COLUMNコラム

戻る

まつ毛が長いとされる基準とは?自まつげが長い理由も解説します!

まつげが長いとされる基準とは?

まつ毛が長いとされる基準とは、日本人の平均である約7㎜以上だと言えるでしょう。

まつ毛が長いと、「アイメイクが映える」「目が大きく見える」といったメリットがあることから、長いまつ毛は多くの女性のあこがれでもあります。

そこで今回は、日本人の平均的なまつ毛の基準や、自まつ毛が長い理由についてご紹介していきたいと思います。

日本人の平均的なまつげの基準とは?

日本人の平均的なまつげの基準

自分のまつげが長いかどうかを知るには、平均的な長さと比較することが鍵となります。

日本人女性の平均的なまつげの長さは、6.8㎜、本数に関しては、1㎜あたり2.6本だと言われています。

それに対して、欧米人女性のまつげの平均的な長さは8.1㎜、1㎜あたりの本数は3.4本と、欧米人女性の方がまつげが長く、密度も高いことがわかります。

そういったことから、日本人であれば約7㎜以上あると「まつ毛が長い」と言えるのではないでしょうか。

まつ毛が長い理由とは?

まつげが長い理由とは?

まつ毛が短くてお悩みの方も多いかと思いますが、その一方で自まつ毛が長い人も多いですよね。

マスカラなどをしなくても自まつげが長い理由には、両親からの遺伝の影響も少なからずありますが、

まつ毛への負担を抑えている

お手入れをしっかりとしている

といったことも挙げられます。

ビューラーやマスカラ、マツエクなどをしていると、それらがまつ毛にとって負担となっており、まつ毛の成長を妨げてしまっていることになります。

しかし、日頃からまつげへの負担を抑えるようにしていると、その小さな積み重ねによってまつ毛が長い状態をキープすることができるのです。

また、自まつげを長い状態で保つには、マッサージなどで目元の血行を促進したり、まつげ美容液を使ってケアすることも必要です。

まつ毛も髪の毛と同様、丁寧にケアしてあげることで、美しく健康な状態を維持できるのです。

まとめ

今回は日本人の平均的なまつげの基準や、まつ毛が長い理由についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

平均的なまつげの長さと比較することで、まつ毛ケアへのモチベーションアップにもなるでしょう。もし、正確なまつげの長さを測りたい場合は、コスメカウンターで測ってもらうこともおすすめです。