状態にもよりますが、開封してから時間の経過とともに品質が低下する恐れがあるため なるべく早く、できれば半年以内には使い切ることをおすすめします。

【化粧品の使用期限】保管する際のポイント

スキンケア ボトル

酸化防止 →きちんとふたを閉めて 極力、空気に触れさせない

清潔 →肌に直接触れる使い方をせず、異物や水分の混入を防ぐ

温度調整 →温度や湿度の高くない場所や直射日光を避けて保管

【化粧品の使用期限】こんな状態は要注意!

女性 化粧品 悩み

化粧品の使用期限が分からず、以前使っていたものを久しぶりに使おうとした際、次のような現象を感じたことがある方は いませんか?

変なにおい

マスカラや口紅、グロスなど体の一部に直接触れるものなどに関しては、劣化してにおいが発生しやすくなります。

変色

もともと白色だったクリームが黄色く変色していたり、透明だった液体が濁っている場合には使用を控えましょう。

分離

使用前に振って混ぜてから使うタイプを除いて、化粧品はそもそも乳化剤で成分が混ざり合っています。明らかに水分と固形物が分離している化粧品は使用しないようにしましょう。

質感や感触の変化

これまでに感じたことのない、ざらつきや もたつき、脂っぽさなど、使用感に変化を感じたら中の成分が変質している可能性があります。

【化粧品の使用期限】まとめ

化粧品の使用期限を これまで気にしたことが無かった方も多かったのではないでしょうか。

これを機に正しい使い方と保管の仕方を実践して、肌のコンディションに悪影響を及ぼすものにならないように気をつけましょう。