COLUMNコラム

戻る

まつげパーマとは?メリット・デメリット・美しく保つケア方法とは?

まつ毛パーマ

まつげパーマとは、文字通りまつげにパーマをかけることです。

ビューラーなしでも、くるんと綺麗に上がったまつげをキープできるので、目元をグッと魅力的に見せてくれます。

そこで今回は、まつげパーマのメリット・デメリットや、まつげを美しく保つケア方法についてご紹介していきます。

まつげパーマのメリット・デメリット

まつ毛 パーマ

まつげパーマのメリットとしては、

・逆さまつげの矯正
・ナチュラルに盛れる
・湿度に強い
・お手入れが簡単

といったことが挙げられます。

下向きのまつげでも、まつげパーマをすることでくるんと上向きのカールを手に入れることができるので、毎朝ビューラーを使う必要がなくなり、湿気でカールが落ちてきてしまう心配もありません。

また、マツエクと違ってどんなクレンジング剤でも使用できることから、お手入れが簡単なところもメリットですね。

一方で、まつげパーマのデメリットとしては、

・薬剤によるダメージ
・デザインが限られる

といったことがあります。

毎日ビューラーを使用するよりはまつげへの負担は少ないでしょう。

しかし、自まつげに直接薬剤を使用することから、色素や水分が失われたり、切れやすくなるなどのダメージを受けることも知っておきましょう。

まつげパーマ後のまつげを美しく保つケア方法

まつ毛 パーマ

まつげパーマをしたら、まつげを美しく健康に保つために

・施術後3~4時間は手で触ったり水に濡れないようにする
・施術した日はマスカラを塗らないようにする
・まつげ美容液で毎日ケアする

といったことが大切です。

まつげパーマをすることによる自まつげへの負担は、ゼロではありません。

しかし、まつげ美容液でケアすることで、毛髪内部に必要な成分を補給すると同時に、まつげのキューティクルの損傷を保護することができるのです。

ただし、まつげパーマ前に美容液を塗っていると、薬剤の浸透を妨げてしまいますので、まつげパーマの施術前には塗らないようにしてくださいね。

まとめ

今回は、まつげパーマの注意点や、まつげを美しく保つケア方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

まつげパーマは、自まつげの状態が良いほど持ちがよく、見た目の美しさもキープできます。そのためには、まつげ美容液でのケアが必要不可欠です。

ぜひ、まつげパーマによるダメージへの修復効果が期待できる美容液で、くるんときれいなカールをキープしましょう。

圧倒的コスパを実現した、大人気まつげ美容液

湘南美容まつ毛美容液

湘南美容まつ毛美容液
  • まつ毛を守り、整える「プロテクトケア」
  • ダメージをケアしてみずみずしい目元へ導く「ラッシュケア」
  • まつ毛のハリ、コシを根本からサポートする「リッチケア」

在庫切れ続出

湘南美容まつ毛美容液の詳細はこちら

Page Top