COLUMNコラム

戻る

シミの原因とは?意外と知らないその理由とメカニズムを解説!

シミの原因

シミが作られる原因を知る事で、対策する事も可能になります。
シミの原因には次のようなものがあります。
日焼けや紫外線
妊娠による女性ホルモンの変化
間違ったお肌のお手入れ
活性酸素
虫刺され痕などの色素沈着

良く知られている紫外線のほかにも様々な要因があるようです。
ここでは、あまり知られていない その生成のメカニズムについてもご紹介していきます。

シミの原因とは?

シミの原因とは

【シミの原因】①日焼けや紫外線

シミの一番大きな原因として挙げられるのが、紫外線です。UV対策グッズを活用したり、ビタミンA,C,Eが含まれた食物を積極的に摂取することが効果的と言われています。

【シミの原因】②妊娠による女性ホルモンの変化

妊娠中は女性ホルモンの変化で「エストロゲン」の分泌が多くなり、シミの原因となるメラニン色素をつくるホルモン自体も刺激を受けてしまうので、シミができやすくなります。ただし、産後は徐々に薄くなることが一般的のようです。

【シミの原因】③間違ったお肌のお手入れ

お肌をこすり洗いしすぎて角質を傷つけたり、乾燥肌の人がお肌を洗いすぎることで肌の状態を悪化させてしまうなど、間違ったお手入れで色素沈着を起こしシミになってしまうことも。

【シミの原因】④活性酸素

シミの原因として、昨今注目を集めているのが、活性酸素です。活性酸素が発生する原因物質には、紫外線、ストレス、大気汚染、たばこなどがあります。規則正しい生活とストレス解消で予防しましょう。

【シミの原因】⑤虫刺され痕などの色素沈着

シミの原因には、意外にも傷痕や虫刺され痕などの色素沈着も挙げられます。また、副腎皮質機能の低下や、肝臓や腎臓の機能障害などで、シミができることもあります。

シミができるメカニズムとは?

シミができるメカニズム

紫外線が当たると、お肌を守るためにメラニンが生成され、それがシミになります。

詳しく見ていきましょう。

1.紫外線を浴びるとメラニンが生成される

1 紫外線を浴びる
2 メラノサイトに信号が送られる
3 メラノサイトはメラニンを生成し細胞内に蓄積する
4 メラニンが過剰に作られると表皮の細胞に受け渡される

2.皮膚のターンオーバー

紫外線を浴びてメラニンが生成されても、およそ28日周期でターンオーバーが行われるため、垢となって剥がれ落ちます。つまり、通常の一時的な日焼けであった場合には およそ1か月後には消える仕組みになっています。

3.メラニンの滞留がシミに

ただし、長時間または強い紫外線を浴びてしまうとメラニンの生成が活発化してしまいます。また肌への過剰な刺激やストレスなどによってターンオーバーのサイクルが乱れてしまうとメラニンが消えずにシミとなってしまうのです。

まとめ

シミが作られる原因についてお分かり頂けましたでしょうか。
この記事の おさらい
シミの原因は…
日焼けや紫外線
妊娠による女性ホルモンの変化
間違ったお肌のお手入れ
活性酸素
虫刺され痕などの色素沈着など

でした。
シミが作られる原因を知る事で、しっかりと対策しキレイな素肌を保てるようにしましょう。