COLUMNコラム

戻る

まつ毛パーマの傷みをケアする方法とは?ダメージの原因と抑えるポイント

まつ毛パーマ 傷み

まつ毛パーマの傷みをケアする方法とは、まつ毛美容液などでダメージの補修や保湿をすることです。

さらに、まつ毛パーマをかける際のダメージを抑えることができれば、傷みを最小限にすることも可能です。

今回は、まつ毛パーマでの傷みを抑えるポイントや、自宅でできるアフターケアについてご紹介します。

まつ毛パーマで傷む原因

まつ毛パーマで傷む原因

まつ毛パーマで傷む原因は、薬剤によるダメージです。

「化粧品登録」されたまつ毛に優しい薬剤であっても、まつ毛の中の結合を外し、また再結合する仕組みのパーマ剤であることには変わりないからです。
そのため、まつ毛パーマを頻繁にかけていると、ダメージが蓄積されてどんどん細く弱いまつ毛になってしまうのです。

また、まつ毛パーマをかけたうえでビューラーを使用している場合も、さらにまつ毛を傷めてしまう原因に。
パーマがかかった状態のまつ毛はデリケートなので、ビューラーの使用は控えましょう。

まつ毛パーマでの傷みを抑えるポイント

まつ毛パーマでの傷みを抑えるポイント

まつ毛パーマによる傷みは、頻繁な施術を避けたり、カールをゆるめにすることで抑えることが可能です。
施術は最低でも3~4週間程度空けて、ダメージの蓄積を防ぎましょう。

また、自宅でのケアで普段からダメージに強いまつ毛に育てておくことも大切です。
まつ毛美容液でのケアや、目元に負担をかけない洗顔方法で、まつ毛を健康な状態にキープしましょう。

まつ毛パーマの傷みをケアする方法

まつ毛パーマの傷みをケアする方法

まつ毛パーマによる傷みは、まつ毛美容液やアイシャンプーでケアすることが可能です。

まつ毛美容液を使用することで、パーマによるダメージの補修や保湿をすることができ、ハリやコシのあるまつ毛へと導くことができます。

アイシャンプーとは、目元専用のシャンプーのことで、まつ毛に棲む「まつ毛ダニ」を洗い流す効果もあります。
目元を清潔にすることでまつ毛の成長を促進し、まつ毛美容液の浸透を高める効果も期待できます。

まとめ

理想的なカールを手に入れることができるまつ毛パーマですが、健康なまつ毛をキープするには、自宅でのホームケアが必要です。

かける頻度などに注意しつつ、まつ毛美容液やアイシャンプーなどの専用のアイテムを取り入れて、すっぴんでも可愛いまつ毛を楽しみましょう。

3つの方向からアプローチするまつ毛美容液

CO ロングラッシュリッチ

CO ロングラッシュリッチ
  • まつ毛を守り、整える「プロテクトケア」
  • ダメージをケアしてみずみずしい目元へ導く「ラッシュケア」
  • まつ毛のハリ、コシを根本からサポートする「リッチケア」

在庫切れ続出

CO ロングラッシュリッチの詳細はこちら

Page Top