COLUMNコラム

戻る

シミには「メラニン抑制」が重要!知っておきたいシミができるメカニズム

シミにはメラニン抑制が重要!

 

シミには「メラニンの過剰な生成を抑制する対策」と「ターンオーバーを正常に保つ対策」が必要です。
シミのもととなるメラニンの生成を抑制するためには、トラネキサム酸が配合されている美白クリームなどを使うことが有効とされています。
ここで注意したいのは、美白はすでにできたシミを消すわけではありません。
美白とは、メラニンの生成を抑え、シミを防ぐことをあらわします。

この他、紫外線対策や保湿ケアなども重要となります。

シミには「メラニン抑制」が重要

シミ対策には、シミのもととなるメラニンが生成されるのを抑制する事が大切です。

シミ対策には、シミのもととなるメラニンが生成されるのを抑制する事が大切です。

そのため、日々のケアには次のような美白成分が配合されているものを選びましょう。

【シミ対策!】メラニン生成の原因酵素の働きを抑制

シミのもととなるメラニンが生成される際に働く酵素、「チロシナーゼ」の働きを抑制する成分が配合されたものを使用しましょう。

〈有効美白成分〉

・エラグ酸

・ビタミンC誘導体

・コウジ酸

・アルブチン

【シミ対策!】メラニンを生成する細胞の働きを抑制

シミのもととなるメラニンは、メラノサイトという組織で生成されます。そのため、メラノサイトの活動を整える成分である「トラネキサム酸」などが配合されたものを使用しましょう。

シミができるメカニズムとは

シミができてしまうメカニズムとは?

シミ対策には、シミのもととなるメラニンの生成を抑制する事が重要とお伝えしましたが、ここでシミができるメカニズムについてご紹介していきましょう。

シミの原因となる「メラニン」は、皮膚表皮の最深部分である基底層にある「メラノサイト」で生成されます。

長期間紫外線を浴び続けたりホルモンバランスが乱れたりと、様々な要因によって基底層にあるメラノサイトが刺激されることでメラニンが生成されます。

刺激によって生成されたメラニンは、肌を紫外線から守りながらターンオーバーで皮膚表面へと押し出され、垢とともに剥がれ落ちることで肌の色を一定に保っています。

ところが メラニンが過剰に作り続けられたり、ターンオーバーが滞ってしまうことで蓄積され、シミやそばかすとなってしまうのです。

つまり、シミの元凶はメラニンと思われがちですが、本来メラニンは紫外線を吸収して、肌を紫外線から守る働きをしているということなのです。

まとめ

シミのない素肌を目指すためには、メラノサイトを刺激してメラニンを生成させる紫外線自体を抑制する対策が重要です。また、紫外線対策や保湿をすることでさらにシミのない美肌づくりを目指しましょう!