COLUMNコラム

戻る

美容液を使って乳首の黒ずみをケアする時に大切なポイントのご紹介

美容液を使って乳首の黒ずみをケアする時に大切なポイントのご紹介

普段は人目に触れる部分ではないですが、温泉に行ったり彼氏ができた時などにふと気になってしまう乳首の黒ずみ・・・。
誰に見せるわけでなくても女性として「見えない所こそ綺麗に」しておきたいものですよね!
乳首の黒ずみって、気になってはいるけど場所が場所なだけに、人に相談しにくいですし、これと言った改善方法がわからずに放置してしまいがちです。
そこで今回は、手軽に自宅でできる、専用の美容液を使っての乳首の黒ずみのケア方法をご紹介いたします!
「なんとなく気になっている」という方から「今すぐにでもなんとかしたい!」という方まで必見です!

乳首の黒ずみは美容液を使って解消していきましょう

乳首の黒ずみは美容液を使って解消していきましょう

普段は下着に覆われているためあまり気にしていないかもしれませんが、乳首の皮膚は思っている以上に薄くてデリケート!
だからこそ正しい方法でケアする必要があるのですが、できれば誰にもバレずにこっそりケアしたいですよね?!
専用の美容液なら、自宅で簡単にケアできるので忙しい方にもおすすめです(*^^*)

乳首の黒ずみはなぜ起こってしまうのか?

そもそも、乳首の黒ずみはなぜ起きてしまうのかご存知ですか?
黒ずみの原因はいくつか考えられるので、当てはまるものがあるかチェックしてみましょう!

下着による摩擦

下着による摩擦はほとんどの場合小さな刺激ですが、デリケートな乳首の皮膚にとってはダメージに!
皮膚は外部からの刺激を受けると、体を守るためにメラニンを発生させます。
これが、黒ずみの原因なのです(>_<)
下着は毎日着けるものなので、肌に刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。
黒ずみを予防するために一番気をつけたいのが、ブラジャーのサイズです。
サイズが合っていなくきつ過ぎるブラジャーは、乳首の皮膚に負担がかかることはもちろん、デコルテ付近の血行不良の原因にも!
血行が悪くなると肌のターンオーバーが遅れがちになり、ますます黒ずみが起きやすくなってしまうのです。

加齢によるターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは「肌の新陳代謝」とも言われ、古くなった細胞を排出する役割があります。
このターンオーバーによってメラニン色素も一緒に排出されるのですが、ターンオーバーが乱れるとメラニン色素が肌に残りやすくなり、それが黒ずみになってしまうというわけです。
ターンオーバーは成長ホルモンの分泌と関係しているので年齢を重ねるとともに成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。
そのため、加齢によってターンオーバーも遅れがちになってしまうのです。

衣類を通り抜けた紫外線

紫外線とメラニンの生成の関係が深いことはご存知ですよね?!
乳首の黒ずみも、紫外線の影響が原因となることがあるのです。
もちろん、乳首が直接紫外線を浴びる機会はないと思いますが、紫外線は衣類を通り抜けるほど強力なものなのです!
ですので、着ている洋服や下着によっては、紫外線の影響がゼロではないということが言えます。
とくに、暑い夏場は薄手の洋服になるので、紫外線を通しやすくなります。

妊娠・授乳によるもの

「妊娠してから、乳首が黒くなった!」というママは多く、授乳中も乳首への負担が大きいので、黒ずんでしまうことが多いようです。
妊娠中に乳首が黒ずんでくるのは、生まれたばかりでまだ視力の弱い赤ちゃんがママのおっぱいを見つけやすいようにするため、と言われています。
また、赤ちゃんがおっぱいを吸う力は想像以上に強いので、その刺激が原因で黒ずんでしまう場合も。
ただし、妊娠や授乳による黒ずみは多くのママが経験することですし、一時的なことなので、無理にピンク色にこだわらずにあまり気にしないようにしましょう。

ストレスによるもの

意外だと思われるかもしれませんが、ストレスは黒ずみにも影響を与えるのです。
強いストレスを感じると、体内ではストレスから体を守ろうとするために活性酸素が生成されます。
活性酸素は外的な刺激から体を守る大切な働きがある一方で、増え過ぎると活性酸素そのものが、健康を脅かす刺激になることも・・・。
ストレスによって活性酸素が多く生成されると、活性酸素から体を守ろうとして、メラニン色素が作られ、黒ずみが起こってしまうというわけです。
直接乳首がダメージを受けていないのに黒ずんできた、という方はストレスが溜まっていないか生活を振り返ってみましょう。

