COLUMNコラム

戻る

セラミドとプラセンタとの違いとは?特徴や働き・相乗効果について

セラミド プラセンタ 違い

セラミドとプラセンタとの違いとは、保湿効果がメインであるか、アンチエイジングなどの効果も持ち合わせているかといった働きにあります。

セラミドとプラセンタの違いが気になり、どちらを選べばいいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

この記事では、セラミドとプラセンタそれぞれの特徴や働き加えて、併用することで期待できる相乗効果についてもご紹介します。

セラミドとは?

セラミドとは?

セラミドとは、肌の潤いを守る保湿成分です。
表皮の角質層にあり、細胞と細胞の間を埋めることで、水分の蒸発を防ぎます。

セラミドは、肌を保湿する他にも、紫外線や乾燥などの外部刺激から肌を守る「バリア機能」の働きを持っています。

セラミドが豊富に存在している肌は、しっとりと潤いがあり、外からの刺激のダメージを受けにくい状態だと言えますが、セラミドが不足すると乾燥や肌荒れを引き起こしたり、敏感肌になったりすることもあります。

プラセンタとは?

プラセンタとは?

プラセンタとは動物の胎盤のことで、アミノ酸やビタミン、ミネラル類などを豊富に含んでいる成分で、「豚プラセンタ」「馬プラセンタ」「羊プラセンタ」など様々な種類があります。

プラセンタには、美白効果や保湿効果、アンチエイジング効果など多くの美容効果がある成分として知られています。

その大きな鍵となっているのが、プラセンタに含まれている栄養素の一つである「成長因子」です。
成長因子は、ダメージを受けた細胞の修復したり、新陳代謝をアップさせたりするなどの働きがあるため、美白・アンチエイジングに効果的だというわけです。

さらに、プラセンタに含まれるアミノ酸やコラーゲンなどの成分は、肌にハリやツヤを与え、保湿力をアップさせる働きもあります。

セラミドとプラセンタの違いによる相乗効果

セラミドとプラセンタの違いによる相乗効果

セラミドとプラセンタの違いによる相乗効果により、加齢による肌のたるみやくすみ、ほうれい線などのお悩みを改善することが可能です。
なぜなら、セラミドには高い保湿力が、プラセンタには保湿力に加えて美白・アンチエイジングなどの美容効果があるからです。

例えば、セラミドとプラセンタを一緒に用いることで、肌の水分をより蒸発させにくく、細胞の中に取り込んでおくことができます。

水分を十分に含んだ肌はしっとりとしていて、ハリ・ツヤがあるため、加齢による肌のお悩みを解消することができるのです。

まとめ

セラミドとプラセンタはそれぞれ異なる美容成分ですが、併用することで加齢や乾燥に負けない健やかな肌作りをサポートしてくれます。

肌荒れやたるみ、くすみなどのお肌のトラブルにお悩みの方は、セラミドとプラセンタの2つの美容成分を一緒に用いることをおすすめします。

販売実績500万本突破!

COうるおい女神プラセンタドリンク

CO うるおい女神プラセンタドリンク
  • Co-medical+ 人気No.1商品
  • プラセンタとコラーゲンがどっちも入ってる
  • お得な定期便もあります

在庫切れ続出

COうるおい女神プラセンタドリンクの詳細はこちら

Page Top