COLUMNコラム

戻る

まつげ美容液の筆タイプとは?メリット・デメリット・他のタイプとの違い

まつげ美容液 筆

まつげ美容液の筆タイプとは、リキッドアイライナーと同じような形状をしており、アイライナーと同様にアイラインを引くように使用するのが特徴です。
しかし、まつげ美容液の種類は筆タイプだけでなく、チップタイプやスクリューブラシタイプなども。

そこで今回は、まつげ美容液の筆タイプのメリット・デメリットと併せて、まつげ美容液の種類についてご紹介していきたいと思います。

まつげ美容液の筆タイプとは?

まつげ美容液 筆

まつげ美容液の筆タイプは、リキッドアイライナーのような形状をしているのが特徴です。

そのメリット、デメリットは次の通りです。

メリット

まつげ美容液の筆タイプとは、リキッドアイライナーのように先端が細くなっていることから、細かい部分にも塗りやすいのが特徴です。
そのため、気になる部分を集中的にケアしたい場合に向いているでしょう。


デメリット

細かい部分にもピンポイントで使いやすい一方で、筆タイプは毛先全体に塗るのが難しく、時間がかかるのがデメリットです。

まつ毛の根元を集中的にケアしたい場合には向いていますが、まつ毛全体を保湿・補修するには不向きだと言えるでしょう。

まつげ美容液の種類

まつげ美容液 ブラシ

まつげ美容液には、筆タイプの他に「チップタイプ」「スクリューブラシタイプ」「手で塗るタイプ」があります。

チップタイプのまつげ美容液は、スポンジ部分に美容液をたっぷりと含むことから、まつ毛全体にたっぷりと塗りたい場合に向いています。
ピンポイントで塗ることもできるので、まつ毛の根元や目じりなどへも塗りやすいのが特徴です。


スクリューブラシタイプは、マスカラのように塗ることができることから、まつげ美容液を初めて使う方にもおすすめです。また、マスカラ下地としても使用しやすいところも

手で塗るタイプのものは、クリームのようなテクスチャーのまつげ美容液なので、指や綿棒を使用して塗るのが特徴です。アイクリームとして使用できるものもありますが、まつ毛の根元などの細かい部分に塗るには不向きかもしれません。

まとめ

今回は、まつげ美容液の筆タイプのメリット・デメリットと併せて、まつげ美容液の種類についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

まつげ美容液を選ぶ際は、含まれている成分をチェックするのはもちろん、使いやすい形状であるかどうかも大切です。

ぜひ、まつげ美容液のタイプごとの特徴を把握し、まつ毛のお悩み・目指すまつ毛に合ったまつげ美容液を見つけてくださいね。

3つの方向からアプローチするまつ毛美容液

CO ロングラッシュリッチ

CO ロングラッシュリッチ
  • まつ毛を守り、整える「プロテクトケア」
  • ダメージをケアしてみずみずしい目元へ導く「ラッシュケア」
  • まつ毛のハリ、コシを根本からサポートする「リッチケア」

在庫切れ続出

CO ロングラッシュリッチの詳細はこちら