美容液で乳首のケアをするには

乳首の黒ずみをケアする美容液は、必ず専用のものを使用しましょう。
乳首の皮膚はとてもデリケートなので、刺激の強い成分のものを使用すると、黒ずみ解消どころか、肌トラブルを引き起こしてしまいます。
乳首を含むデリケートゾーンに使用できる美白ケア成分には、トラネキサム酸、ハイドロキノン、トレチノイン酸などがあります。

トラネキサム酸:アミノ酸の1種で、メラニンの生成を抑制する働きがあります。
ハイドロキノン:黒ずみの原因となるメラニン色素を抑制するほか、できてしまったメラニン色素にも効果があります。
トレチノイン酸:ビタミンA誘導体の1種でターンオーバーを早めて肌の回復力を促してくれます。

さらに、肌のバリア機能を高めて黒ずみが発生しにくくするために、保湿成分が含まれているものがおすすめです。
セラミド、ヒアルロン酸、グリセリン、コラーゲンなどの保湿成分が含まれているかどうかもチェックして選びましょう!

乳首の色を綺麗なピンクにする方法とは

乳首の色を綺麗なピンクにする方法とは

女性として、目指したいのはやっぱり綺麗なピンク色の乳首ですよね。
いつの間にか黒ずんでしまった焦げ茶色の乳首から、綺麗なピンク色にする方法をまとめました。

乳首をピンクにするために

乳首をピンク色にするために、一番手軽なのがデリケートゾーン専用の美容液です。
毎日気になる部分に塗るだけなので、簡単ですし、他人に知られることなく自宅でこっそりとケアすることができます。
同時に、黒ずみが今よりも進まないように予防することも大切です。
少し遠回りのように感じるかもしれませんが、良質な睡眠をしっかりとり、バランスの良い食生活を心がけ、適度な運動をすることによってホルモンバランスを整えると、黒ずみのもとであるメラニン色素が活発になってしまうことを抑制できます。

乳首ケアは外的要因の排除も大切

食生活や睡眠など内側からのケアも重要ですが、外側からのケアも怠ってはいけません。
外側からのケアとは、ここでは乳首の黒ずみの原因となる外的要因を排除することです。
特に、直接肌に触れる下着はナイロンなど化学繊維の素材は摩擦が起こりやすいので、シルク素材など、肌に優しく柔らかい素材のものを選ぶことをおすすめします。
同時に、下着のサイズがきちんと合ったものを着けるようにしましょう。
ちょっとしたことですが、毎日の積み重ねで摩擦による黒ずみを防ぐことができるのです(*^^)v

乳首の色をケアする時に注目した美容液の成分

「乳首に塗るものだから、どんな成分が入っているのか気になる」
と乳首の専用美容液にはどんな成分が含まれているのか、気になりますね!
先ほども少しご紹介しましたが、黒ずみに有効な美白成分として以下のような成分があります。
これらの成分が含まれている美容液が、乳首の黒ずみに効果的です。

・トラネキサム酸:メラニンの生成を抑制します。
・カモミラエキス:カモミールから抽出された成分で、メラニンの生成を抑制します。
・ハイドロキノン:黒ずみの原因となるメラニン色素を抑制します。また、できてしまったメラニン色素にも効果的。
・トレチノイン酸:ターンオーバーを早めて肌の回復を促します。
・カンゾウ葉エキス:コラーゲンを生成する働きがあり、美白にも効果的です。

美容液を使った乳首ケアをする時の注意

乳首などのデリケートな肌専用の美白美容液って、探すといろんなものがあって迷ってしまいますよね・・・。
美容液選びのポイントは、できるだけ刺激が少なく、医薬部外品のもの、そして、保湿効果がしっかりとあるかどうかです。
中でも、最も大切なのは刺激が少ないかどうかです。
肌にとって刺激となってしまう成分とは、主にエタノール、合成界面活性剤、鉱物油、着色料、香料です。
これらの成分が配合されていないものを選ぶことをおすすめします。

まとめ:美容液でのお手軽ケアで、きれいなピンク色に!

まとめ:美容液でのお手軽ケアで、きれいなピンク色に!

今回は、美容液を使って乳首の黒ずみをケアする方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
まずは、黒ずんでしまった原因を特定し、これ以上黒ずみが進行しないように予防することが大切です。
同時に、美容液でケアすれば、徐々に理想のピンク色に近づくでしょう。
見えない部分もきちんとケアして、ステキな女性を目指しましょう!

黒くくすんだお肌にさようなら

CO ホスピピュア

CO ホスピピュア
  • 保湿と美白が同時にできて手間いらず
  • 全身のどこにでもご使用いただけます
  • 湘南美容クリニックでの取扱実績もあるので安心

在庫切れ続出

CO ホスピピュアの詳細はこちら