COLUMNコラム

戻る

まつげ美容液には どんな種類があるの?お悩み別 お勧め成分についてもご紹介

まつげ美容液にはどんな種類があるのかお悩み別にご紹介

 

まつげ美容液には どんな種類があるかご存知でしょうか?

まつげ美容液には、次のような種類があります。

・マスカラタイプ

・チップタイプ

・筆タイプ

・チューブタイプ

今回は、これらのタイプの特徴だけではなく、商品ごとに使われる様々な成分についてもご紹介していきます。お悩みに最適な成分を見つけるための参考にしていただければ幸いです。

まつげ美容液の種類とは?

まつげ美容液の種類とは?

冒頭でもお伝えしましたが、まつげ美容液には「マスカラタイプ」「チップタイプ」「筆タイプ」「チューブタイプ」の4種類があります。

マスカラタイプ

マスカラ同様の使い方です。マスカラタイプのまつげ美容液を塗ることで、マスカラ下地としても使用することが可能です。まつげ美容液初心者にお勧めです。

チップタイプ

先端が柔らかい素材やシリコンになっており、リップグロスのような見た目です。まつげエクステにも引っかかりにくくなっています。まつげ美容液初心者にお勧めです。

筆タイプ

アイライナーよりも細い先端が特徴で、細かい生え際にも塗りやすくなっています。そのため、生え際の集中ケアとしてお勧めで、他の種類と併用して使用することが多いです。

チューブタイプ

指先や綿棒に出して、そのまま目元全体に塗るタイプです。あまりテクニックを必要としない種類です。まつげだけでなく、目元全体をケアしたい方にお勧めです。

【まつげ美容液】お悩み別 成分の種類

【まつげ美容液】お悩み別 成分の種類

まつげの傷みが気になる…

まつげの傷みに悩んでいる方には、補修成分や保湿成分が配合されているまつげ美容液がお勧めです。

≪補修成分≫

ケラチン、パンテノール、加水分解エラスチン、加水分解シルクetc.

≪保湿成分≫

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド etc.

まつげにハリ・コシをプラスしたい…

まつげにハリやコシをプラスしてボリュームアップさせたい方には、合成ポリマーが配合されたまつげ美容液がお勧めです。

≪合成ポリマー≫

ヒドロキシエチルセルロース、クロスポリマー etc.

長いまつげが理想…

まつげが短いというお悩みの方には、まつげの成長を見守り、まつげの生えてくる肌も整えることが期待できる成分が配合されたまつげ美容液がお勧めです。

≪毛母細胞の修復が期待できる成分≫

フラーレン、キャピルシル etc.

刺激が少ないまつげ美容液がいい…

目の周りの肌は薄くデリケートであるため、なるべく刺激の少ないものを選びたいという方には、シリコン、界面活性剤、エタノール、防腐剤、合成香料などの成分が入っていないまつげ美容液がお勧めです。

まとめ

まつげ美容液には4種類ありましたね。配合されている成分も、商品によって異なるため、ご自身のお悩みに応じたものを選ぶことをお勧めします。