COLUMNコラム

戻る

プラセンタのシミへの効果とは?シミの原因・プラセンタが効果的な理由

プラセンタ シミ

プラセンタのシミへの効果とは、メラニンが生成されないようにする働き、メラニンの肌への蓄積を防ぐ作用にあります。

ですので、プラセンタをシミ対策として取り入れることで、年齢とともに気になってくるシミの予防・改善効果が期待できるのです。

この記事では、シミの原因やプラセンタがシミの予防・改善に効果的な理由についてご紹介します。

シミの原因とは?

シミの原因とは?

シミができる原因としては、紫外線や活性酸素、肌のターンオーバーの乱れなどが挙げられます。

紫外線

そもそもシミとは、肌に生成されたメラニンが肌に沈着したものです。
メラニンは肌のターンオーバーによって排出されますが、紫外線を浴びすぎると多量のメラニンが生成されてしまい、排出が追い付かず、メラニン色素が肌に残ってしまうのです。

肌のターンオーバーの乱れ

紫外線を浴びても肌のターンオーバーによって自然にメラニン色素は排出されますが、ターンオーバーが乱れているとメラニンの排出が遅れてしまい、メラニン色素が肌に蓄積されてしまいます。

肌のターンオーバーの乱れは、ストレスや睡眠不足、栄養不足が主な原因です。

活性酸素

活性酸素とは、身体を酸化させてしまう物質のことで、大量に発生すると様々な病気や肌トラブルを引き起こす原因となります。

活性酸素はメラノサイトを刺激し、メラニン色素の生成を促す働きもあることから、シミを発生させてしまうのです。

活性酸素が発生する原因としては、加齢や紫外線、ストレス、運動不足、栄養不足などが挙げられます。

プラセンタがシミの予防・改善に効果的な理由

プラセンタがシミの予防・改善に効果的な理由

プラセンタがシミの予防、改善に効果的な理由は、プラセンタが持つ「チロシナーゼ活性阻害」、「DHICA重合阻害」という作用に加えて、肌のターンオーバーを促す働きにあります。

チロシナーゼ活性阻害

チロシナーゼ活性阻害とは、メラニン生成の要因となるチロシナーゼの活性をプラセンタが阻害する働きです。

メラノサイト(メラニンを生成する細胞)でメラニンが生成される際、チロシナーゼの助けがなければ生成することができませんが、プラセンタにはチロシナーゼの活性を阻害する働きがあるため、シミ予防が期待できるというわけです。

DHICA重合阻害

DHICA重合阻害も、メラニンが生成される際に必要な物質との化学反応を阻害する働きのことを言います。

メラニンが生成される際には、DHICA(ジヒドロキシインドールカルボン酸)による化学反応が必要ですが、プラセンタにはDHICAの化学反応を阻害する働きがあるため、シミを防ぐことができるのです。

肌のターンオーバー促進

プラセンタに含まれている「細胞増殖因子」には、肌のターンオーバーを促進する働きがあり、シミの改善に効果があるとされています。

細胞増殖因子とは、様々な細胞を修復・再生させる作用があることから、ターンオーバーを整えて、シミの元となるメラニンが肌に蓄積されることを防ぐのです。

まとめ

年齢を重ねるとともに増えてくるシミは、ケアせずに放置しているとどんどん濃く、数も増えてきてしまいます。

いつまでも透明感のある肌をキープするためには、早めのシミ対策が必要です。

ぜひ、シミ対策にプラセンタを取り入れて、素肌美人を目指しましょう。

販売実績500万本突破!

COうるおい女神プラセンタドリンク

CO うるおい女神プラセンタドリンク
  • Co-medical+ 人気No.1商品
  • プラセンタとコラーゲンがどっちも入ってる
  • お得な定期便もあります

在庫切れ続出

COうるおい女神プラセンタドリンクの詳細はこちら

Page Top