COLUMNコラム

戻る

コラーゲンとプラセンタの違いとは?取り入れ方別の効果もご紹介!

コラーゲン プラセンタ 違い 違い

コラーゲンとプラセンタの違いをご存知でしょうか?

コラーゲンは潤いある肌をキープする働きがあるのに対し、プラセンタには繊維芽細胞を活性化させる働きがあるという違いがあります。

今回は、美容に良いとされているこれらの成分について詳しくご紹介していきます。

コラーゲンとプラセンタの違いとは?

コラーゲンもプラセンタも美容に良いとはされていますが、その違いが分からない方も多いのではないでしょうか。

コラーゲンとプラセンタには、次のような違いがあります。

◇コラーゲン…潤いある肌をキープする働きがある

◇プラセンタ…繊維芽細胞を活性化させる働きがある

次の章では、それぞれの働きについて、摂取した場合と肌に直接塗った場合について解説していきます。

【コラーゲンとプラセンタの違いとは?】コラーゲンの働き

コラーゲン 肌 ハリ 女性

コラーゲンは、肌のハリのもととなる成分。ヒトの体を構成するタンパク質の約3割を占め、特に肌に多く含まれています。
加齢とともに減少することでシワやたるみの原因になってしまいます。

コラーゲンを摂取した場合の働き

コラーゲンは、ゼラチンや牛すじ、魚の皮などに豊富に含まれています。
これまで、摂取しても肌への直接の効果はあまり期待できないとされていました。

ですが、ここ最近コラーゲンペプチドが体内でコラーゲンを作る線維芽細胞を増やすという説も唱えられています。

コラーゲンを塗った場合の働き

コラーゲンを塗ることによって、本来の働きとは違いうるおいをプラスしてくれます。
というのも、コラーゲン分子が大きいものは肌表面に留まって保湿し、バリア機能をサポートしてくれます。

一方でコラーゲン分子の小さなものは角層にうるおいを与えてくれます。ただし、ハリを生み出す本来の働きとは異なります。

【コラーゲンとプラセンタの違いとは?】プラセンタの働き

プラセンタ イラスト

プラセンタは、胎児を育て出産時に排出される貴重な栄養成分です。
アミノ酸やビタミン、酵素などの栄養素が豊富に含まれており、細胞の新陳代謝を促してくれます。

ただし海洋性プラセンタは魚の卵巣膜、植物性プラセンタは植物の胎座抽出成分であるため、効果は減少してしまいます。
基本の哺乳類由来のプラセンタとは分けて考えるようにしましょう。

プラセンタを摂取した場合の働き

プラセンタをサプリやドリンクで摂取することで、透明感のある肌へと導いてくれます。
哺乳類由来のプラセンタの原料は、豚や馬、牛、羊などですが、一般的な食材には残念ながら含まれておりません。

そのため、プラセンタを摂取するなら、サプリメントやドリンクがおすすめです。
肌の修復をサポートし、透明感の肌へと導く作用が期待できます。

プラセンタを塗った場合の働き

プラセンタを肌に直接塗ることで、うるおいを与え、肌のバリア機能をサポートしてくれる効果が期待できます。
表面から角層にたっぷりうるおいを与え、肌内部のバリア機能をサポートしてくれるのです。

まとめ

コラーゲンもプラセンタもそれぞれ違う働きですが、いずれも美容に欠かせない成分です。
しかし、食事などでは補いきれないため、サプリメントやドリンクで上手に摂取することをおすすめします。

販売実績500万本突破!

COうるおい女神プラセンタドリンク

CO うるおい女神プラセンタドリンク
  • Co-medical+ 人気No.1商品
  • プラセンタとコラーゲンがどっちも入ってる
  • お得な定期便もあります

在庫切れ続出

COうるおい女神プラセンタドリンクの詳細はこちら

Page Top