COLUMNコラム

戻る

まつげ美容液を妊娠中に使用する際の注意点とは?選び方もご紹介!

まつげ美容液 妊娠中

まつげ美容液を妊娠中に使用する注意点とは、NG成分が配合されている美容液を避けたり、使用量や使用方法を守ることです。

妊娠中の体調や肌は、非常にデリケート。まつ毛美容液を妊娠中に使用する際は、その選び方にも注意する必要があります。

今回は、まつげ美容液を妊娠中に使用する際の注意点や選び方についてご紹介します。

まつげ美容液の妊娠中の使用可否

まつげ美容液の妊娠中の使用可否

妊娠中でも、基本的にはまつげ美容液の使用は可能です。
とは言っても、妊娠中はホルモンバランスの影響により、肌が敏感になったり、アレルギー反応を起こしやすくなる可能性が高まることから、日本製のまつげ美容液を使用することをおすすめします。

日本製のまつげ美容液は、厚生労働省が定めた基準をクリアしていることから、海外製のものよりも安心して使用できます。

まつげ美容液を妊娠中に使用する際の注意点

まつげ美容液を妊娠中に使用する際の注意点

まつげ美容液を妊娠中に使用する注意点としては、

・NG成分が配合された美容液を避ける
・使用量、使用方法を守る

といったことがあります。

NG成分が配合された美容液を避ける

「化粧品」として販売されている日本製のまつげ美容液であれば、妊娠中でも使用できます。

しかし、「医薬品」の部類に入るものや、海外製のものに関しては、妊娠中は避けるべき成分が配合されている可能性が高いので、注意が必要です。

例えば、「フィナステリド」という成分は男性の薄毛治療で用いられる成分であり、女性と小児への使用は禁止されています。

また、海外製のまつげ美容液は、表示ルールが日本とは異なりますので、日本の安全基準を満たしていない可能性があります。

NG成分を避けるためにも、特に妊娠中は信頼のおけるメーカーのまつげ美容液を選ぶことをおすすめします。

使用量、使用方法を守る

妊娠中に限らず、まつげ美容液を使用する際は、メーカーが推奨する使用量や使用方法を守りましょう。
心配な場合は、容器のふちで美容液の量を調整して、少量を塗布することをおすすめします。

まつ毛美容液の選び方

まつ毛美容液の選び方

上記でご紹介したように、妊娠中は海外製のものや医薬品に分類されるまつげ美容液を避けることに加えて、肌への刺激になりやすい成分を避けることも大切です。

具体的には、パラベンやエタノールなどのアルコールや、香料、着色料、合成界面活性剤などが挙げられます。

妊娠中に使用する場合、これらのような添加物ができるだけ配合されておらず、天然由来の成分の使用で刺激の少ないまつげ美容液を選びましょう。

まとめ

妊娠中は体質や体調に変化が起こりやすくなるため、まつげ美容液をはじめ様々なことが気になってしまいますよね。

まつ毛美容液に関しては、基本的には通常通り使用可能ですが、懸念のある成分が配合されているものは避け、安心して使用できるものを選びましょう。

また、まつげ美容液の使用中にトラブルが起きたら、すぐに皮膚科医や産婦人科医に相談することも大切です。

3つの方向からアプローチするまつ毛美容液

CO ロングラッシュリッチ

CO ロングラッシュリッチ
  • まつ毛を守り、整える「プロテクトケア」
  • ダメージをケアしてみずみずしい目元へ導く「ラッシュケア」
  • まつ毛のハリ、コシを根本からサポートする「リッチケア」

在庫切れ続出

CO ロングラッシュリッチの詳細はこちら

Page Top